オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

入野自由、花澤香菜が語る 新海誠最新作『言の葉の庭』キャストインタビュー

左から花澤香菜、入野自由 『言の葉の庭』(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films 撮影:オタラボ

新海誠監督の最新作で、上映前より話題となっているアニメーション映画『言の葉の庭』。愛に至る以前の孤独―”孤悲”の物語で、現代の東京・新宿を舞台に、初めて「恋の物語」を描く。

2013年5月31日からの上映を前に、本作品で、主人公で職人を目指す少年・タカオを演じる入野自由さんと、タカオが雨の日の庭園で出会う謎めいた女性・ユキノを演じる花澤香菜さんにこの作品の魅力や、演じた感想をうかがった。

――演じているキャラクターについての印象や、演じられての感想をお願いします。

入野:僕の演じたタカオは、15歳という年齢にしては大人びていて、自分の夢がはっきりと持っている高校生です。また、その夢に対して自分が何をやるべきか、どうしなくちゃいけないのか、よくわかっていながらも、やりたい事とやらなければならない事のジレンマを抱えています。
今いるような15歳とは一風変わっている少年です。

花澤:ユキノは、タカオくんが雨の日の庭園で出会った、27歳の謎めいた女性です。職場でちょっとトラブルがあり、精神的にダメージを受けてしまっていて、職場に通えなくなってしまい、沈んでしまっています。

――アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか。

入野:ユキノさんと話しているときもそうですが、友だちや、お兄ちゃんと話している時はより映像にある空気感と同じような雰囲気が流れていたような気がします。

花澤:アフレコはけっこういい緊張感で演じさせていただきました。

――新海誠監督の印象を教えてください。

入野:監督の印象は優しいです。すごく褒めてくださいますし、現場では、細かく「絵にあわせてほしい」「ここはこう演じてほしい」などの指示や、言葉のひとつひとつに意味がある、ということをおしゃっていたことが印象的でした。

花澤:新海さんとは今回はじめてお会いさせていただいたのですが、ほんとうに物腰柔らかな、自然と話したくなってしまうようなオーラをもった方でした(笑)。アフレコの指示もわかりやすく、かつ褒め上手(笑)なので、こういう方と一緒に仕事したいな、と思わせるような人柄で、素敵だなと思いました。
このキャラはこう思っていて、といった細かく話し合いの時間を設けてくれて。もうオーディションの段階からそうだったんです。すごく入り込みやすい指示をしていただきました。

――今回の作品の見所や、注目してほしいポイントを教えてください。

入野:個人的には、今回より日常にスポットが当たっている作品なので、前半にある家族とのやりとりだったり、学校の友だちとの空気感だったりに描かれている、何気ないシーンに注目していただけると嬉しいです。
ですが、まずは先入観なく見てください!

花澤:物語自体はとてもシンプルで、かつ、いろいろな人にわかりやすく作られていると思うのですが、その中でやりとりされる言葉がとても意味深で、セリフのひとつひとつを聞き逃さないで欲しいなと思います。

――お二人演じられたキャラクターがどちらも”葛藤”、”悩み”を抱えていることが印象的でしたが、キャラクターを通じて感じたことや、同じように悩みを抱えている方へのメッセージをお願いします。

入野:自分がやりたいことや、目標にしていることに対して、どこまで頑張り続ければいいのかわからない不安・努力した結果報われるのかどうかわからないというのは年齢に関係なく、誰もが感じる事だと思います。
何事も一歩踏み出すのは難しいですよね。でも、そういう思いを抱えながらも、少しずつ前に進む事が大切なんだと思います。やらないよりはやったほうがいい、まずやってみよう、その気持ちは僕も心がけるようにしています。

花澤:ユキノさんのセリフで、「27歳のわたしは、15歳のころの私より、少しも賢くない」というのがあるのですが、ああ、そう思うよね(笑)、と。
たぶんいくつになっても、今のままじゃダメだ、今の自分を変えたいとか、なにかしら思うんだろうなと思いますね。
でもどうにかしたいという思いは、前に進みたいからであって。いいことだと思います。
ユキノさんを見ていると、苦しいよね、とは思います(笑)。
私は今24歳なのですが、27歳のとき何を考えているのかわからないので。でも根本的なものは変わっていないと思うので、大人になるとはどういうことなんだろうか、って思いました。
タカオくんにたいしても、ちょっと大人になってしまって、それが意地悪に見えてしまう部分もあるかもしれません。
それもその年ならではのものなのかな、と思います。

――映画を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

入野:とっても優しい作品です。沢山の人に見ていただきたい、何度見ても楽しめるような作品です。見る年齢だったり、状況、人、心の状態によって見方が変わってくる作品だと思います。

花澤:試写を見させていただいたのですが、やっぱり劇場で見たいなって(笑)思ったので、緑の綺麗さもそうですし、雨の綺麗な描かれ方も、音楽もダイナミックに聞いたほうがいいな、と思ったので、ぜひ劇場に見に来て欲しいです。

左から花澤香菜、入野自由 『言の葉の庭』(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films 撮影:オタラボ


■作品概要
言の葉の庭
2013年5月31日 新緑の季節ロードショー

○スタッフ
原作・脚本・監督:新海 誠
作画監督・キャラクターデザイン:土屋堅一
美術監督:滝口比呂志
音楽:KASHIWA Daisuke
エンディングテーマ:「Rain」秦 基博

○キャスト
秋月孝雄(タカオ):入野自由
雪野百香里(ユキノ):花澤香菜
タカオの母:平野 文
タカオの兄:前田 剛
タカオの兄の彼女:寺崎裕香
松本:井上 優
佐藤:潘 めぐみ
相沢:小松未可子

○ストーリー
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。

○言の葉の庭 公式サイト:http://www.kotonohanoniwa.jp/

(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
SNSでシェアしよう