オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

ジブリ美術監督山本二三による絵本アプリ『歩き屋フリルとチョコレートきしだん』が配信決定 原画展などイベントも

『歩き屋フリルとチョコレートきしだん』 (C)CUCURI Co.,Ltd.

株式会社CUCURIより、マルチクリエイター・瀬名快伸と、『天空の城 ラピュタ』『もののけ姫』等スタジオジブリ作品で美術監督を務める山本二三による、iPad・iPhone向け絵本アプリ『歩き屋フリルとチョコレートきしだん』の配信が決定した。

本アプリは、色々な物がチョコレートで出来ている不思議な国に迷い込んだ、主人公の少女・歩き屋フリルの冒険を描いた絵本アプリ。

その不思議で独特な世界観の原作・文を、映画やアニメ、ゲームの脚本家、そして声優として活躍するマルチクリエイターの瀬名快伸、絵を、スタジオジブリ作品や『時をかける少女』等の美術監督を務めた山本二三が手がけている。

絵本アプリと言えば児童向けと捉えられがちだが、オリジナル性の高い世界観と美しい絵、そして読む人の心を温かくさせるようなストーリーは大人が読んでも楽しめる内容となっている。

また、東京・表参道にて朗読やスペシャル対談など配信記念のイベントも決定しており、原画展など無料で観覧する事も出来る。

この冬、心温まるストーリーをフリルの世界で感じてみてはいかがだろうか。

■作品概要
作品名:歩き屋フリルとチョコレートきしだん
原作・文:瀬名快伸
絵:山本二三

○ストーリー
摩訶不思議谷にあるトレイジャの街。
そこには、街の中を歩いて不思議を発見するのが趣味の歩き屋フリルがいます。
フリルはいつものように街を散歩していると、街の中で、ネズミの群れを見つけます。

不思議に思ったフリルがよく見ると、
その中からチョコレートの匂いがぷんぷんする、大きな絨毯が出てきました。
怪物のような大きな絨毯に包まれたフリルは、見た事のないチョコレートの国へ。

木々や色んなものがチョコレートで出来ている不思議な国です。
そこでフリルはチョコレート騎士団に出会います。
チョコレート騎士団は、この国をカビだらけにしようとしている、腐敗魔法使い“カビル・ムシーバ”をやっつけにいくところでした。

好奇心旺盛なフリルは、チョコレート騎士団の後を追っていくのですが。。。。

■アプリ概要
アプリ名:iPad・iPhone向けアプリ『歩き屋フリルとチョコレートきしだん』
配信開始日:2013年2月17日
定価:450円(無料の体験版あり)
制作:株式会社CUCURI
販売:App Store(アップストア)
WEB :http://www.cucuri.co.jp/furiru.html

■イベント概要
○原画展
日時 :2013年2月17日(日) 12:00~18:00
入場料:無料
場所 :ラパン・エ・アロ内1階「ギャラリーラパン」
住所 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-44-2

○朗読会、スペシャル対談、サイン会
日時 :2013年2月17日(日) 14:00~17:00
    受付開始時間:13:30~ 
入場料:大人 2,000円 高校生以下 1,000円 
※小学生未満のお子様は入場無料です。
※席のご案内は当日の先着順とさせて頂きます。
※席に限りがありますので満席になり次第、入場を制限させて頂きます。
場所 :ラパン・エ・アロ内地下1階「ライブスペースアロ」
住所 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-44-2

○歩き屋フリルとチョコレートきしだん:http://www.cucuri.co.jp/furiru.html

(C)CUCURI Co.,Ltd.
SNSでシェアしよう