オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

歌手・結城アイラ単独インタビュー Newシングル制作秘話、“アニソン”で得たものとは――

結城アイラ 撮影:オタラボ【otalab】


アニメ『境界線上のホライゾンII』エンディング主題歌で、9枚目のNewシングルとなる『悲しみは誰の願いでもない』を2012年8月8日にリリースする、歌手・結城アイラ。

今回のシングルに対する思いや、自身と“アニソン”との関わり、さらに最新ライブの様子、アーティストや演者を目指している方へのメッセージなど、盛りだくさんの内容でインタビューをお送りする。

一話で自分の曲が流れたのを聞いて、本当に嬉しかった―シングル『悲しみは誰の願いでもない』について



――今回8月にリリースされるシングル『悲しみは誰の願いでもない』が、アニメ『境界線上のホライゾン』第2期エンディング主題歌ですが、結構力強い曲だなと感じたのですが。

結城アイラ(以下、結城):私の持ち曲の中でも、一番力強い曲ですね。

――そうですね、いままでの曲調とは大分雰囲気違いますね

結城:前の曲がヤマト(『宇宙戦艦ヤマト 2199』第一章ED主題歌を担当)が壮大なバラードで、女性の優しい気持ちを込めて歌うという曲だったのですが、今回は悲しい気持ちや苦しい気持ちを、シャウトするように歌っている曲なので、かなりのギャップもアニメソングならではというか。
私自身もすごく楽しんでレコーディングをさせていただきました。

――普段とは曲調が違うというところで、普段のレコーディングとの違いや、気をつけたところはありますか。

結城:そうですね……、まずは声が枯れるんじゃないかというところまで実は歌ったのですが、やっぱりあの曲と、歌詞が合わさったときに、一番心に届くんじゃないかと思うものが、シャウトするという選択でした。
Aメロのはじまりから、ラストまで本当に気が抜けなくて。ずっとこう、太い声で力をこめて歌っているんですけど、その太い声のなかでも、やっぱり強弱をつけないといけないし、そういった意味での挑戦や苦労はありましたね。
あとは、リズムも四つ打ちなんですけど、Aメロの中で四つ打ちで繰ってるところがあったりするので、サビ頭のキメとか、そういうところもすごく意識しながら……(笑)、本当に気が抜けない!曲という感じです。

――そうですね、全部がバーンっという押し出したところがあるわけではないのだけれど、パワーを感じる曲でした。

結城:そうですね。あとはあれでも(マスタリング音源では)押さえてはあると思うんですけど、レコーディングのときはもっともっと、ブレスもかなりはいっていて、もう必死!!という感じで(笑)。

――結城アイラさんというと、イメージはゆったりとしたイメージがすごくあったのですが、この曲はアニソンらしいアニソンですね。

結城:そうですね。この曲は、実はアレンジを10回以上重ねていて、最終的な形になるまで、(音楽、アニメ側の)制作チームがかなりヒーヒー言いながら作っていたそうです。
私が最初に聴いた時には、バンドサウンドで、もっと生々しいオケの音だったんですが、だんだんと、レコーディングが進むに連れて、キーチェックのときにもまたアレンジが違うし、レコーディングしたときともまた違うし、というような感じで、どんどん打ち込み音が増えていったんです。
でも、逆に打ち込みの形になったからこそ、『境界線上のホライゾン』という作品にすごく寄り添った、合ったエンディング曲になったんじゃないかな、と私自身も思います。

――そうですね、この作品自体がファンタジーというか、SFというか……壮大な設定と不思議な世界観なので。

結城:そうですよね。なかなか世界を説明するっていうのも難しいですよね(笑)
私自身も第1期のアニメを見ていて。
(第1期の)エンディングテーマを仲良くさせていただいている、Ceuiさんが歌っているというのもあって、興味を持ってアニメを見たんです。
で、1期のアニメをみていたときに、もうあまりにも登場人物が多いし、「わからないぞ、これぇ」と思って、それから、原作を読もうって思ったんです。

