【チェンソーマン】デンジは死亡する?死亡回数は何回?死にすぎシーンは何話?

現在大人気の「チェンソーマン」の主人公でありながら、死にすぎでかわいそうという声も上がるほど作中で何度も死亡しているデンジ。

そんなデンジについて、以下のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

「デンジって死亡するの?」

「デンジの死亡回数は?」

この記事では、デンジの死亡や死亡回数について詳しく調査してきました!

  • デンジは死亡する?
  • デンジの死亡回数は?
  • デンジの死亡シーンは何巻の何話?

デンジの死亡や死亡回数について気になる方は、是非さいごまでご覧ください!

\ 今すぐ30日間無料体験! /

【30日間無料】DMM TVで「チェンソーマン」を見る

目次

【チェンソーマン】デンジは死亡する?

引用元:「チェンソーマン」公式サイト

結論、現時点でデンジは本当の意味での死亡はしていません。

ではチェンソーマンの1部ラストはどうなるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

もう一度チェンソーマンになりマキマと戦う

マキマの支配に一度心が折れたデンジは、体内のポチタと生き返ったパワーに助けられてなんとか生きながらえます。

パワーは自分の身を犠牲にしてデンジに血を分け与えました。

復活したデンジは岸辺に拾われて、マキマの監視下から逃れるためコベニと共に地下に潜ります。

そこで映っていたテレビにデンジは衝撃をうけます。

チェンソーマンを日本中が賞賛していたのです。

女子高生が「チェンソーマン付き合って!!!」とプラカードを掲げています。

ちやほやされていることに喜び、デンジは自分が本当にしたいことを言い出します。

モテたい、そのためには今絶賛大人気のチェンソーマンにならないといけませんでした。

しかしマキマはデンジを狙っており、再びチェンソーマンになった時はマキマと対峙しないといけません。

こうしてデンジはマキマを倒す決意をします。

マキマに心臓をとられたチェンソーマンはポチタ単体

マキマとの決戦当日、マキマは支配下の武器人間ズ(悪魔)を引き連れ、チェンソーマンと対面します。

世界中がチェンソーマンをキャラクターとして消費しようとしている今、通常なら苦戦しないはずが防戦一方になります。

武器人間ズと相打ちで勝ち、倒れるチェンソーマン。

マキマは自らの血をデンジに分けて1対1の殴り合いを求めます。

ここからはチェンソーマンとマキマ(支配の悪魔)の一騎打ちです。

今まで描写がありませんでしたが、なんとマキマは肉弾戦も強いのでした。

さらに首を落としても、後ろで鎖につながった人柱が犠牲になるので、チェンソーマンは圧倒的不利でした。

殴り合いが続き、ついにマキマはチェンソーマンから心臓を抜き出します。

ポチタの顔がついた心臓に頬釣りし、マキマは勝利を確信します。

完全に油断したその時、なんとデンジがチェンソーでマキマを刺したのです。

実はマキマが最初から戦っていたチェンソーマンは、デンジの心臓から抜き出したポチタ単体だったのです。

心臓を抜き出しても生きているデンジ・・・無敵ではと思えますが、「危なかった」と言っているので必ずしもできる芸当ではないのかもしれないですね。

デンジはパワーの血の力でポチタなしの体を維持していた

では、心臓のポチタがいない体を少しの間どうやって維持していたのでしょうか。

実はパワーから分けてもらっていた血で動いていたのです。

さらにマキマを刺したチェンソーもパワーの血でできた物でした。

それによってマキマの体内でパワーの血が暴れて、マキマの超再生が追いつかないのでした。

アニメ第一期では悪魔らしくクズだけど、憎めない可愛いところが多かったですが、最後にデンジのために体を無くしても活躍してくれます。

ちなみにパワーの血でできたチェンソーにはパワーの角のようなマークがついています。

パワーとデンジが一緒にマキマを倒したのです。

デンジがマキマを倒しポチタを取り返す

マキマを倒してデンジは心臓を元に戻します。

パワーの血が暴れていますが、それでもまだマキマは死にません。

そもそもなぜマキマはデンジの存在に気づかなかったのでしょうか。

実はマキマは匂いで判断していたため、自身が興味をもってたチェンソーマンの匂いだけを覚えていました。

デンジのことは最初から視界にすら入ってません。

デンジはマキマが自分のことにはなんの興味も持ってくれてないことに賭けました。

そして悲しくも当たってしまったのです。

マキマを生姜焼きにして食べる

マキマを殺すことはできません。

内閣総理大臣との契約で、マキマが負った傷や死はすべて日本国民全員が負うことになっています。

