【5/26(水)完成報告会イベントレポート:情報掲載のお願い】劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』ピクサー・ドリームワークスに並ぶ快挙!! アヌシー国際アニメーション映画祭2021 正式招待決定! 明石家さんま、大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹が勢揃い!大竹しのぶとの絶妙な掛け合いで会場は大爆笑の渦!

明石家さんま、大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹が勢揃い!

5年越しの映像化に万感の想い!さんま「120点をあげたい」

大竹しのぶとの絶妙な掛け合いで会場は大爆笑の渦!

劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』完成報告会




明石家さんまが、直木賞作家・西加奈子の小説に惚れ込み企画・プロデュースした劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』は、漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がむすぶ感動のハートフルコメディ。

『ドラえもんのび太の恐竜2006』(06)『海獣の子供』(19)の渡辺歩が監督を務め、アニメーション制作を圧倒的なクオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃が手がける。肉子ちゃんの声を大竹しのぶ、娘・キクコの声をCocomiが務め、人気声優の花江夏樹や下野紘、吉岡里帆、マツコ・デラックスらの声の出演でも話題に!

 

劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』の完成報告会と公式SNSによる生配信が行われ、明石家さんま、大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹、渡辺歩監督がイベントに登壇しました。

西加奈子の同名小説に惚れ込み、5年越しにアニメーション企画を実現したさんまは「このような記者会見の場に出るのが久々なのですが、隣に大竹さんがいらっしゃると言うことは、再婚したほうがいいんですかね?」と冗談交じりに言うと、スタート早々会場は大盛り上がり!

そして、作品が完成したことについて「間違いなく100点と言える作品になっているので、皆さんもぜひ観て頂けると嬉しいです!」と感慨深げ。

いつも全力、底抜けに明るくてパワフルな主人公・肉子ちゃんを演じた大竹しのぶ「本当に良い映画です。西加奈子さんの原作もとても素敵で、完成した作品もすごくあたたかくて、さんまさんってこんなに良い映画を作る人なんだなと思いました(笑)。映画館が再開して、安心して皆さんに観てもらえることを強く強く願っています」

性格も見た目も肉子ちゃんと正反対の娘・キクコを演じ、本作で声優初挑戦となるCocomi「神秘的な美しさもあり、ハートウォーミングな作品になっています。いま落ち込んでいたりする方がいたら観て頂けたら嬉しいです」。

キクコの同級生の少年・二宮を演じた花江夏樹「家族の絆や、肉子ちゃんのパワフルで明るい性格で、力強く背中を押してもらえるような作品になっています!素敵な作品に参加させていただいて光栄に思います」

そして渡辺監督「ついにこの時が来たかという思いですね。完成と同時に終わってしまうのがとても寂しく感じます。本日はどうかよろしくお願いします」と完成した作品への思いをそれぞれ込めながら挨拶をしました。

 

<あらすじ>

食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の船に住む訳あり母娘の秘密が明らかになるとき、二人に、最高の奇跡が訪れる――!

 

6月11日(金)全国ロードショー


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です