オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

「DMM電子書籍」テレビCM放映を記念して25万作品以上対象の50%ポイントバックキャンペーンを実施!

DMM電子書籍
スマートフォン・パソコン向けの電子書籍サービス「DMM電子書籍」のテレビCMが10月20日(木)より開始しました!

腐女子必見!秋の NTT ソルマーレ作品祭り! 『DMM 限定』描き下ろしおまけ付き! BL 作品 30%OFF キャンペーン!

本テレビCMは全部で6バージョンあり「進撃の巨人」「アオハライド」「弱虫ペダル」「異世界居酒屋「のぶ」」「走れメロス」「ラクうま献立」の6冊をDAIGOさんが読み感想を、DMMにかけた「DAI語」で表現。
http://book.dmm.com/book/feature/pointbackcp2016/index.html/=/ad/

テレビCM放映を記念して、「DMM電子書籍」では、50%ポイントバックキャンペーンを実施!
人気コミック25万冊以上を対象に、購入額の50%分のDMMポイントが還元されます。
対象作品には少年漫画や少女漫画、さらにはBL、TLまで人気作品が勢揃い!

今回オタラボでは、少女漫画よりもちょっと大人な世界が楽しめるTL(ティーンズラブ)作品に注目。
なかでも「二人の関係にキュンとする」と話題の、「漫画家とヤクザ」をご紹介します。

漫画家とヤクザ
「漫画家とヤクザ」(ラブコフレ)
著:コダ
http://book.dmm.com/detail/b301atais00090/


恋愛経験のない漫画家「累」のもとに突然現れた、強面のヤクザ「吾妻」。
借金の保証人になっていた男友達が行方を眩ませたことで、累は代わりに返済を求められるが――。

「返済、待ってやってもいいぜ。セックスさせてくれたらな」

まさかの展開で処女喪失!?
なりゆきで身体を重ねてしまった二人が紡ぐ、甘くもじれったいラブコメディ。



「取り立ての対象が女だったから身体を求めた男」吾妻と、
「返済しきれない数百万のために身体を差し出した女」累。

強面のヤクザが借金の返済を求めて家に来る――なんて、想像だけでも恐ろしさしかないが、
怯える累と読者を裏切るように、吾妻は決して乱暴に振る舞ったりはせず、
強引な態度の隙間から優しく甘い部分をこれでもか、と惜しみなく出してくれる。
そんな姿に恐怖よりもときめきが勝り、読んでいて思わず
「私のもとにも吾妻さん来て!!!!!」という気持ちを抱かずにはいられない。

そして、戸惑いつつも素直に吾妻のことを受け入れていく累の初々しさも、なんとも可愛らしい。
若干無防備すぎる節もあるのだが、その無防備さがまた色っぽくもあり、
ひとつひとつの反応の愛らしさに、女である私もつい次の展開を期待してしまう。

なかなかに殺伐とした関係性であるはずなのに、
次第に互いの温もりや、相手に受け入れられることの心地よさを覚え始める二人。
「もしかして甘えてる?」と思わずにはいられない吾妻の言動や、
それを「可愛い」と感じ始めてしまう累を見ていると、読者であるこちらも徐々に絆され、
そして、なにやら幸せな気持ちになってくるから不思議だ。

少しずつ心を許し、互いを意識し始めているのは明白なのに、
けれど、鈍感すぎる二人は自分の気持ちにはなかなか気付かない。
早くくっついて欲しいような、もう少しこの関係を見ていたいような……。

「自分以外の男に笑わないで欲しいのは」
「ほかの人との行為なんて想像もしたくないのは」

――なんて、そんなの分かり切ってるでしょ!!

という、もだもだ感を堪能できるのもまた楽しく、思わず次へ次へとページを進めてしまう。

そんなピュアな二人ながら、もちろんTLならではのラブシーンも満載で、
吾妻の優しくも強引なエッチに、女子ならもれなくときめいてしまうのでは。

恋愛に不器用な二人の、なりゆきから始まった危ない関係。
借金が返済すれば終わる……のか!?


少女漫画のようなときめきに加え、思わずドキドキしてしまう刺激的なシーンも満載のTL作品。
50%のポイントが還元されるこの機会に、ぜひご一読を♪


■50%ポイントバックキャンペーン
概要:購入額の50%分のDMMポイントを還元
期間:2016年10月20日 ~ 2016年11月7日 昼12時まで
対象作品数:25万冊以上
※DMM電子書籍サービスでのみ利用できるポイントとなります

■テレビCM開始 50%ポイントバックキャンペーン対象ページ
http://book.dmm.com/book/feature/pointbackcp2016/index.html/=/ad/

■DMM電子書籍 公式サイト
http://book.dmm.com/=/ad/


(c) since 1998 DMM All Rights Reserved.
SNSでシェアしよう
関連記事