――原作も読まれているんですね!すごく、原作の単行本、分厚い(※1冊が普通のライトノベル3冊分ぐらいの厚さで有名)ですよね……

結城:そうなんです。ただ、すごく分厚くて……
で、まあその原作を読ませていただいてはいるんですけれども、それでも難解なところがまだ残るな。という感じで。
ただ、その原作を読んでいる、アニメを観ている、という時に、ホライゾン2期があるよ、2期エンディングテーマを結城さんどうですか、という話をその時にいただいて。

――あー、もともと原作を読んでいて、その後から話が来たのですね。

結城:そうなんです。すごくそれが嬉しい驚きで、ホライゾンのイベントの時もその話をさせていただいたのですが、本当に嬉しい縁だな、と思いながら歌わせていただきました。
それなので、世界観だったり、この曲、それ自体はすごく入りやすかったですね。
歌詞を読んでも、あ、ここはこういう事言っているのかな、とか、このフレーズは、登場人物でいったらトーリくんなのかな、とかそういうことを思いながら歌わせていただきました。
とても入りやすくて楽しかったです。

――違いますよね、原作を知っているのと知らないのと。特に”アニソン”というジャンルは、映像があって、そこに音がかぶさることによって生まれるすごさといいますか。そういうところでやはりみなさん感動を覚えているのかなと。

結城:そうですねー!今回、一話で自分の曲が流れたのですが、ホライゾンって結構音に乗せてセリフがはいるというのがあって、自分の歌が作品と一体化していたのを観て、「あ、本当にホライゾンのエンディングとして参加できたんだ……」と、原作を読んでいる中で、一緒に関わることができたということが本当に嬉しかったですね……。

――感動ひとしおですよね、流れてきた瞬間は。

結城:そうですね?!!すごくかっこ良かった、1話……。
あと、-Side SunSet-と-Side SunRise-ということで(※エンディング主題歌は2種類に分かれている)、-Side SunRise-は奥井雅美さん(「ソラノウタ」)なので、奥井雅美さんの曲も本当に大好きなんですけど、この、どちらのエンディングが流れるのか、というところが(実際に流れてみないと)分からないというのが、本当に目が離せなくて。とりあえず、「どっちのエンディングだろうね。でるかな??」という感じでみなさんにお知らせしています。そういう意味でも結構楽しめるかなと。

――ストーリーの進み方によって、曲が変わってくるということですよね。おもしろいですね、それも”アニソン”ならでは、ですね。

結城:そうですよね、アニソンならではですし、こんなにエンディングがかわるというのも、なかなか他のアニメではないと思うので。

(1ページ / 4ページ)

###next1###

結城アイラ 撮影:オタラボ【otalab】


アニメソングに出会えて大きく変わった―“アニソン”について


――今までお話している中で、”アニソン”というキーワードが多くでてきました。
結城アイラさんは、アニメやゲームを中心にいままで歌って来ていますが、作品があるというところで、J-POPとの違いなどがあると思うのですが。


結城:私は、「結城アイラ」として2007年にアニメ『sola』のオープニング主題歌を歌わせていただいたのがはじまりでした。
それ以前は、「かとうあすか」という名前でピアノの弾き語りでライブをやったり、FictionJunctionの作品にASUKAとして参加させて頂いたり、していたんですね。そのころは自分で作詞作曲した曲であったり、それこそJ-POPだったり、あとはJazzのカバーをやらせていただいたりとかしていたんです。
そのJ-POPを歌っていたり、自分で作っていたときは、なんだかこう、”ひとり”でいつも歌っている気分で、こう、孤独というか、なんていうんですかね。アーティストなら、そういうものをみな抱えながら、曲を作ったり詞を作ったりをするのかもしれないんですけど、アニメソングにであって大きく変わったなと思うことは、やっぱり”ひとつの作品を作る”ということで、アニメに沿ったテーマがあって、そこに多くの人が関わって。
ひとつの曲を作るにしても、今回の『悲しみは誰の願いでもない』でもそうだったんですけど、何回もリアレンジを重ねて、こだわってこだわって、いろんな人のパワーが一個に集まって、曲とかができていくので、そういったところをずっと見てきて、すごくいろいろな人が、本当にかかわっているんだな、って思ったら、私はずっとひとりで歌っていると思っていたことが、間違えだったんだ。ということに”アニメ”を通じてすごく気付かされて。
それからやっぱり自分の歌へのモチベーションとか、想いというのがどんどん変わっていったなと思うので、本当に私にとっては、大きな出会いでした。

