オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

TVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』 オープニング&エンディングテーマが本日発売! オープニング夏代孝明&エンディング佐伯ユウスケの 楽曲インタビュー公開!

YP03_NEWGENE_key_poster1124
待望のTVアニメ第3期として2017年1月より放送中の「弱虫ペダル NEW GENERATION」
そのオープニングテーマ「ケイデンス」と、エンディングテーマ「ナウオアネバー」が本日2月15日(水)に発売となりました!
オープニングテーマは、「10年に一度、天性のボーカリスト」との呼び声高い夏代孝明(なつしろたかあき)が担当! エンディングテーマとなる「ナウオアネバー」を歌うのは、言葉と音を自在に操る万能マジシャン、佐伯ユウスケ。
そんな彼らの楽曲に関するインタビューを公開。

<夏代孝明:楽曲インタビュー>
OP_natsushiro_Asya_96dpi
——第3期でOP主題歌を担当することになりましたが、お気持ちはいかがですか?
夏代 ビックリですよ。メチャクチャ好きな作品で、原作は連載からずっと読んできてアニメでも盛り上がっていく様子を楽しませていただいていた側だったんです。まさか自分がやらせていただけるとは……。学生の頃、うつむきがちだった僕に、前に踏み出す勇気を与えてくれた作品でもありますので、精一杯お返しをさせていただこうと思っています。

——作詞する際やレコーディングする際、第1期、第2期と担当されていたアーティストさんは意識しましたか?
夏代 これまでバンドのみなさんが担当されてきた中で、第3期は僕も、エンディングを担当される佐伯さんもソロのボーカリスト。変わるところもあるかと思いますが、これまでの方向性も大事にしつつ、自分らしさを出していこうと思っていました。

——歌詞もご自身で書かれています。曲が先にあって歌詞を考えていったとのことですが、発想の発端となるものは何だったのでしょうか。
夏代 第3期では金城さんや巻島さん、田所さんといった3年生のみなさんが卒業してしまいます。それを踏まえて「今まで頼りにしてきた存在がいなくなり、先輩たちが築き上げてきたものをどう受け継いでいくのか」というところを軸にしました。あとは坂道くんって「ここぞ!」というときに歌を歌ったりするじゃないですか。その歌っているニュアンスとか、「坂道」という言葉そのものもどこかに入れられたら、と思いながら歌詞を書いていきました。

——作品に寄り添った歌詞を書く、というのはどんな感触ですか。

夏代 普段は日常の中で思いついたものをよくテーマにしているので、作品とがっつり向き合って書いていくのはすごく新鮮ですね。ファーストシングル『クロノグラフ』に引き続いてのタイアップですが、『弱虫ペダル』はずっと寄り添ってくれていた作品だったので、よりワクワクしています。

——MVについても教えてください。
夏代 学園ものの爽やかで明るいイメージで作りました。ファーストシングル『クロノグラフ』のMVから引き続き、ゆるめるモ!のあのちゃんに出演してもらっています。まさに高校生の青春、という感じですよね。舞台になった学校は実写ドラマ版『弱虫ペダル』でも実際に使ったところなんですよ! 僕が歌っているパートは開放感のある外で歌いたい、とお願いして学校の屋上で撮りました。ただ、撮影の日は11月なのに20度を超す夏日で全員汗だく、大変でした(笑)。

——それでは最後に改めてメッセージをお願いします。
夏代 『弱虫ペダル』は連載当初から大好きで、いつもうつむいたり落ち込んだりしがちだった僕に勇気をくれている作品です。そのオープニング主題歌を担当させていただけるなんて、本当に光栄です。楽曲は3年生が残してくれた熱い思いを坂道くんたちがどう受け止めて、この先の走りへ繋げていくのかを一生懸命考えて作りました。この曲がみなさんにとっても勇気に繋がる作品になればいいなと思います。どうぞよろしくお願いします!



