アカデミー賞受賞VFXスタジオによる隕石落下シーンを解禁!『グリーンランドー地球最後の2日間ー』

全世界28 カ国初登場No.1 大ヒット!

いまを生きる全ての人々に捧げるリアルディザスターアクション

『グリーンランドー地球最後の2 日間ー』

アカデミー視覚効果賞受賞のVFXスタジオ:PIXOMONDOによる超現実的スペクタクル本編映像を解禁!



 

突如現れた彗星による世界崩壊までの 48 時間を、徹底したリアリティと、最新VFX 映像で描き、全世界28カ国で初登場No.1を記録したリアルディザスターアクション『グリーンランド―地球最後の2日間―』が、6月4日(金)より全国公開されます。

この度、解禁された本編映像には、アカデミー視覚効果賞を受賞したVFXスタジオ:PIXOMONDOによるハイウェイに隕石群が降り注ぐスペクタクルシーンが超リアルな描写に注目です。



今回は、極限状況に追い込まれた人々の姿を描く事に力点をおいたため、スペクタクル描写を、これまでのディザスター映画にあった様なVFX 映像のショーケース的なド派手な映像ではなく、極めて現実的にドラマを盛り上げる背景として描いているのが特徴。

ジェラルド・バトラー演じるごく普通の父親とその家族も、避難所へ急ぐ車中で、降り注ぐ隕石群に遭遇する。渋滞の中を抜け出し、道路からも逸れて、ただ家族を守るために道なき道を逃げるしかない父親と、車中で息子に覆いかぶさり息子を必死に守る母親。

手に汗にぎる緊迫したシーンが描かれたこの本編映像もまだ序章にすぎない。

GREENLAND

48 時間後には、恐竜を絶滅させた巨大隕石が落ち、確実に世界が終わる。この家族が果たして生き残れるのか。結末は映画館で見届けてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です