オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

「メタルギア」シリーズ最新作はPWの続編? FOX ENGINEでのサンプルを極秘発表

『METAL GEAR SOLID GROUND ZEROES』 (C)Konami Digital Entertainment

2012年8月30日に行われた「メタルギア」シリーズ25周年を記念したイベント、「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」にて、「メタルギア」シリーズ最新作と思われる、FOX ENGINEを用いたサンプルが極秘発表された。

イベントでは、「先にある、次の未来。コジプロ(小島プロダクション)が、その全勢力を傾けて手がけた、次の未来。“FOX ENGINE”。お待たせしました、明日のコジプロの姿を、ぜひ、ご堪能下さい」とナビゲーター別所哲也氏からの紹介とともに、現在開発中のFOX ENGINEを用いた映像、実際にコントローラーを使ってのプレゼンテーションが行われた。

ナビゲーター、別所哲也氏

ちなみに、これらの映像はイベントのみ公開で、録音・撮影・録画一切禁止とした、門外不出の発表となるため、テキストにて記憶からのご説明となることをご了承頂きたい。

『METAL GEAR SOLID GROUND ZEROES』と名付けられたそのサンプル。新しい開発エンジン、FOX ENGINEにて、オープンワールドのスニーキングゲームとしてPS3、Xbox 360相当のスペックを想定したPCでのリアルタイムデモが発表された。

ストーリーはどうやら『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』(メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー)の続編と思われるもの。
舞台となっている軍事施設に捉えられ拷問をかけられている少女・パスと、同じエリアに捉えられている少年・チコを、カズヒラ・ミラーの指示により、年を重ねたBIG BOSSことスネークが2人を助けにいくというもの。

途中で顔が爛れた謎のキャラクターや、消されたFOXのステッカーと意味深な描写を挟みながらも実際のプレイ画面へと進む。

よくあるゲーム中の別撮りのムービーではなく、リアルタイムで3Dが美しく描画されている。それゆえ、Loadingなしでそのまま実際にコントローラーで動かせるモードへスムーズに移行していることがわかる。

いつもの様に単独潜入したスネークは、軍事施設に2人を助けるべく潜入捜査を開始する。

実際にプレイしている模様をみると、リアルタイムに時間が進んでおり、各キャラクターが動き、監視し、より“リアル”なスニーキングを体験することができるようだ。

サーチライトを避けながら、時に匍匐し、時にじっと息を潜めて敵の監視をやりすごしながら、崖を降りていくスネーク。

デモということで、スニーキングだけではなく、監視中の敵兵をサプレッサー付きアサルトライフルでヘッドショットしたり、装甲車をよけつつ敵のジープに乗り込んでみたりと様々なプレイを見せた。

また、いつでも助けを呼べるということで、スモークを焚いて救助ヘリを呼び、乗り込む様子も実演。

すべてがとにかくスムーズに動いていることが印象的だった。

FOX ENGINEを語る小島秀夫監督 FOX ENGINEロゴ

デモの後、小島プロダクションの小島秀夫監督が登場し、FOX ENGINEを語った。
世界にもう一度勝つために、開発し始めたというFOX ENGINE。

今回のデモでは現行機を想定したものであるが、もちろん次世代機にも対応できるようなものとなっている。

新しいエンジンにより、広大な世界を自由に動き回って探索・攻略することができる、オープンワールドをより美しく、スムーズに表現できることが特徴。

遠くないうちに良いお知らせができればと語った小島プロダクションに期待して、さらなる新しい発表を待とう。

○KOJIMA PRODUCTION:http://www.konami.jp/kojima_pro/

(C)Konami Digital Entertainment
SNSでシェアしよう