――ひとりで、弾き語りで、例えばインディーズとかで活動するのであれば、本当にひとりでやらないといけないとは思うんですけど、そうじゃない限りは”アニソン”とか関係なく、必ずいろいろな人が関わってきますよね。

結城:そうですよね。なので、この間しほりちゃんと「ラブリィ?シフォン」というイベント(※2012年7月14日に行った結城アイラ&しほり(瀬名)出演のアニメ・ゲームソング中心アコースティックライブ)で、6年ぶりとかなんですけど、ピアノの弾き語りをさせていただいて、アニメのデビュー曲の「colorless wind」も弾き語りしました。
やっぱり6年前に弾いていたときと、今だから弾く、弾き語りというのはぜんぜん違うな、というふうに自分の中でもすごく実感できたので、すごく意味のある、アコースティックライブだったな、と思いました。
自分がアコースティックなことをやっていた、というところをまずファンのみなさんに、「こういうルーツで歩んできたんだよ」というところも見てほしいなって思って、そういうきっかけではじめたんですけども、でも逆にまた気付かされた、みたいな(笑)、そんな気がしましたね。

――しほりさんもそうですよね。2人ともアコースティックなところからで、ルーツが一緒ですよね。

結城:そうですよね!なので、すごくしほりさんとも、曲を作っていただいたりもしているので、一緒に同じルーツのアーティストとライブができたというのは、すごく楽しかったし、すごくいい刺激になったなあと思います(笑)。

――なかなかできないことですよね。また同期という。

結城:ああ、そうですね?!そうなんですよ、同期だし、一緒にコラボもできるよねーってところで、もともと「できたらいいね?」くらいの感じだったんですけど、ほんとに実現したというところも、また自分たちで一から企画してやったことだったので、すごくいろいろ手作り感はいっぱいあったと思うのですが、でもそこが第1弾としてはすごくよかったかな、と思いながら、またできたらいいね、って話をしています。

――ライブに行かれた方も、「結城アイラさんがすごくはじけていた!」と言っていましたよ。

結城:あはははははは(笑)うふふふふ。

――観客の方にも入っていったと噂で聞きました(笑)

結城:ほんと事務所がひやひやで?。ほんと、きいてないよ?って(笑)。

――お客さんもそれを感じ取っていたみたいですね(笑)大丈夫かな?、怒られないかなって。でも一緒にすごく盛り上がって楽しんでいたと話を聞きました。

(一同爆笑)

結城:でも、きちんと道筋を作られていて、ファンのかたが。
なんか(観客席の)真ん中にはいったんです。私が。すっと空きましたからね、真ん中が。

――すばらしいですね。アニソンならではの風景ですね。マナーがきちんとしている。J-POPやパンクバンド、ロックバンドとかだったら、みんな大騒ぎですからね。
そのあたりも”アニソン”ならではですよね。アニソン系のファンのみなさんは、みんなでライブを創り上げるといいますか、すごくあったかいですよね。
みんなで盛り上がろうという。サイリュームなども。はじめて行っても楽しめるというのも魅力ですよね。


結城:ね、そうですよね。本当にそういうあたたかさをいただきました。
割と近い距離だったので、やっと、ちゃんとお話できるというか。
何年も前から来てくださっている方もいたし、すごく嬉しかったです。

――アニソンと出会う前のライブとの違いってありますか。

結城:なんだろう……。でも、それは私の心境(の違い)なのかな。
たぶん、昔やっていた時も、もっと自分を開放できていれば、そんなふうにひとりで歌っている、というようなことはなかったと思うし、その頃は自分を出せないというか、うまくリラックスできない自分がいて、こういうふうに見せなきゃ、こういうふうに歌わなきゃ、というふうに思っちゃっていたところがあったんですけど、でもやっぱりその”アニメソング”と出会えたことで、本当にガラっと変わって。
この間はしほりーぬもいたからだと思うんですけども(笑)、だいぶリラックスもできるようになって。お客さんもすごく近くで聞いてくださっていたので、本当にいい意味でリラックスしながら向き合えたかな、と思います。

