オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

【オタラボ取材】AGE2016⑤オタラボライターが厳選(!?) 各エリアの気になるブースに行ってきた

AGF2016レポ最後は、メイン会場となる東京・池袋サンシャインのブースの様子をお届けします!! 今年も各企業がたくさんの限定グッズの展示や販売を行いました。そのなかでも、筆者がとくに気になったブースを紹介します。

 筆者がメイン会場に足を踏み入れたのは、午後13時過ぎ頃。このときはすでに会場にそれはもうたくさんのお客様たちがいらっしゃいました! 先にフードフェスティバルに行っていたこともあり、若干乗り遅れてしまった感がいなめません。しかし、あきらめたらライターが廃る! 人の波に流されながらも、やはり注目所のブースに行ってみることにしました。

●RED AREA
 まずはRED EREAに潜入。そのなかでもひと際乙女がにぎわっていたのは……。

01%ef%bc%89dsc02990
 予想通りと言いますか、「DIABOLIK LOVERS」や「剣が君」などの人気作を展開するRejetブースはもうすごい人でした。まったく近寄れる気がしません! 通路からひっそりと撮影し、そそくさと退散。

●Blu AREA
続いて、流れに沿ってBlu AREAに突入した筆者。

02%ef%bc%89dsc03002
 アレ……? 何か雰囲気が違う。ああ、こちらはトレーディングエリアになっていたようです。購入したグッズの交換などができるようで、まるでフリーマーケットのように、みなさんグッズを並べてトレーディング待ちしています。こういう場所ができるのはありがたいですよね。

●Green AREA
 さて、Green AREAはどうなっているのでしょうか?

03%ef%bc%89dsc03004
 すぐ目に入ってきたのは、声優の江口拓也さんがMCを務める声優バラエティ番組「俺たちだって癒されたい」の展示でした。現在は第2シーズンが放送中で、毎回豪華ゲズトの方と一緒に癒しを求めて、旅をしています。

04%ef%bc%89dsc03005
 うっ……なんだか視線が! この異様なオーラを放つ“ぬいぐるみ”。江口拓也さんのイラストから生まれたキャラクターなんだそうです。おさわりOKと書いているものの、触る勇気が持てず遠くから眺めてその場を去りました(笑)。
 さて、気を取り直して(?)先へ進みましょう!

05%ef%bc%89dsc03009
 おっと、ここは!! 筆者も大変お世話になっている「なむあみだっ!」のブースではないですか。おや、しかも何やら視線を感じる……もしかして見られている? 見られている!? レジにいるメガネのスタッフ様がメガネをくいっと上げて、こちらを見ている!? これは、立ち寄らせていただくことにしましょう(笑)。

06%ef%bc%89dsc03010
 こちらでは、“無料”で、“無料”でおみくじが引けたんですよ! 筆者も早速引かせていただきました!! 大吉よ我がもとに……

07%ef%bc%89img_3821
 なっなんと……!! 本当に大吉が出てしまいました!! これも日頃の行いのお陰なのでしょうか(自画自賛)。しかも、粗品のタオルまでいただきました! キャラクターのイラストがプリントされていて、とってもかわいかったですよ!!
 
08%ef%bc%89img_381309%ef%bc%89img_3814
 仏さまのありがた~いお言葉もいただいたところで、次のエリアに行って参りましょう。

●White AREA
 White AREAに入ると、すぐ「ボーイフレンド(仮)」のブースがお出迎えしてくれました。

11%ef%bc%89dsc03034
10%ef%bc%89dsc03035
 こちらでは、キャストのサインなどの展示だけでなく、配信前の「ボイきら」の試遊までできたんですよ。ちなみに筆者もちょこっとだけ挑戦してみたのですが……

12%ef%bc%89dsc03069
 ははは。リズムゲームって難しいですよね!? ゲームオーバーにはなってしまいましたが、ミニキャラが動いてくれるので、とってもかわいかったですよ。

●Yellow AREA
 最後はYellow AREAへ!! 

13%ef%bc%89dsc03130
 こちらは「B-project」のブース。ものすごい賑わい。先ほどのRejetブースの如く、近寄ることができません! Yello AREAも大変にぎわっていました。
 今回紹介したもの以外にも、さまざまな展示や体験をするブースがあります。来年はぜひみなさん自身の目で肌で体験してみてくださいね!


SNSでシェアしよう