『深海のサバイバル!』東大卒クイズ王:伊沢拓司、オペレーター役でアニメ映画の声優に初挑戦!コメントも到着!

「科学漫画サバイバル」シリーズ 映画化第2弾決定!!

『深海のサバイバル!』

東大卒クイズ王:伊沢拓司

オペレーター役でアニメ映画の声優に初挑戦!



『人体のサバイバル!』(2020年公開)に続き、「科学漫画サバイバル」シリーズ映画化第2弾『深海のサバイバル!』8月13日(金)より公開となります。
「科学漫画サバイバル」シリーズは、2008年から朝日新聞出版より75巻が刊行され(2021年7月現在)、国内累計発行部数1,000万部を突破した子どもたちに大人気のシリーズです。




次々と襲いかかってくるピンチに、子どもたちが勇気と知恵で立ち向かっていくストーリーで、生き物、自然、人体、災害、環境問題、AI、宇宙など、科学に関するあらゆるテーマを扱っているのも特長。手に汗にぎる冒険ストーリーを読み進めるうちに、自然と科学や理科の知識が身につく学習漫画として小学生を熱狂させています。

昨年公開された『人体のサバイバル!』に続き、映画化第二弾として、原作シリーズの中で最も累計発行部数が多い「深海のサバイバル」が、待望の映画化です!



オペレーター役、伊沢拓司に決定!コメントも到着





サバイバルシリーズの魅力は、「楽しく学べる」というところが一番ですね。ギャグもシリアスも織り交ぜつつはっきりとした筋書きで進んでいくストーリー。

そんな中で高度な学びが、わかりやすい解説で自然に織り交ぜられている点が魅力です。僕が子供の頃の学習マンガでは出てこなかった単語も沢山入っていますね。

映画の声優は初挑戦でしたが、現場の緊張感に呑まれかけました。山本高広さんと山口竜之介さんとご一緒させていただいたんですが、おふたりの持つ経験にある種ビビりつつ、ある種参考にさせていただいて、なんとか自分の持ち場くらいは守れたかなと思います。

『深海のサバイバル!』の魅力はたとえばクジラの習性だとか、船の動きだとかは、マンガ以上にアニメで見ることでリアルに学ぶことができる要素だと思います。スクリーンせましと動き回るジオくんを見ているうちに、自然と知識が手に入るはず。自由研究のきっかけにもなるかも。学ぼうと言うよりは純粋に楽しもうという気持ちでぜひご覧下さい!


伊沢さんが演じるのは、サバイバルの達人ジオ、ピピ、コン博士が乗っている潜水艇をモニターする海洋調査船のオペレーター。海上でジオたちを見守りながら不測の事態に冷静に対応しようとします。アニメ映画の声優は初挑戦!

 

ストーリー


深海調査のため、潜水艇アンモナイト号に乗り込んだジオ、ピピ、コン博士。水深数千メートルの深海を目指す途中、メタンガスの泡に巻き込まれアンモナイト号が故障。海上のケイと連絡が取れなくなってしまう。さらに巨大なダイオウイカとマッコウクジラが襲い掛かり、ジオがはぐれてしまった!

ピピとコン博士はジオ救出に向かうが、アンモナイト号のエネルギーは残りわずか……。いっぽうジオは、真っ暗な海底で深海生物に取り囲まれていた!

はたして極限状態の深海から無事に戻ることができるのか!?

「僕は絶対、サバイバルしてみせる!!」

 

★作品情報


『深海のサバイバル!』

原作:「科学漫画サバイバル」シリーズ(朝日新聞出版)

監督:入好さとる

脚本:村山功

監修:JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)

制作:東映アニメーション ぎゃろっぷ

・キャスト:ジオ:松田颯水、ピピ:潘めぐみ、ケイ:石田彰

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です