(2ページ / 4ページ)

###next2###

結城アイラ 撮影:オタラボ【otalab】


恥ずかしさをまず捨てる―アーティストや演者を目指している方へ


――オタラボを見ているユーザーの方々には、アニソン歌手を目指していたり、声優さんを目指していたりという方が多くいらっしゃいます。
結城アイラさんは、演技もされた経験や、アニソンを歌っていて、みなさんにとって、憧れの位置に立っていらっしゃるのではないかと思います。
これから、将来の夢に向かっていく方々へ、メッセージをいただければ……。


結城:恥ずかしさをまず捨てる(笑)?
歌や演技で、私の中で一番の壁だったのが、こう、振られたときに、「恥ずかしいな」「できない」と思うことがすごくたくさんあったんですよ。
でも、そこを開放することで、恥ずかしい、じゃなくてむしろ”おいしい”って(笑)。
演技の幅も広がるし、歌だったり、パフォーマンスだったりという部分でも広がるので、とにかく、恥を捨てたほうがいいです!

――たしかに、こうしなきゃ、という冷静になれない事もあるし、かっこつけちゃう事など、いろいろ考えてしまいますよね。そういうところを全部開放して、という感じですかね。

結城:ひとりでやっていたときは、その”恥ずかしさ”がたくさんあったんですよね。
もともと私は、小さい頃から引っ込み思案で、友達と仲良くしたいけど、仲良くしようって言えなくて、ひとりがかっこいいと思っていたんですよ(笑)。
でも、音楽の時間、ピアノを弾いていたときに、みんなに「上手いね、上手いね!」、「歌も上手だね!」と言ってくれて、「私、歌なら歌えるかな……」って思ったのが、歌手になろうとおもったきっかけだったんです。
結局歌手になっても、引っ込み思案だったり、かっこつけちゃう部分が続いていたんですよね。
でもそこで”アニメソング”にであって、ようやく「恥とかは捨てたほうがいいんだ」と思えたら、いろんなことができるし、いろんな人と仲良くなれるし、変わったので。
やっぱり私にとっては、”恥ずかしさを捨てる”というところだったんだな、と思います。
あとは、”バカになる”?

(一同爆笑)

結城:馬鹿な妄想をいっつもしていれば、ばかになれます(笑)。

――それは馬鹿な妄想をしていれば恥ずかしさを捨てられるというところにつながるんですか(笑)、それとも……(笑)

結城:いやー(笑)。でもね、この間しほりちゃんとかもね、びっくりしてたから。
「オケで歌ってもおっけー?」って言いましたからね(笑)

(一同爆笑)

結城:でもそれも、恥ずかしいと思っちゃいけないんですよ。そういうサムいギャグも、うけいれてくれるから!やりきれば。
やりきれば「あいつすげー」みたいな。そういうことだと思います(笑)。

――これから、という方達は、たぶんいろいろ考えてしまって、どうしたらいいんだろうって。
やったことないから当然なんですけど、すごく悩んでいる方のほうがたぶん多くて。
逆にその「悩まなくてもいいんだよ」じゃないですけど、おもいっきりやりきったほうがいいんだよ、というのはありますよね。


結城:そうですよね。もうやりきっちゃった勝ちというか。自信のなさって、歌もそうだし、演技もそうだし、でちゃうと思うから。まあ、やりきったもん勝ちですね。
あとは、はじめて会う人とかに、イメージを上手く付けること、というのが大事。
私は演技力があまりない方だからたまにやるんですけど、例えばセクシーな役だったら、ちょっとセクシーな格好していくんですよ。

――なるほど!

