オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

小玉ユキ「坂道のアポロン」が“ノイタミナ”にてアニメ化決定

坂道のアポロン (C)小玉ユキ/小学館

今より少し昔の、若者達のきらめく青春模様を真正面から描いた小玉ユキの大人気コミック「坂道のアポロン」が、フジテレビ“ノイタミナ”にてアニメ化が決定した。

原作は、小学館「月刊フラワーズ」にて大好評連載中で、2009年度「このマンガがすごい!オンナ編」NO.1に輝いた人気作品。

1960年代、九州のとある街を舞台に繊細な主人公・薫と破天荒なクラスメイト千太郎の友情と成長を、音楽<ジャズ>を通して描く、青春ストーリー。

薫と千太郎のふたりを軸に、千太郎の幼馴染みの律子、ミステリアスな上級生・百合香、憧れの兄貴分・淳兄…と個性豊かなキャラクターたちの“友情”“恋心”“音楽”が眩しく交錯する青春群像劇だ。

この春、ジャズの名曲と共にアニメーション作品として誕生する。

放送は、2012年4月より、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送予定。

○小玉ユキ先生コメント
まさか、自分の描いた漫画がアニメ化される日が来るなんて全く予想してなかったので、ただただ驚き、感激しています。
動き、悩み、笑い、音楽を奏でる彼らを見る日が来るのを心から楽しみにしています。
小玉ユキ

■作品概要
『坂道のアポロン』
2012年4月よりフジテレビ“ノイタミナ” ほかにて放送予定!
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊フラワーズ」連載)
公式サイト:http://www.noitamina-apollon.com/

(C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会
(C)小玉ユキ/小学館
SNSでシェアしよう