オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

【オタラボコミックレビュー】「僧侶と交わる色欲の夜に…」いよいよこの時がやって参りました

僧侶と交わる色欲の夜に…
「僧侶と交わる色欲の夜に…」(Clair TL comics)
著:真臣レオン
http://suiseisha.jp/books/71/


TL――ティーンズラブ。それは、めくるめく魅惑の世界――。

さて、みなさんはTLというものをご存じでしょうか?
以前、 こちら でも少し書かせていただきましたが、今回ご紹介するにあたり改めて調べてみたところ、TLとは「少女漫画のような絵柄や人物設定ながら、成人向け漫画のような具体的かつ直接的な性的表現が物語の中で展開される少女向けコミック」とのこと。

そう、TLはどの作品も内容はとっても少女漫画的。
だけど、そこには少女漫画では描かれない「あのシーンの、その先」がばっちり描かれているという、「ティーンズラブ」でいいの? 「ティーンズ」でいいのね!? と思わず何度も確認したくなるようなアダルティな要素が多分に含まれている。

そんなTLが、な、な、なんと、テレビアニメ化ですって!!!??

これはまたえらい時代になったもんです。
たとえ深夜だとしても、テレビで……アニメで……どっ、どうなってしまうの……!?(ごくり)

ということで、アニメが始まる前に先取りすべく拝読した本作を今回はご紹介!


中学時代の同窓会で美桜が再会したのは、かつて想いを寄せていた相手、隆秀。
ほのかな期待も叶わず、頭を丸めていた彼は、実家の寺を継いで僧侶になっていた。
「僧侶なら色恋沙汰には無縁なはず」という思い込みからやけ酒をし、泥酔してしまった美桜だったが、隆秀に介抱されるうちに身体の関係寸前まで許してしまう。
そして翌朝、強引に隆秀の家まで連れてこられた美桜は、なぜか家族に紹介され……。

「婚約者の深谷美桜さんです。心から愛しています」

――って、なにその超展開!?

なりゆきからお寺での同棲生活を送ることになってしまった美桜の運命や、いかに!



ふわーーーー、こっ、これは……!

設定の面白さもさることながら、テンポよくお話が進んでいくのが楽しくて、既刊3巻までを一気に読んでしまった。
昔好きだった人の頼みなんて断れるわけない! ってことで結局、隆秀の頼みを断れず婚約者のフリをすることになってしまう美桜。
「婚約は演技のはず……」と思ってはいたものの、隆秀の接し方はどう考えてもその域を超えていて、その言動のひとつひとつに、美桜は――いや、読者もろとも、これでもかというほどブンブン振り回されていく。
例えば、起き抜けから甘い言葉をささやかれたり、抱きしめられたり、迫られたり、キスされたり、触られたり…………
……ん? え、な、なんでお風呂に一緒に入ってるんです……っ!?

現実にいたら「いやいやちょっとちょっと、一回落ち着いて話し合おうか!?」と戸惑うレベルの隆秀の言動。だけど実際に迫られてしまうと、なんだかどうも拒み切れない。
それどころか、僧侶のイメージさえも根底から覆すようなその強引さに、むしろ「ありがとうございます!」と拝み倒したくなる。
強引、でも優しい、でも強引、でもちょっと不器用、エッチで、独占欲が強くて、やっぱり強引で、そして僧侶。
TL作品のお相手としては申し分ないスペックに、心はときめくばかり。

しかも美桜は学生時代に片想いをしていたわけで、昔好きだった人(そしてやっぱり今も好きなのだ)からいくら「フリ」とはいえそんなことをされた日には……! と、読んでいるこちらも美桜とともに身悶えしてしまう。
そんな感じでただでさえドキドキさせられているのに、……もちろん、そこはTLですから。
TLならではのラブシーンは、これでもか! というほど満載で、それにもまたドキドキを助長させられて、ああもう、読んでいるこっちは心臓が持たない!

「俺がこんな風になるのは深谷の前でだけだ」

うっ、な、なんかもう、ありがとうございます……!

ただ、やっぱりそこはTL。ベースは少女漫画なわけでございます。
美桜の隆秀への想いはもちろんのこと、いつしか隆秀の本当の想いも画面から溢れてきて、堪らない。

衝撃的な再会、そして彼の家族についた嘘から始まった二人だったけれど、どんなに蓋をしようとしても溢れてしまう「好き」の気持ちに中てられて、読後はなんだかとっても心地好い幸福感に包まれる。

物語が進むごとに増えていくキャラクターたちにも注目したい。
おおらかな隆秀の両親は最早おおらかを通り越して天然なきらいもあるが、二人をあたたかく見守ってくれるし、隆秀の弟の雪隆は計算高い策士と見せかけてただ不器用な寂しがりやだし、他にも、思い込みの激しい美少女あおい、ハーフの修行僧アサギと、とっても愛らしいキャラクターたちが目白押し。

ちなみに筆者個人的には弟の雪隆が、感情を素直に表に出せないところとか、天邪鬼なところとか、素直になれない不器用さがとってもかわいらしくてきゅんきゅんしてしまう。
彼にもそのうちロマンスが訪れそうな気配? で、今からワクワク……!

皆が皆それぞれにとても魅力的で、最初は「んん?」と思わせるキャラクターでも、読んでいるうちに結局は好きになってしまう。
そんな愛されキャラ満載の中で、ハラハラドキドキするようなときめきに浸れることの心地よさ……。
これはぜひたくさんの人に触れてほしい! と純粋に思わせる素敵なお話だった。

そんなわけで、満を持してテレビアニメとして放送されるTL作品「僧侶と交わる色欲の夜に…」。
タイトルからして、口に出すときに「おっと大丈夫?」な気持ちになってしまう本作だけれど、ドキドキもハラハラもキュンキュンも「えええええ!?」も盛りだくさんで、楽しめること間違いなし!

TL初心者もそうでない方も、これを機に、4月2日深夜より放送される強引な僧侶との恋にどっぷりハマってみては?
(文/三崎いさ)
SNSでシェアしよう
関連記事
関連記事はありません。