結城:そうすると、自分もセクシーな気分になってくる気がするし、相手も、なんかセクシーな人がきたから、声もセクシーに聞こえる、みたいなことも、あるはず(笑)。
三つ編みの役の子だったら、三つ編みして同じような風貌にしてみたら、自分の中でも変わるんじゃないかな、とか。
そういうことも使いながらやっていくといいのかなと思います。

――歌のときも、今日はこういうテーマだからとか。

結城:そうです、そうですね。
例えば、今回のホライゾンの曲だったら、すごくかっこいいので、この曲で例えば白いドレスとか着てもなんかあわない。
ロックなラフな格好でとかだったらすごくかっこいいとおおうので。そういうところからイメージ付けしていきます。
あとはアニメの歌をうたうときにすごく心がけているのが、私はいろいろなタイプの歌を歌わせていただくことが多いのですが、一曲一曲が役じゃないですけども、テーマがあるなと思っていて。
例えばヤマトの曲だったら、優しい女性のイメージがあって、それこそイメージ的には白いロングドレスで、髪がストレートで清楚な感じで、といったイメージをつけたりとか、この曲は男の子の気持ちを歌っているから、ちょっとボーイッシュにしてみようかなとか、逆にこの曲はすごく可愛い曲だから、おもいっきり女の子らしくしてみよう。とか、曲に役をつけて想像したりもします。

――歌詞が大事な”アニソン”ならではですね。そういうことなら小さなことからすぐ実践していけそうですね。

結城:割と引っ込み思案だっただけに、自分自分、て出すのが多分苦手で。でも”アニメソング”の場合は、1個の役になれる感じがして、「これは私が歌っているけど、私じゃない」みたいな、ちょっとここで演じているという気分にもなれたりするので、一曲一曲で、役が違うよ、と思うと、開放もしやすい気がします。

(3ページ / 4ページ)

###next3###

結城アイラ 撮影:オタラボ【otalab】


―結城アイラの“野望”


――今後、こういうのをやってみたい、という野望みたいなものはありますか。

結城:わりとシリアスな歌をうたう機会が多いので、ド明るい歌が歌ってみたいです。

――ギャグみたいなのですか(笑)

結城:それこそ本当に、お馬鹿な感じのアニメとか(笑)、おもしろい、笑っちゃうみたいな、コミックソング的な楽しい歌とかも歌ってみたいです。

――電波ソングみたいな早口のものとか……

結城:あー!歌ってみたいですね!

――歌唱力がすばらしいので、なんでも歌えそうな感じですよね。

結城:いえいえいえ(笑)。お客さんと、掛け合いできる曲とかいいですね!
もうそれができれば、完全に開放できると思います(笑)!

最後に


――最後に、今回のインタビューを見られる、ファンのみなさんや、これから結城アイラさんを知る方へ、メッセージをお願いします。

結城:この夏は、ライブが沢山あるので、まずはみなさんに、直接お会いして歌を届けたいなと思っています。
あと、ホライゾンのテーマのカップリング曲も、今回はじめて音楽と作詞の方で私も打ち合わせに参加させていただきながら、みなさんに届ける”お手紙ソング”というのを作ったので、ぜひ私の思いを、その曲で受け取っていただけたらなと思います。

――ありがとうございました。

商品概要


結城アイラ『悲しみは誰の願いでもない』ジャケット
結城アイラ ニューシングル
TV アニメ『境界線上のホライゾンⅡ』ED 主題歌 -Side SunSet-
「悲しみは誰の願いでもない」
2012.8.8 On Sale
LACM-4968 / 1,200 (税込)
発売元:株式会社ランティス
販売元:バンダイビジュアル株式会社

2007年にTV アニメ『sola』のOP 主題歌「colorless wind」でデビューした後、『true tears』『伝説の勇者の伝説』など数々のアニメ主題歌を歌い続けてきた結城アイラ。2012年6月には、不朽の名作のリメイク『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章ED 主題歌を担当し、注目を集めました。
今回のニューシングルは、大人気TV アニメ『境界線上のホライゾン』第2期ED 主題歌。2タイプのED のうち、シリアスな雰囲気の-Side SunSet- を担当します。作詞は畑亜貴、作曲は原田篤&fandelmale (Arte Refact)。
結城アイラの持ち味である圧倒的な歌唱力で、アニメ第2 期を彩る楽曲を届けます。

○結城アイラ オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/aira-yuuki/
 …2012 年夏のイベント出演情報掲載!

(4ページ / 4ページ)
SNSでシェアしよう