【夏代孝明:公式サイト】
http://7246.jp/

【夏代孝明:公式twitter】
https://twitter.com/_natsushiro_

<佐伯ユウスケ:楽曲インタビュー>
ED_SY_0333_tr
——『弱虫ペダル』第3期のエンディングを担当すると決まった時のお気持ちはいかがでしたか?
佐伯 うれしかったです。自分の歌を最後に出したのが4年半くらい前になるんですけど、それからはずっと音楽作家としての活動時期も続いていて、そろそろ出したいなあと思っていた時期だったので、いい機会でした。

——『ナウオアネバー』は非常に熱い曲ですし、言葉選びもとてもおもしろいですよね。
佐伯 意識していたことなのでそう言ってもらえるのはうれしいです。元々ヒップホップなどの言葉遊びをする感じは好きで、熱い曲調の中にそういうものを意識して入れていきたいと思っていました。

——歌詞は曲の頭から書いていったのでしょうか。
佐伯 曲によって違うんですけど、『ナウオアネバー』は頭からですね。この曲ってアレンジがいいおかげでもあるんですけど、サビが2段階になったと思ってるんですよ。Aメロがまずすごくサビっぽくて、さらにサビが来る。印象的なモチーフが2つあるみたいな曲なんですよね。Aメロでいいのが浮かんだから、頭から順々に歌詞も作れたのかなと思います。

——メロディーと歌詞ではどちらを先に作るんですか?
佐伯 理想は一緒です(同時に出てくること)。だけどだいたいはメロディーと、ぼんやりとした”歌詞の母音”が浮かぶ、という感じですね。そこから歌詞を肉付けしていきます。

——今回の曲作りはスムーズに行きましたか?
佐伯 普段はあまり早くはなくて、曲のアイデアが降りてくるのを待つタイプなんですけど、今回はスムーズにできました。歌詞も”テーマ”と”ノリや韻”を行ったり来たりしながら作っていくんですが、やっぱりどうしてもうまく行かない曲もあるんです。『ナウオアネバー』はそこもうまくいったしとても満足のいく曲になったと思います。

——MVについても教えてください。
佐伯 最初から一曲まるまるをワンカットで撮影しています。それを逆回しにして完成しました。冒頭からしばらくパイまみれで顔が出てないという、デビュー曲にしてはすごく挑戦的な作品だと思いますけど(笑)、とてもいい映像作品になってます。

——これは動きもリップも周りの女の子たちも全て逆に動いて、撮影したんですか。
佐伯 そうなんです。しかもパイ投げがあるからワンテイクで(笑)。早朝からエキストラの方達とリハーサルを重ねて、日が沈む直前に撮影をしてギリギリ間に合いました。大変でしたけどすごく楽しかったです。

——このMVのアイデアはどなたが?
佐伯 MVの監督さんです。打ち合わせ段階から僕のキャラクターを掴んでくれたので、「お任せします」って伝えたら、パイをみんなで僕にぶつけるという演出になりました(笑)。ひとり、ふたりとかの問題じゃなく、12、3人が2個ずつパイを投げるんですよ(笑)。最後らへんは息ができなくて大変でした。

——逆再生も監督のアイデアですか?
佐伯 僕が昔やったことがあって、ほんの短い時間の映像でしたけど「逆再生のリップできます」って言ってしまったんですね。そしたら監督が「全部逆再生やりましょう!」って……。逆再生のリップはただでさえ大変なのに、この曲は歌詞が多いは韻は踏んでるはでもう本当に大変でした……。僕、MVの撮影終わってから、生まれて初めて頬と顎が筋肉痛になりました(笑)。これまでいくら歌ってもなったことなかったのに・・・。

——あはは(笑)、それだけインパクトも大きく大変な力作になっていますね。
佐伯 このMVはいろんなアイデアが合わさってできています。逆再生とか、たくさんの女子校生がママチャリに乗っているとか、最初はそれぞれ別のアイデアでした。それを「おもしろいから全部やりましょう」と熱意を持ってやってくださった監督のおかげですね。ハードなものになりましたけど(笑)。

——ありがとうございます。それでは最後にメッセージをお願いします。
佐伯 世代が変わり心機一転するという『弱虫ペダル NEW GENERATION』同様、今までとは違った新しいサウンドを楽しんでいただきたいなと思います。曲作りでは作品をとても意識しながら書いたので、それがみなさんに伝わるといいなと思っています。また、自分にとっては今までの佐伯ユウスケにはないサウンドになっています。そこにも注目していただきつつ、この歌がみなさんから愛される曲になりますように! 早くライブで歌いたいです。



【佐伯ユウスケ:公式サイト】
https://saekiyouthk.jp/index.html

【佐伯ユウスケ:公式twitter】
https://twitter.com/saekiyouthk/


【TVアニメシリーズ公式ホームページ】
http://yowapeda.com/

【TVアニメシリーズ公式Twitter】
http://twitter.com/yowapeda_anime


©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会
SNSでシェアしよう