オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

最新作「ドラゴンクエストX」は5種類の種族が登場するオンラインRPG 「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」が生放送

「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」

シリーズ誕生25周年となる人気RPG「ドラゴンクエスト」。
期待の高まる最新作について「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」が本日2011年9月5日に行われ、UStreamおよびニコニコ生放送にてライブ配信された。

気になる新作のタイトルは「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族」。
なんと、シリーズ初オンラインRPGとなる。

もちろんスタッフはおなじみのメンバーで、ゼネラルディレクターは堀井雄二氏、キャラクター・デザインは鳥山明、音楽はすぎやまこういち、制作・開発はスクエア・エニックスが担当する。

堀井雄二氏曰く、今までのシリーズでも、人がいる感じ、自分でプレイしているけど他の人がいる感じを意識してやってきたそうで、今回もその温かい世界を作りたかったとのこと。

オンラインでデメリットと思われがちな部分ももちろんカバーができるように、気軽にログインして、短時間でも楽しめる内容にしているとのこと。

実際のプレイデモも公開。
印象としては、オンラインとはいえ今までのドラクエとかわらな雰囲気が見て取れた。

ゲーム画面はシンプルな作りとなっており、いつものドラクエと同じ感覚でプレイすることができる。

もちろん主人公の姿は自分の好きな形にキャラメイクができ、今までと同じようにたんすや本棚、街の中を調べることができる。

職業は様々なものがあり、それだけではなく、サブタイトルでも出ている通り、オーガ、ウェディ、エルフ、ドワーフ、プクリポの 5種類の種族が登場。

冒険には酒場で旅の仲間を探し、(AIの仲間を連れていくこともできる)一緒に冒険。

装備品は実際に姿が変わるところを見ながら装備を変えることができる。

ターンは一定時間ごとに回ってくる形だが、従来のドラクエと同じく余裕を持ってコマンドを選べるようになっている。

応援システムがあり、応援されるとテンションが上がったり、キーボードを使わなくてもだいたいだいのコミュニケーションをとることができ、さらに助けを待つというコマンドも。

オンラインならではのシステムで、実際に遊んでいる他のプレイヤーに助けを呼ぶことができる。

また、冒険だけがゲームではなく、他にも様々な生活をすることができる。

例えば、町で武器や防具を作る職にもつくことができる、職人システムも。

錬金や縫物などで装備品を作ることができる。
できのよさという数値があり、出来がいいほど強い装備になり、友達やいろんな人に使ってもらう事も。

自分の作った装備がたくさん使われると名声があがるようになっている。

また、自分だけの家を立てることもでき、もちろん内装外装自由にできる。
友達を招待したりとよりその世界で生活している感を楽しむことができる。

対応機種は、WiiおよびWiiU。
WiiUでは美しい映像を楽しむことができる。

また、近いうちにβテストを行う予定で、「ドラゴンクエストX」の公式サイトや「ドラゴンクエスト」シリーズ公式サイトにて発表予定だ。

○「ドラゴンクエストX」公式サイト:http://www.dqx.jp/
○ドラクエパラダイス:http://www.dragonquest.jp/
SNSでシェアしよう