マキマの不死は当然想定内なので、デンジは岸辺に頼みとある秘策を実行します。

秘策とは、マキマを食べることでした。

散々な目に合ったにも関わらずデンジはまだマキマを愛しており、攻撃するつもりは最初からありませんでした。

マキマへの愛故に食べて、マキマと1つになりたかったのです。

こうして出来上がったのがマキマ生姜焼き定食です。

生姜焼き定食以外にもバリエーション豊かなマキマの料理があり、一口一口マキマを感じながら食べていきます。

そして、支配の悪魔は食べたことを攻撃とみなさず、マキマは復活しませんでした。

最後はデンジの愛が勝ったのです。

マキマの生姜焼き定食について詳しくはこちら

\ 今すぐ30日間無料体験! /

【30日間無料】DMM TVで「チェンソーマン」を見る

【チェンソーマン】デンジの死亡回数は?

引用元:「チェンソーマン」公式サイト

作中で何回も死亡するデンジですが、一体死亡回数は何回なのでしょうか?

結論:デンジが死亡回数は正確には分かりませんが、最低でも3回は明確に死んだと思われるシーンがあります。

デンジの死亡シーンについて詳しくみていきましょう。

ヤクザと契約したゾンビの悪魔により1話で死亡

1巻第1話目にて、ヤクザと契約したゾンビの悪魔に刃物で串刺しにされました。

この時はまだポチタと契約しておらず、チェンソーマンにもなれなかったので人間のまま刺され死亡しました。

この後ポチタと契約をするので、チェンソーマンの始まりとも言える大事なシーンですね。

岸辺の修行で何度も死亡

4巻第30話で修行のために岸辺に何度も殺されます。

ホテルでの事件、サムライソード、デンジを狙う刺客が次々とやってきます。

そこで、4課を鍛えようとマキマが岸辺にデンジとパワーを鍛え上げてほしいと依頼をしたのです。

最強のデビルハンターである岸辺を倒せる=最強の悪魔ということで、岸辺を倒せるようになるまでデンジとパワーはひたすら返り討ちに合うのでした。

コベニカーにひかれて死亡

7巻第57話にて、パワーが運転したコベニの車(コベニカー)に轢かれて死にました。

しかし、数ページ後には生き返って痛がってます。

なお、この時一緒に轢かれた黒瀬は実はアメリカから来た刺客が化けていた偽物でした。

轢かれて死亡したことによって、契約していた皮の悪魔の力が切れてバレてしまいます。

結果として敵の正体に近づくきっかけになったのでした。

ちなみに車はコベニがお給料で買ったものでした・・・かわいそうに。

\ 今すぐ30日間無料体験! /

【30日間無料】DMM TVで「チェンソーマン」を見る

【チェンソーマン】デンジの死亡シーンは何巻の何話?

引用元:コミックシーモア

作中で描かれているデンジの死亡シーンは以下の話で登場しています。

ゾンビの悪魔により死亡したのは1巻第1話

岸辺の修行により死亡したのは4巻第30話

コベニカーで死亡したのは7巻第57話

特にコベニカーによる死亡シーンは理不尽さとコベニ、パワーの顔が面白いのでぜひ読んでみて下さい。

チェンソーマンをコミックシーモアで無料試し読み

コミックシーモアなら無料で漫画「チェンソーマン」が試し読みできる!

漫画「チェンソーマン」を無料試し読み

【チェンソーマン】デンジの現在は?

引用元:「チェンソーマン」公式サイト

マキマとの死闘を経て、第一部では生き延びたデンジ。

現在はどうなっているのでしょうか?

第二部では高校生

第二部では高校生になって学校に通ってます。

なお、現時点ではデンジの死亡シーンは描かれていません。

第一部でのマキマからの支配からの脱却、パワーやアキと一緒にいた日々が教訓となって成長したデンジがみれるのでぜひ見てみてください。

\ 今すぐ30日間無料体験! /

【30日間無料】DMM TVで「チェンソーマン」を見る

【チェンソーマン】デンジの死亡まとめ

引用元:「チェンソーマン」公式サイト

今回はデンジが死亡するのかどうか、チェンソーマンのラストを紹介しながら解説しました。

結論、デンジは何度も死亡していますが本当の意味で死亡はしておらず、現在も生きています。

アニメをみてチェンソーマンのラストが気になった方も多いのではないでしょうか。

デンジはやはり主人公ということで物語から退場はしなかったものの、何度も死亡シーンがありました。

悪魔なので多少のことでは死なないと思いながらもハラハラしますよね。

現在連載中の第二部でもデンジの命がけの戦いが見れる時が来るかもしれません。

今後の展開からも目が離せません。

\ 今すぐ30日間無料体験! /

【30日間無料】DMM TVで「チェンソーマン」を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次