オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

『ダンボール戦機W』空想実写化プロジェクト ムービー本編が公開

『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc.

PlayStationPortable、PlayStation Vita専用ソフトウェアとして発売される『ダンボール戦機W』の2012年10月18日(木)の発売に先駆け、ゲーム内に登場するホビー用小型ロボット「LBX」のプラモデルを用いた特撮映像プロジェクトを発足、ストップモーションムービーの「本編」を公開した。

『ダンボール戦機』シリーズは2011年に第1作目が発売されたプラモクラフトRPGシリーズで、ゲームに留まら
ず、アニメや漫画、プラモデルなど様々な形で展開され、子供たちを中心に人気を誇っている。

今回の映像は、ストップモーション・フォトグラフィーの技術を駆使し、プラモデルLBXがリアルの世界の中で動き出し、バトルを繰り広げるもの。

『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc. 『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc. 『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc.

また、本編の公開と同時にメイキング映像も公開、総制作期間2ヶ月に及んだ制作現場の裏側を見ることができる。

『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc. 『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc. 『ダンボール戦機W』THE BATTLE OF LBX -空想実写化プロジェクト (C)LEVEL-5 Inc.

さらに、本動画の制作を手がけたストップモーション・フォトグラフィーのスペシャリスト集団、スタジオプラセボの長井勝見監督による、本動画制作に対する熱い思いを披露しているのでこちらも注目だ。

ゲーム内の醍醐味の一つであるLBXのバトルを、ソフト発売に先駆けて体感しよう。

○スペシャルサイトURL:http://www.jp.playstation.com/psp/special/danballw/

○制作スタッフ
スタジオプラセボ…クレイ、人形、ドローイング、CGなど、技法にとらわれないアニメーション及び、特殊映像の制作チームです。
代表:長井勝見(ディレクター/アニメーションディレクター)
東京造形大学デザイン科卒業
1999年アニメーションスタジオI.TOON Ltd. 入社
2007年株式会社スタジオプラセボ設立
映像作品に関わるアートディレクション。マットペイント、背景素材の作成。
撮影技術、デジタル技術を含むテクニカルディレクション。



■商品概要
ジャンル: プラモクラフトRPG
対応機種: PlayStation(R)Portable / PlayStation(R)Vita
発売予定日: 2012年10月18日
CERO: A(全年齢対象)
制作・発売: 株式会社レベルファイブ
PlayStation(R)Portable用:
 UMD版希望小売価格…4,980円(税込)/ダウンロード版販売価格…4,480円(税込)
PlayStation(R)Vita用:
 PS Vitaカード版希望小売価格…4,980円(税込)/ダウンロード版販売価格…4,480円(税込)

(C)LEVEL-5 Inc.
SNSでシェアしよう
関連記事
関連記事はありません。