オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

続『刀剣乱舞-花丸-』 第三話に登場する新刀剣男士&キャストコメントを公開!

1月21日(日)より放送となる第三話に登場する新刀剣男士・太鼓鐘貞宗(たいこがねさだむね)のキャラクタービジュアルを公開!演じる髙橋孝治さんのコメントが到着しました。
また、第三話のあらすじも公開されました。



●太鼓鐘貞宗(CV:髙橋孝治)
相州貞宗の作で、長く伊達家に在った短刀。
伊達者という言葉が今に残るだけあって、派手好きでお洒落を尊ぶ性質をこの太鼓鐘貞宗も受け継いでいる。
燭台切光忠とは「みっちゃん」「貞ちゃん」と呼び合う仲。

★髙橋孝治 オフィシャルコメント
―演じられるキャラクターの印象と、演じるにあたっての意気込みを教えてください。
「貞ちゃんのキャラクターイラストを初めて見たときは明るくて真っ直ぐでやんちゃそうだなと感じました(笑)花丸でも伊達ゆかりの刀たちを盛り上げるぞー!って思ってます!」

―身の回りで最近あった、『花丸』なことを教えてください。
「3才の甥っ子がいるのですが、ついに僕のことを覚えて、名前を呼んでくれました!それまではこの人誰だろうって顔をしていたのですが(笑)よかったー!!」

第三話 あらすじ
●弥生「絶対負けね―ッ!」

縁側でのんびりとお茶を飲む三日月宗近と小狐丸。そんな二振りへ近づく怪しい影が……。
伊達忠宗に縁のある刀剣『太鼓鐘貞宗』が顕現した。旧知の仲である燭台切光忠・大倶利伽羅との再会を喜ぶ太鼓鐘貞宗。
そんななか、鶴丸国永は最近の本丸には驚きが足りないと悩んでいた。

<公式サイト> touken-hanamaru.jp
<公式Twitter> @touken_hanamaru

(C)2018 Nitroplus・DMM GAMES/続『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
SNSでシェアしよう