オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

「セフィロト~時の世界樹~」で薄桜鬼イベント「烈火の鬼、梟雄の獣~乖乱せし鬼里~」を開催中!

「薄桜鬼」、「AMNESIA(アムネシア)」、「DIABOLIK LOVERS」、など「オトメイト」人気ゲームタイトルから300キャラクター以上が参加する女性向けモバイルカードRPG「セフィロト~時の世界樹~」が、1月24日より十鬼の絆イベント「烈火の鬼、梟雄の獣」を開催!
セフィロト~時の世界樹~
「鏡界の白雪」の異界での誤解を解き、一安心のアレッド達。
すでに「サメフ(元セブンシンズ:グラトニー)」が向かっていた「十鬼の絆」の異界へ降り立つ
「サメフ」から話を聞こうとしたが、強き魂を持つ者達が囚われてしまったとの情報を得る。
彼らと縁の深い人物達と共に救出に向かおう!

【イベントの特徴】
異界の探索を続け、出現する「魔神」を討伐しながら、
囚われてしまった「強き魂を持つ彼ら」を救出し、「縁紡ノ糸」を集めていく、討伐型イベント。

【囚われた彼らを救出しよう】
セフィロト~時の世界樹~
囚われた彼らを救出できるチャンスは
囚われた空間が開く「1日6回」のみとなり「ハート」での攻撃が必須となる。
ハートはこの異界と縁ある者達と遭遇する事により、
回復が可能であり、満タンにして彼らの救出に向かおう。

セフィロト~時の世界樹~

【アレッドと共に魔神に立ち向かおう】
現在ある体力を全て消費する事により、「アレッド」が魔神の情報を集めてきてくれるようだ。
探索完了後、アレッドが魔神にダメージを与えて戻ってくるので、通常より少ないダメージで簡単に魔神の討伐が出来るようになった。
討伐グループに自信がない人はアレッドと共に魔神に挑もう。

【ボーナスパートナーを活用】
「セフィロトの泉」やイベントトップにログインするだけで、「ログインボーナス」として、魔神に強力なダメージを与える事が出来る「ボーナスパートナー」を入手する事が出来る。
「セフィロトの泉」には、十鬼衆でもあり、不知火家の頭領「不知火秦」が「SRパートナー」として登場。
他にも「十鬼の絆」の様々なキャラクター達が「ボーナスパートナー」として多数出現するので是非チェックしよう。

セフィロト~時の世界樹~
不知火秦(SR)

【ランキング報酬】
上位に入るほど強力なパートナーを入手でき、
最大で『5種のパートナー』が手に入るようだ。

イベント内で取得できる「縁紡ノ糸」の数でランキング順位は変動していく。
探索中に出現する魔神の撃退や、囚われた彼らを救出する事で、
より多くの「討伐手形」を入手し、ランキングの上位を目指そう。

また、本イベントに限らず、セフィロトではオトメイトに所属する豪華イラストレーターによる
美麗パートナーのグラフィックが注目を集めている。
今回はMeij描きおろし「天霧千岳」が登場!若い頭領の中では年長の為、皆に頼られる事も多い存在だ。

また、ランキングに登場したパートナーは次回イベントの「ボーナスパートナー」として活躍。
パートナーだけでなく、「回復薬」も順位に応じて報酬としてついてくるので、次回のイベントでも役立つだろう。

セフィロト~時の世界樹~
天霧千岳(SR) Meij描きおろし

セフィロト~時の世界樹~
雪村千耶(SR)

セフィロト~時の世界樹~

【セフィロトとは】
~いくつもの時をかけ、魔神らから世界を護る~
仲間との絆と、1000種類をこえる美麗カードで世界を護る、女性向けカードRPGです。
「薄桜鬼」をはじめ、「AMNESIA」、「DIABOLIK LOVERS」、「緋色の欠片」、「十鬼の絆」、
「薄桜鬼SSL」など女性向け人気ゲームタイトルから300キャラクター以上が参加しております。

現代にいるアナタのもとに現れた”魔神”と、一人の執事(アレッド)
いくつもの異世界にいる強い魂をもったキャラクター(パートナー)と出会い、
魔神に侵されようとする世界を護る、宿命の旅が始まります。
パートナー達の成長だけでなく、フレンドとの協力が討伐成功の鍵を握っています。

■セフィロト ~時の世界樹~ 公式サイト
http://www.otomate.jp/sephirot/
■iTunes / App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id643690349?mt=8
■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.winlight.sephi
■dゲーム
http://sephirot.dmkt-sp.jp
■GREE
http://mpf.gree.jp/50578
■オトメイト
http://www.otomate.jp/


(c)IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY (c)IDEA FACTORY (c)Rejet/IDEA FACTORY
SNSでシェアしよう