オタク女子のためのアニメ・ゲーム・マンガニュースサイト オタラボ

Facebook Twitter RSS

イラストCtoCマーケット「SKIMA」コンペ形式リクエストの新サービスを開始!!~日本でコミッションするなら SKIMA~

2018年2月7日(水)よりデザイン・イラストのオーダーメイドマーケット「SKIMA(スキマ)」(http://skima.jp/)内でコンペ形式のリクエストのサービスが開始!
SKIMAのリクエストは比較的提案が集まりやすく、コンペ形式はイラストの納品までの時間が短縮される為、急なイラストの発注やロゴなどのアイデアが固まっていないときなどにも、ご利用いただけます。

SKIMA

■SKIMAとは
「SKIMA」は個人が自分のデザインやイラストのスキルを発表し、その技術を必要とする人に提供できるイラストのCtoC、CtoBマーケットプレイスです。
お金のやりとりはSKIMAが仲介するため、未払いや未納品などのトラブルを減らし、安心してご利用いただくことができます。コンペ機能や領収書発行機能もあり企業様も安心して取引が可能です。

SKIMA

■リクエスト機能リニューアルに伴って【コンペ形式】のサービスを追加
コンペ形式とは、依頼者が企画内容を先に提示して、クリエイターが企画内容に沿った成果物を作成し提出する方式です。採用された場合に報酬が支払われ、成果物を提出した参加者に対しても報酬が支払われる場合もあります。
プロジェクト形式に比べて成果物を先に提出している為、短期間で成果物を受け取ることが出来ます。
すぐに成果物が必要な場合や、ロゴ等の具体的なアイデアが固まっていない場合は、こちらのコンペ形式がおすすめです。
企業ロゴや企画ロゴ、バナー画像やプレゼン資料などすぐに画像が必要なんだけど、なかなかアイデアが出ない時に是非ともご活用ください!SKIMAのActiveなクリエイター達が答えを出してくれるかもしれません!

■SKIMAを利用して今まで買いづらかったものを買ってる
特に人気のあるスキルは「SNSのアイコンを描きます」というもの。イラストのアイコンはよく見かけますが、「欲しいけど描けない」という方が意外に多くいらっしゃいます。今まではSNSなどを通じてイラストをリクエストする文化がありましたが無償提供が多く、描く側も描いてもらう側もなあなあになりがちでした。SKIMAでは有償リクエスト(コミッション)を前提としているため、クリエイターが対価を得るとともに責任をもって作業できる環境を作っています。
その他にも自分の書いた小説の表紙や挿絵を描いてもらったり、理想のイケメンキャラを描いてもらっている方もいます。最近では企業からの依頼も少しずつ増えてきています。

■SKIMAの今後
日本でコミッション文化を広め、個人がクリエイターに対して気軽に安心してイラストを依頼できる環境を作っていき、コミッションするならSKIMAと言われる存在を目指していきます。
また、イラスト以外のクリエイターの方々にも選ばれるサービスになるように発展を進めていきます。


サービス名:SKIMA(スキマ)
URL:http://skima.jp/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id996833072?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.visualworks.skima
SNSでシェアしよう