オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年(みほどせ)の子守唄~ 徳川家康の一生を描く第3弾のゲネプロ公演をレポート!

touken_mihotose_MV
2017年3月4日(土)、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて “ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年(みほどせ)の子守唄~”の東京公演がスタートしました。

本公演は、ブラウザ/スマホにて配信中の「刀剣乱舞-ONLINE-」をミュージカル化したもの。第3弾では石切丸、にっかり青江、千子村正、蜻蛉切、物吉貞宗、大倶利加羅を中心に、徳川家康の一生を描いた壮大な物語がくり広げられます。後半には涙なしには観られない展開も……。劇中に披露される歌とダンスも見どころです!! そんな刀剣男士たちの活躍を、ゲネプロ公演の模様からネタバレなしでお届けします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
●公演名
ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年(みほどせ)の子守唄~

●会場
東京公演:AiiA 2.5 Theater Tokyo
大阪公演:梅田芸術劇場 メインホール

●期間
東京公演:2017年3月4日(土)~3月26日(日)
大阪公演:2017年4月1日(土)~4月9日(土)

●出演者(敬称略)
崎山つばさ 石切丸(いしきりまる)役
荒木宏文 にっかり青江(あおえ)役)
太田基裕 千子村正(せんごむらまさ)役
spi 蜻蛉切(とんぼきり)役
横田龍儀 物吉貞宗(ものよし さだむね)役
財木琢磨 大倶利加羅(おおくりから)役

鷲尾 昇 徳川家康 役
大野瑞生 松平信康 役
阿由葉朱凌 竹千代 役 ※Wキャスト
小島幸士 竹千代 役 ※Wキャスト
高根正樹 吾兵 役
ほか
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 歴史の改変を目論む歴史修正主義者(以降、時間遡行軍)が過去への攻撃をはじめた西暦2205年。「審神者(さにわ)」の力で生まれた刀剣に宿る付喪神「刀剣男子」たちは、あらゆる過去へ遠征し歴史を守っています。

にっかり青江(荒木さん)と大倶利加羅(財木さん)も、任務のため天文11年に遠征していました。事件はその帰り際に起こります。時間遡行軍が松平軍を攻めこみ、松田軍の重臣たちが次々と討ち死にしていったのです。にっかり青江たちが駆けつけたときには、松平広忠はすでに瀕死状態。最後の力を振り絞り、胸に抱いていた赤子を2人に預けて絶命してしまいました。

 しかし赤子の命まで取ろうと、2人を追いかけてくる時間遡行軍。赤子を抱えている状態という圧倒的不利な状況でしたが、危機一髪のところで石切丸(崎山さん)たちが加勢し、難を逃れます。生き残った赤子をどうするか悩みますが、物吉貞治(横田さん)はある事実に気付きます……その赤子は「徳川家康」だと。

 徳川家康は天下統一を果たす、歴史上になくてはならない存在。しかし、家康ひとりの力では天下人にはなれません。なぜなら、先ほど時間遡行軍によって討ち死にさせられた重臣たちの存在が不可欠だったのです。そこで石切丸は、重臣たちの役割をここにいる刀剣男士で担おうという提案をします。最初は動揺する彼らですが、選ぶ道はそこしかありませんでした。こうして彼らは、徳川家康の一生を側で見守ることになったのです。

 石切丸は服部半蔵、にっかり青江は酒井忠次、千子村正(太田さん)は井伊直政、蜻蛉切(spiさん)は本多忠勝、物吉貞宗は鳥居元忠、大倶利加羅は榊原康政として、それぞれが徳川家康のもとで役割を担っていきます。お互いを信じあい、絆を深めていく徳川家康と刀剣たち。しかし、彼らは知っていました。徳川家康の未来にとても悲しい別れが待っていることに――。
DSC01297 DSC01299

 刀剣たちを待ち受ける過酷な運命とは? 無事に歴史を守ることはできるのでしょうか? 本公演は本編とライブの2部構成になっていますが、第1部のクライマックスは涙なしでは観られませんよ!! 服部半蔵の役を担う石切丸の葛藤、人とかかわらない大倶利加羅と吾兵の出会い、徳川家康をずっと見守ってきた物吉貞宗の想いなど……さまざまな刀剣たちの感情が渦巻く壮大な物語になっています。

 第2部は撮影NGでしたが、刀剣男士たちが本編とは異なる衣装で、およそ40分のライブを披露してくれました。本編はシリアス寄りだったので、ここでは笑顔になれる企画が満載です。客席に刀剣たちが現れて、歌ってくれることも! 刀剣たちの歌とライブも見どころですが、物語の脇を固めた徳川家康たちのパフォーマンスも非常に素晴らしかったです。本当に熱い、熱いステージに目頭が熱くなりました。その理由は、ぜひご自身の目で確かめてくださいね!!
3 4

 大好評につきチケットを取るのは難しいかもしれませんが、大阪の大千秋楽にはライブビューイングやDMM.comでのLIVE配信も決定しているそうなので、チェックしてみてはいかがでしょうか?


(C)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
SNSでシェアしよう