フィリップ殿下と共に過ごしたエリザベス女王の半生を振り返るドキュメンタリー作品「ザ・クイーン」が日本初放送!

イギリスの女王として世界に知られ、高齢になった今もなおイギリスの君主であり続けるエリザベス2世。

彼女の素顔に迫るドキュメンタリー作品「ザ・クイーン」を全国のケーブルテレビおよびスカパー!などで放送中のドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナル ジオグラフィックで女王の誕生日直前である4月20日(火)夜10:00より日本初放送。

Queen Elizabeth II shakes hands with mourners after Diana, Princess of Wales’ death. September 5, 1997. (Adrian Dennis/AP/REX/Shutterstock)

このドキュメンタリー作品は、イギリス女王として世界に知られるエリザベス2世の半生をこれまで知られてこなかった数々の貴重なインタビューや当時の映像で紹介します。

エリザベス2世は1952年に即位して以来およそ70年。94歳と高齢になった今もなおイギリスのシンボルとして人々を魅了しています。

戦争、経済危機など乗り越えた長い歴史の中でイギリス国内、そして王室で、その時女王は何を感じていたのか。

イギリス史上、最⾧の在位期間を誇る君主の知られざる素顔に迫ります。

 

また、イギリス君主の配偶者として最長となる70年以上をエリザベス2世と共に過ごし、先日99歳でこの世を去ったフィリップ殿下。

2人の結婚生活についても貴重な映像と共に振り返ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です