オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

AKB48がマクロスFのスタッフらによってTVアニメ化決定

AKB48「選抜総選挙」上位8人をモチーフにしたキャラクターイメージ 主人公「アイドル候補生9人」のキャラクターラフデザイン

国民的アイドルグループである「AKB48」が、初のTVアニメとなって来春登場することが判明した。

総選挙TOP8をモチーフにしたキャラクターが登場、アイドル候補生9人が伝説のアイドルを目指すストーリー。

さらに、9人の声優は、AKBグループ総勢200人からオーディションにて選抜する。

アニメ制作は、「マクロス」シリーズを手掛けるサテライトが担当し、監督も「マクロスF」や「劇場版アクエリオン」などの原作・監督・脚本をつとめた河森正治が本作も原案、総監督をつとめる。

さらに、シリーズ構成・脚本には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」、「とらドラ!」の岡田麿里、キャラクターデザインには「マクロスF」の江端里沙、監督には「WORKING!!」の平池芳正、エグゼクティブプロデューサーには「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの大月俊倫が手掛ける。

豪華メンバーがかかわるプロジェクトが今はじまったのだ。

■作品概要
タイトル:未定
放送時期:来春放送開始予定

○メインスタッフ
企画・監修:秋元康
原案・総監督:河森正治
シリーズ構成・脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン:江端里沙
監督:平池芳正
エグゼクティブプロデューサー:大月俊倫
アニメーション制作:株式会社サテライト
SNSでシェアしよう