オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

宮野真守が『ハリポタ』新シリーズを牽引!おっちょこちょいな主人公の声優決定

宮野真守
解けない魔法のように世界中を魅了しつづける「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(『ファンタビ』)が、11月23日(水・祝)より公開となります!
『ハリポタ』シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画の脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。
シリーズ4作の監督、デイビッド・イェーツとのタッグとあって、これまでのハリポタの世界観を正当に受け継いだ新シリーズの完成が、世界中で待ち望まれています。
この度、“オスカー俳優”エディ・レッドメイン扮する主人公ニュート・スキャマンダーの日本語吹き替え声優を人気実力派声優の宮野真守が務めることが決定しました。

ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る本作。
新主人公の優秀なのにおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダーは、動物といる方が気が楽な魔法動物(ビースト)学者。
そんなニュートを演じるのは、『博士と彼女のセオリー』で2015年アカデミー賞主演男優賞に輝き、翌年にも『リリーのすべて』で同賞に2年連続ノミネートを果たしたエディ・レッドメイン。
ストイックな役作りでも有名なレッドメインが「動物を扱っている多くの人々に会いに行った。彼らが動物たちとどのようにやりとりして、どのように話しかけ、動物たちがどんな音を立てているのかを観察したんだ。かなりリサーチしたよ」と本作も例外ではないことを明かします。

そんなレッドメイン演じるニュートの日本語吹き替えで日本に魔法をかけるのは、人気実力派声優の宮野真守。
「「ハリーポッターシリーズ」は僕にとって、とても思い入れの深い作品なので、この度「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の吹き替えを担当出来ること、非常に嬉しく、光栄に思っております。エディ・レッドメインさんがとっても素敵に演じている、個性的なニュート・スキャマンダーを、日本語でも魅力的に演じられるように、気合いを入れて臨みました!僕自身、「ファンタスティック・ビースト」の世界観に、終始魅了されながら収録させていただきましたし、みなさまも必ず、この冒険の虜になること間違いなしです!是非とも、この映画の魅力にどっぷりハマっちゃって下さい!そして、吹き替え版の応援も、よろしくお願いします!」と意気込みを明かします。
その他にも、ニュートと仲間になるティナ(キャサリン・ウォーターストン)を伊藤静、クイニー(アリソン・スドル)を遠藤綾、そして人間であるジェイコブ(ダン・フォグラー)を間宮康弘、グレイブス(コリン・ファレル)を津田健次郎が声で演じ、作品をさらに盛り上げます。

字幕版だけでなく、日本語吹替版にも益々期待が高まる本作。日本が魔法にかかる日は、すぐそこまで迫っています!


<STORY>
物語は、魔法動物(ビースト)の調査で世界中を巡っていた魔法使いのニュート・スキャマンダーがニューヨークに降り立つところから始まる。動物といた方が気が楽な、この魔法動物学者はある日ひょんなことがきっかけで、大切にしている不思議なトランクを人間(マグル=米国ではノー・マジ)のものと取り違えられてしまう! 魔法界の魔法動物たちが一斉に人間(ノー・マジ)の世界へ逃げ出し、街中が前代未聞のパニックに。仲間になったティナ(キャサリン・ウォーターストン)とクイニー(アリソン・スドル)、そして人間(ノー・マジ)であるジェイコブ(ダン・フォグラー)とともに魔法動物を追跡する。やがて彼らは人間界と魔法界をまたにかけた、ある大事件に巻き込まれていく。ニュートは、2つの世界を危機から救えるのか!?


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
今年、日本中に“魔法“がかかる!
11月23日(水・祝)、全国ロードショー!

■監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
■原作/脚本:J.K.ローリング
■プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
■出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル
■公式サイト:http://fantasticbeasts.jp
■公式ハッシュタグ:#ファンタビ
■公式Facebook: http://www.facebook.com/fantasticbeastsjp/
■配給:ワーナー・ブラザース映画
SNSでシェアしよう