オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

『坂道のアポロン』木村良平・細谷佳正・諏訪部順一トークイベントレポート

「坂道のアポロン」キービジュアル (C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会

最終話の放送を目前にした“ノイタミナ”枠TVアニメ『坂道のアポロン』。2012年6月24日に第1話~最終話(第12 話)までの一挙上映イベントを開催、上映会に合わせ、西見薫役・木村良平、川渕千太郎役・細谷佳正、桂木淳一役・諏訪部順一登壇によるトークイベントが行われた。

最終話は初出しの先行上映となった、本イベントの様子をお伝えする。

諏訪部順一、木村良平、細谷佳正
諏訪部順一、木村良平、細谷佳正


2012年6月24日(日)お台場シネマメディアージュ スクリーン2で開催された「「坂道のアポロン」 meets お台場シネマメディアージュ迫力の大スクリーンで全話イッキミ&最終話先行上映!&木村良平・細谷佳正・諏訪部順一トークイベント 」。
「こんにちは~」の挨拶で登場したのは、西見薫役・木村良平、川渕千太郎役・細谷佳正、桂木淳一役・諏訪部順一。
会場約300 席を埋め尽くすファンの暖かい声援に迎えられてイベントはスタート。

舞台上に並んだキャスト3 人は、まず演じたキャラクター名を自己紹介。
そして本日のMC の諏訪部さんから今日の衣装の話に。

「(諏訪部)木村さんは眼鏡が今日のチャームポイントなんですよね」「(木村)は~い。これは“薫”眼鏡です!」ノイタミナショップで発売中の西見薫モデルの黒ブチ眼鏡で登場した木村さん。
「(木村)眼鏡の縁のところに名前が入っているんですよ」「(諏訪部)勉モデルではないんですね~。でも僕も今日は淳にいがバーで歌っていたシーンの雰囲気を出した格好をしてきたんですよ」と語り、時間が余ったら歌うかも!?という木村さんのフリに少しだけその美声を披露。
一方細谷さんは「ないんですよね・・・声のみです!」と笑顔で語った。

現在(イベント時)最終話の編集中ということですでに終えたアフレコ収録、オーディション時の話に。
淳一役のオーディションも受けたという細谷さんは、「3キャラクター受けられるということで、最初に千太郎を受けて、次に淳一も受けて、よし次は薫だ!と思ったら、帰っていいよって言われました。千太郎を演じたときに、もうちょっと低い声で演じられますかと監督に言われて、どうしても受かりたかったので少し無理してできますと言ってしまって、後から後悔しました。笑」と当時の様子を語り、木村さんは「薫と星児を受けました。星児面白い役だな~と思っていたのでやりたかった役でした。いまからでもやれるかな~」と語り、諏訪部さんは「実は千太郎もオーディション受けたんですよ。でも淳一は順一だしやりたいなと思って。だからオーディションの前日に九州出身の母に電話をしてフレーズの確認をしましたね」と振り返り、収録について木村さんは「1回目の収録までキャスティングがわからない状況で、“細谷さんが千太郎ってどんな感じだろう”とか想像していましたけど、“順一が淳一はだよね!”って思いましたね。ハマってるって」

そんな淳一を演じる諏訪部順一は最近感じている“淳一効果”について「僕の名前の“順一”は順番の順で、“淳一”とは違うんですけど、別の作品の台本でも名前の順一が“淳一”になっていて、僕自身がかなり“淳一”に浸食されている感じなんですよね」といい、「影響力はおおきいですよね」としみじみ語った。

また方言にかなり苦戦したという細谷さんは「テスト収録が終わってから台本を方言指導の方に全部直されて、本当に必死でしたね。気軽にアドリブって書かないでって思いましたよ!言われても出てこないよって思いましたからね」と収録時の大変さを語った。

また作品にちなんで公式HPの映像コンテンツの“青春はいつも坂道発進”で行っている青春トークを本イベントでも行うことに。
いつも青春にちなんだ話題を語るこのコーナーで、今回のお題は、“坂道のアポロンと言えば、あさりぶちまけ事件ですが、過去にあさりをぶちまけたことはありますか?”という不思議な質問に、「(木村)ようするに、たまりにたまった何かをぶちまけたことがありますかってことですね」とフォロー。
「(細谷)僕はテスト直前で毎回方言を直されりことにたまりかねて、静かに制作の方にあさりをぶちまけました」と語り、ちなみにどういう風に?と2人に聞かれ、「(細谷)前もって方言の資料を頂いてもいいですかね、と。本当に直前はしんどいので、と静かにぶちまけましたね」と対して、「(木村)あんまりわーってならなんですよね。ためないですぐ言っちゃうから。酒飲んで発散して、でも飲んでないとたまるんですよね」と語るとお客さんが引き気味に。すかさず「(諏訪部)会場かなり引いちゃってるよ。かなりの引き潮だね。あさりいっぱいとれちゃうね」と会場の笑いを誘った。

また最後にこの日最終話編集のため会場に来たかったのに来れなかったという渡辺信一郎監督から映像コメントが届き、「いま現場は火の車、修羅場と化しているので会場には行けません。もともと「坂道のアポロン」は映画のつもりで作っていたので、映画館での上映は良かったです。
スタッフ・キャストもすごくいい仕事をしてくれた作品なので、本当に良かったです。」と作品への想いを寄せた。

次回6月28日からの放送で最終回を迎える「坂道のアポロン」。最後まで注目しよう。

■作品概要
『坂道のアポロン』
毎週木曜24:45~フジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて大好評放送中
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊フラワーズ」連載)

「坂道のアポロン」 第1巻 初回限定生産版Blu-ray&DVD
7月27日(金)リリース

公式サイト:http://www.noitamina-apollon.com/

(C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会
SNSでシェアしよう