オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

オタク女子の悩み。友人・知人への「カミングアウト」はするべき?




隠れオタク共通の悩み、それは「カミングアウト」



出典:ぱくたそ


皆さんは自分の趣味をオープンに話していますか?アニメ・オタク趣味というのは現在でこそ一般的に認知されてきた感はありますが、まだまだ言い出せず隠している人がいるのが現状です。


そのような「隠れオタク」が一回は考えたことあるのが、「カミングアウト」


カミングアウトとは、人に知られたくないこと、秘密にしていたことを公言することを指します。置かれている環境や状況にもよりますが、「アニメ・オタク」趣味はまだまだ秘めるべき趣向である雰囲気がありますよね。


でも、正直好きなものを隠すことって、出来ることならやりたくないものです。私も高校生までは他人にバレるのが恥ずかしくてひた隠しにしてました。ラノベは必ず透けないカバーかけて、ばれない様に朝読書の時間に縮こまって読んでいた記憶があります( ^ω^ )


果たして「カミングアウト」はした方が良いのでしょうか?


「カミングアウト」に悩む人々



出典:pixabay


オタクのカミングアウトには結構悩む人も多くいるようで、Twitterにはたくさんの悩める隠れオタクたちが心情を吐露していました。






皆さん、悩んでらっしゃいますね~。


友達へのカミングアウトだけではなく、同僚や恋人、旦那へのカミングアウトも非常に悩みどころですね。「カミングアウト」は愛の告白と同じように「もう、元の関係には戻れない…」みたいなところがありますよね。それならいっそ、と隠し通す人がいるのも気持ちは非常に分かります。


カミングアウトはした方がいいの?



出典:ぱくたそ


ここからは個人的な意見となりますが、「カミングアウト」をすべきか?という問題について私はやっぱり「した方がいい」と思うわけです。


カミングアウトする人やタイミングの見極めは必要かと思いますが、自分もカミングアウトしている(というかいつのまにかオープンになった)人間としては案外言ったところで周囲の状況や人間関係が変わることはない、と実感したんですよね。どちらかというとプラス要素の方が多かったかもしれません。


なんだかんだ今はオタク趣味に寛容


まず、今ってかなりアニメなどがいわゆるパンピー層にも浸透しているので、「私、実は…」とカミングアウトしたところでドン引かれることなんてほとんどないんですよね。


むしろ「へーそうなんだ」という反応で、「へ?」と拍子抜けした感じでもあります(経験談)。案外自分の趣味を許容してくれる人って、多いもんです。




もちろん今でも理解がない人はいますが、昔よりは確実にオタクやオタ活に理解をしてくれる人は増えています。


何より自分が楽になる


好きなものを隠し続けることって、結構苦しいものなんですよね。何気ない会話でも嘘を織り交ぜてしゃべることによくわからない罪悪感を覚えたり…


カミングアウトは、何よりもそんな自分を救うことが出来る行動だと思います。カミングアウトしたことで楽になったという方はかなり多いのではないかと思います。


 




https://twitter.com/yukihanacoro/status/880272119451361280

カミングアウトすることで確かに自分の周りの状況が変わることはあります。ただそれは悪いことだけじゃないです、というより応援してもらえた!仲間が出来た!など良いことの方が多い気がしますよ!


「暴走」はしないようにね!


こういう理由からカミングアウトはした方がいい!というのが私の考えですが、ちょっと注意したいのはカミングアウトしたからと言って「暴走」しない事です。相手に「理解があること」がわかっても、「相手もオタ仲間」である、というわけではありません。


嬉しくてずっとオタク話振ったり布教とかすると引かれちゃうかもしれません(; ・`д・´)


カミングアウト、しちゃう?


いかがでしたでしょうか?オタクである以上、いつかは直面する(かもしれない)問題ですが個人的には「不安になる前にやっちゃった方がいい」と思います。


みなさんはどう思いますか?カミングアウトしちゃってますか?した方が良いと思いますか?


色んな人の意見が気になる、オタラボコラムコーナーのヒロでした!






この記事を書いた人


・ヒロ

・駆け出しWebライターです。大学で始めた居酒屋バイトで、バイト仲間が何故かアニメ好きばかりだったことがきっかけでオタクの道へ。基本的にはオープンです。最近はアマゾンプライムのアニメにお世話になりっぱなしです。




SNSでシェアしよう