オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

荒牧慶彦さんら演じるイケメン小学生にメロメロ!? TEEN × TEEN THEATER「初恋モンスター」ゲネプロ公演の模様をお届け

hatsukoi_visual
 2017年3月3日(金)、東京・品川プリンスホテル クラブexにて“TEEN × TEEN THEATER「初恋モンスター」”の舞台公演がスタートしました。

「初恋モンスター」とは、2013年より月刊誌「ARIA」(講談社)にて連載中の日吉丸 晃氏が手掛けるハイテンションラブコメディ。お嬢様育ちで世間知らずな高校2年生・二階堂夏歩(にかいどう かほ)が、見た目は長身でイケメンな小学5年生・高橋 奏(たかはし かなで)にひと目惚れしてしまったことからはじまる、笑いあり涙ありの心温まる純愛ストーリーが描かれます。

舞台版では荒牧慶彦さんらが小学5年生を演じるとあって、注目を集めていました。そこでオタラボでは、3月3日に行われた関係者・マスコミ向けゲネプロ公演に潜入! 気になる展開を、ネタバレにならない範囲でお届けします!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
●公演名
TEEN × TEEN THEATER「初恋モンスター」

●会場
品川プリンスホテル クラブex(東京都)

●期間
2017年3月3日(金)~3月12日(日)

●出演者(敬称略)
荒牧慶彦 (高橋 奏 役) /
奥田こころ (二階堂 夏歩 役) 佐川大樹 (金子十六 役) 神里優希 (三宮銀次郎 役) シェーン(野口一男 役) /
ゆうたろう (篠原耕太 役) 小野健斗 (多賀敦史 役) 田中涼星 (長澤 嵐 役) 星乃勇太 (二階堂 大谷 役) /
花塚廉太郎 (アンサンブル) 北川雄也(アンサンブル) /
郷本直也 (高橋修吾 役)

●原作
日吉丸 晃(講談社「ARIA」連載)

●脚本・演出
川尻恵太(SUGARBOY)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 物語は夏歩(奥田)が「華すみ荘」に引っ越してきたところからはじまります。「華すみ荘」は、奏(荒牧さん)の父・修吾(郷本さん)が大家を務めるアパート。奏と父、夏歩のほかに高校2年生の耕太(ゆうたろうさん)、大学生の敦史(小野さん)、大学院生の嵐(田中さん)が暮らしています。

 夏歩は、名家のお嬢様として大事に育てられてきました。そのため世間知らずでちょっぴり思い込みが激しく、華すみ荘で最初に出会った耕太を管理人と間違えて「若くして財を気づいたんだ! 東京の人ってすごい!!」と、妄想に入り込むほど。また、自分に自信がなくおっちょこちょいなところもありますが、とても純粋で真っ直ぐな女の子です。

 そんな彼女がひと目惚れしてしまったのは、なんと小学5年生の奏。車にひかれそうになったところを間一髪で助けてもらうんですね! 奏がグイッと夏歩を引き寄せるシーンなんかは観ている側もドキドキしました。そして初めての恋をしてしまった夏歩は、華すみ荘で再会した奏に早くも告白をしちゃうんです。純粋ゆえにかなりド直球のストレート!!
DSC01055 DSC01067

「本当の俺を知っても、まだ付き合うって言えるなら付き合ってもいい」と言われ、いろいろ想像する夏歩。なんでも受け入れる! と、決意を新たに待ち合わせ場所に向かうのですが、そこで待っていた奏は体操服とランドセル姿。そしてかぶっていたフードを脱いで、ひと言――「で…俺、小学生だけどどうする?」。

 言葉を失う夏歩ですが、好きの気持ちは変わることはなく、放心状態のままながら付き合うことになります。そして奏はさっそく彼女である夏歩を友達に紹介することに! ここで奏と同じく見た目は長身のイケメン、中身は小学5年生な十六(佐川さん)と銀次郎(神里さん)が登場します。

 先ほどまでは内面も大人っぽく見えていた奏ですが、小学生が3人そろうと、もう完全におバカな子ども!!  最初は楽しく過ごしていた夏歩ですが、相手が小学生ゆえのさまざまな悩みと葛藤が出てきます。夏歩と奏のカップルはどうなってしまうのか? 周りの登場人物を巻き込んだ物語の結末は――?

 なお芝居のなかでは、キャストたちが歌やダンスを披露してくれます。個人的なイチ推しは、奏と十六、銀次郎が歌う「クソング」でしょうか。タイトルからなんとなくわかるとおり、説明しづらいそういった曲になっています(笑)。たくさんのステキな楽曲が散りばめられていて、歌って踊ってとにかく楽しい舞台になっていましたよ!

さらに素晴らしいのが、舞台上の彼らは本当に小学生そのものだったこと。大人の成人男性が演じているはずなのに違和感をまったく感じませんでした。違和感がないのが逆に違和感のような。役者さんの役への入り込みがものすごい!! 小学生男子が好きな言葉BEST3には入りそうなセリフが、バンバンと飛び出すので、ああ、こういう男子いたなあ……とちょっとなつかしくなるかもしれません。

DSC01111 DSC01209
また、登場人物は紹介した以外にも出てきますよ。夏歩に片想いしてしまう耕太、夏歩と奏を見守るフィギュアオタクな嵐、夏歩にイジワルばかりする敦史、夏歩命のシスコンお兄さん・大谷(星乃さん)など、個性豊かな面々が物語を盛り上げます。とくにイチ推しだったのは奏たちの同級生・一男(シェーンさん)。一男は奏たちとは違い、見た目は小学生で中身はしっかり者な男の子です。彼が登場した際には、舞台に天使が舞い降りたのかと思いました……。そのかわいさにノックアウト。

ちなみにキャストたちは舞台上だけでなく、客席も歩き回ります! 距離もものすごく近いので、油断しているとおどろいちゃうかもしれません。気になる方はぜひ舞台をご覧になってくださいね! 3月12日(日)まで上演しておりますので、当日券情報をTwitter(‎@hkmonster_stage)などでご確認のうえ出かけてみてはいかがでしょうか? 
ph2 ph3


(C)日吉丸 晃/講談社
(C)日吉丸 晃/講談社「初恋モンスター」舞台製作委員会
SNSでシェアしよう