オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

「セフィロト~時の世界樹~」「薄桜鬼シリーズ」イベント「涼風探訪録」開催中!「緋色の欠片ファンセット」も登場!

「薄桜鬼」、「AMNESIA(アムネシア)」、「DIABOLIK LOVERS」、など「オトメイト」人気ゲームタイトルから300キャラクター以上が参加する女性向けモバイルカードRPG「セフィロト~時の世界樹~」は、8月22日より薄桜鬼シリーズイベント「涼風探訪録」を開催中。
セフィロト~時の世界樹~

【イベント概要】
先の異界でセブンシンズ達の行方を探すも、手がかりを見つける事ができなかったアレッド達。
そこで過去に何度も訪れた事がある「薄桜鬼」の異界へ向かったが、彼らは京の暑さにバテてしまっていた。
しかし、彼らからセブンシンズの幻影が出現しているとの情報を得る。
そこで、彼らと暑い夏を乗り切りながら、セブンシンズ達の幻影を追う事に……。

【イベントの特徴】
異界の彼らからの「お願い」を達成しながら、彼らに「涼」を届けよう。
「お願い」の内容は、「セブンシンズの幻影」の討伐、彼らが暑い夏を乗り切るために欲している物の「収集」、異界の探索など。他にも発生する様々なお願いをこなしていこう。
セフィロト~時の世界樹~

「お願い」を多く達成すればするほど、彼らとの好感度が上昇し、
好感度が「MAX」になると、彼が貴方の特別なパートナーとなり、サポートしてくれるようだ。

セフィロト~時の世界樹~

また、彼らからの「お願い」を10回以上達成していると、セブンシンズの幻影達が集結して挑んでくる緊急ミッションが発生する。

「集結したセブンシンズ達」は非常に強力だが、見事撃退するとミッション達成となり、収集に必要なアイテムや「涼」が大量に手に入るので、一気にランキングを上げるチャンス!

セフィロト~時の世界樹~

【ランキング報酬】
上位に入るほど、強力なパートナーが手に入り豪華な報酬を入手出来る。
イベント内で取得できる「手がかり」でランキング順位は変動。
SR以外にも最大で5種のパートナーが貴方の元へ駆けつけ、次回イベントでも「ボーナスパートナー」として強力な力を発揮する。
また、パートナーだけでなく、順位によって「アイテム」や、パートナーの強化に欠かせない「強化の魂」も報酬としてついてくるので、彼らと共に強くなろう。

また、本イベントに限らず、セフィロトでは新登場パートナーのグラフィックが注目される。
今回は千鶴の周りを彩るちびキャラ姿の彼らが大集合した「薄桜鬼遊戯録(SR)」や、400位までにランクインで「斎藤一(SR)」も入手する事が出来る。

セフィロト~時の世界樹~
薄桜鬼遊戯録 (SR)

セフィロト~時の世界樹~
斎藤一(SR) 

【緋色の欠片ファンセットには勝気なあの先輩が登場!?】
緋色の欠片のパートナーのみが登場するファンセットに、ボイス付き新SSRとして「鴉取真弘CV: 岡野浩介」、新SRには互いに背中を預ける「真弘&拓磨」が登場中だ。
彼らも、紹介した「薄桜鬼」イベントにて「ボーナスパートナー」として貴方をサポートしてくれる。
強力な彼らと共に暑い京の街を探索しよう。

セフィロト~時の世界樹~
鴉取真弘(SSR)

セフィロト~時の世界樹~
緋色の欠片(SR)

※ 「セフィロト」は原作とは異なるストーリー、設定で展開します

【セフィロトとは】
~いくつもの時をかけ、魔神らから世界を護る~
仲間との絆と、1000種類をこえる美麗カードで世界を護る、女性向けカードRPGです。
「薄桜鬼」をはじめ、「AMNESIA」、「DIABOLIK LOVERS」、「緋色の欠片」、「十鬼の絆」、「薄桜鬼 SSL」など女性向け人気ゲームタイトルから300キャラクター以上が参加しております。

現代にいるアナタのもとに現れた”魔神”と、一人の執事(アレッド)
いくつもの異世界にいる強い魂をもったキャラクター(パートナー)と出会い、魔神に侵されようとする世界を護る、宿命の旅が始まります。
パートナー達の成長だけでなく、フレンドとの協力が討伐成功の鍵を握っています。

■セフィロト ~時の世界樹~ 公式サイト
http://www.otomate.jp/sephirot/
■iTunes / App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id643690349?mt=8
■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.winlight.sephi
■dゲーム
http://sephirot.dmkt-sp.jp
■GREE
http://mpf.gree.jp/50578
■オトメイト
http://www.otomate.jp/


(c)IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY (c)IDEA FACTORY (c)Rejet/IDEA FACTORY
SNSでシェアしよう