オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

舞台『逆転裁判』の公演が決定

舞台『逆転裁判 ~逆転のスポットライト~』メインビジュアル(C)CAPCOM

カプコンの人気ゲームシリーズ『逆転裁判』の舞台、『逆転裁判 ~逆転のスポットライト~』が2013年7月31日(水)より8月4日(日)まで公演することが決定した。

「逆転裁判」は、2001年にゲームボーイアドバンス用ソフトとしてカプコンから発売された“法廷バトル”ゲームで、個性的なキャラクターたちと作りこまれたシナリオが話題を呼び、シリーズ累計販売本数440万本を誇る人気シリーズ。

また、法廷を舞台とした独自の作品性とその人気によって、2009年に宝塚歌劇による舞台化(2013年1月までに3作を公演)、2012年には東宝配給による映画化(監督:三池崇史、主演:成宮寛貴)もされた。

そしてこの度、スーパー・エキセントリック・シアターの大関真氏、成歩堂龍一役に兼崎健太郎、御剣怜侍役に和田琢磨を迎え舞台化が決定した。

2013年7月25日には、シリーズ6年ぶりとなる『逆転裁判5』の発売も控え、ゲーム、舞台など、様々な展開を実施する「逆転裁判」にこの夏注目だ。

■公演概要
公演名:逆転裁判 ~逆転のスポットライト~
公演会場:六行会ホール(北品川)
公演日時:2013年7月31日(水)~8月4日(日)
公演回数:9公演(予定)
チケット価格(税込):5,800円
チケット販売:ローソンチケット、カンフェティチケット
演出:大関 真(スーパー・エキセントリック・シアター)
脚本:斎藤栄作
協力:北品川商店街 新馬場商店街 青物横丁商店街 品川菓匠 孝庵 中央大学法科大学院
主 催:株式会社ADKアーツ
企画・制作:株式会社ADKアーツ
原作・監修:株式会社カプコン
公式サイト:http://www.gyakutensaiban-stage.com

○ストーリー
舞台は大人から子供までTVでも大人気のヒーロー「大江戸戦士トノサマン」が上演される劇場。
客席には主人公の熱血弁護士、成歩堂龍一と助手で霊媒師の綾里真宵の姿が。
真宵は大好きなトノサマンの舞台とあって上機嫌!
しかしそこには何故か、トラブルメーカーで成歩堂の幼馴染み、矢張政志の姿もあった。
いつの間にか客席には、成歩堂のライバルであり、かつ天才検事の御剣怜侍。
彼もまた成歩堂の幼馴染みだ。さらには糸鋸圭介刑事の姿も。
彼らがなぜここに?
やがて開演ブザーが鳴り、幕が開く。
舞台ではトノサマン達による大立ち回りがはじまった、その時!
宙に吊るされていた巨大提灯が落下。そして・・・炎上。 舞台は最悪な展開をむかえた!
やがて容疑者扱いとなった役者、荷星三郎は、旧知の成歩堂の弁護の申し出を断り、なぜか黙秘をし始める。
果たしてこの状況は事故なのか? 事件なのか? 目撃者はすべての観客。
いま、新たな逆転劇の舞台が幕を開ける・・・

○出演キャスト
成歩堂龍一:兼崎健太郎
御剣怜侍:和田琢磨
綾里真宵:荻野可鈴
矢張政志:林 明寛
糸鋸圭介:磯貝龍虎
荷星三郎:杉原勇武

(C)CAPCOM
SNSでシェアしよう