オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

嚴島神社 世界遺産登録 20 周年記念奉納行事 ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社

1
2016年11月12日(土)に、ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されている広島県宮島の嚴島神社高舞台(国宝)にて、世界遺産登録20 周年記念奉納行事として、ミュージカル『刀剣乱舞』が一夜限りの特別公演を行いました。

いにしえより島そのものが信仰され、日本三景の一つに数えられる卓越した美しい景観が愛されてきた宮島。
人と神々が共に生きるこの島に建てられた1400年の歴史を持つ嚴島神社は、建築物としての美しさでも知られる日本屈指の名社であり、1996年にユネスコの世界文化遺産に登録されています。
その嚴島神社の世界遺産登録20周年を記念する奉納行事として、一夜限りで特別に上演したミュージカル『刀剣乱舞』
in 嚴島神社は、刀剣男士たちが国宝の舞台に降り立つとあって、発表当初より大きな話題となりました。
阿津賀志山異聞と幕末天狼傳に出演した、11名の刀剣男士たちが初共演することでも関心を集めた特別公演の様子を 当日の舞台写真と共にお届けします。

2
3
その夜、嚴島神社は、参拝客で賑わう日中とは一変し、刀剣男士の舞い歌う舞台へと姿を変えました。国宝である平舞台に並べられた客席は、一夜限りの公演のために集まった“審神者(さにわ)”の方々で埋め尽くされ、吐息の白さにも負けない熱気が感じられるほど。
いよいよ開演の時が訪れると、静寂の中に厳かな鈴の音が響き、この日のために特別に作られた白装束に身を包んだ刀剣男士たちが、静々と祓殿から登場しました。
最初に披露したのは、新曲『まほろばに』。嚴島の美しい自然と、悠久の時の流れを思わせる壮大な楽曲を、国宝の 高舞台とその周囲を取り囲むように雅やかに舞い歌います。そして、三日月宗近が進み出て感謝を伝えたのち、刀 剣男士たちと共に、全員が起立して拝礼し、嚴島の神々への祈りを捧げました。
「刀剣乱舞、始めよう。」の言葉と共に、阿津賀志山異聞と幕末天狼傳の楽曲が続きます。まずは、阿津賀志山異聞から、三日月宗近のソロ曲だったライブナンバー、『Endless Night』。今回は、刀剣男士全員で歌い上げるスペシャルバージョンで披露し、一味違う演出を加えました。
10

阿津賀志山異聞の『名残月』『返歌 名残月』では、岩融と三日月宗近の名シーンが、月明かりのもと心に染み入る情景に。幕末天狼傳からは『理由の在り処』『手を伸ばせば』を和泉守兼定と堀川国広、加州清光と大和守安定がそれぞれ公演とは異なるアレンジで披露し、蜂須賀虎徹、長曽祢虎徹らが切々と歌う『選ばれぬ者』へ。刀剣男士と しての葛藤を歌い繋ぎます。
そして、今剣が元気いっぱいに駆け回りながら歌う『きらきら』、小狐丸と石切丸が歌う後ろで三日月宗近が舞う『うたかたの子守唄』と阿津賀志山異聞のミュージカルナンバーが続いた後は、再び幕末天狼傳の刀剣男士たちが登場。
ライブナンバーの『美しい悲劇』『Dear You』を華やかに歌い踊りました。 阿津賀志山異聞の刀剣男士たちが歌うライブナンバーは、昨年秋のトライアル公演以来のパフォーマンスとなる 『サヨナラ』と、客席参加型の『えおえおあ』。
終盤には、刀剣男士たちが戦装束に着替えて登場し、それぞれミュージカル本編のエンディング曲『ひとひらの風』、 『キミの詩』で嚴島の景色の中に物語の世界観を描くと、ラストにはテーマ曲『刀剣乱舞』を勇壮に舞い歌い、一夜 限りの舞台はつかの間の夢のように幕を閉じました。

《公演概要》
嚴島神社 世界遺産登録20周年記念奉納行事 ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社
【日時】2016年11月12日(土) 19:00開演
【会場】広島県・嚴島神社高舞台 [国宝]


Cミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
SNSでシェアしよう