【呪術廻戦】禪院真希はなぜ覚醒した?伏黒甚爾に匹敵する強さ?

とうとう禪院真希(ぜんいんまき)が覚醒しましたね。

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)をほうふつとさせる、その力は圧巻でした。

実の父親である禪院扇(ぜんいんおうぎ)との死闘の末、覚醒した禪院真希。

覚醒によりとてつもない力を手に入れましたが、その背景には

・双子の妹にあたる禪院真依(ぜんいんまい)との関係性
・天与呪縛(てんよじゅばく)によるフィジカルギフテッド

が関係しています。

この記事ではなぜ覚醒したのか、そして覚醒後の強さについて解説していこうと思います。

目次

【呪術廻戦】禪院真希とは?天与呪縛で呪力がないって本当?

引用元:TVアニメ『呪術廻戦』公式Twitter

所属 呪術高専東京校2年
階級 4級呪術師
術式 なし
CV 小松未可子

禪院真希とは、本作の主人公である虎杖悠二(いたどりゆうじ)と同じ都立呪術高専に通う生徒です。
虎杖悠二とは1つ上の先輩にあたり、2年生になります。

同じ2年生には
・乙骨憂太(おっこつゆうた)
・狗巻棘(いぬまきとげ)
・パンダ
がいます。

ちなみに、妹の禪院真依は京都校に在籍しています。

男まさりで強気な発言が多いが、仲間思いな性格である真希を好きな読者も多いのではないでしょうか。

そんな真希ですが天与呪縛の影響で呪力が一般人なみしかありません。

しかし、その代わりに身体能力がずば抜けて高いのが特徴です。

禪院真希について詳しくみていきましょう。

禅院家出身の4級術師

真希の実力は2級呪術師に匹敵するといわれながらも4級呪術師のままです。
その原因とされているのが、禪院家からの嫌がらせです。

禪院家とは呪術界での御三家の一つで、その他に
・五条家(ごじょうけ)
・加茂家(かもけ)
があります。

真希はその御三家の一つである禪院家の出身でありながら、呪力を持って生まれてきませんでした。

それどころか、眼鏡がないと呪霊を視認できないほどです。

それにより呪力主義のエリート集団である禪院家からは落ちこぼれといわれ蔑まれて生きてきました。

禪院家ではそもそも女の立場がかなり低いとされているようです。

そのことから、真希や真依はかなり肩身の狭い思いをしていたようです。

天与呪縛で呪力がない代わりに身体能力がズバ抜けて高い

真希は天与呪縛によって人並はずれた身体能力を有しています。
天与呪縛とは、その名の通り「天から与えられた呪縛」です。

生まれながら強大な力を得ることができる代わりに、なにかを犠牲にする縛りのことです。

ある漫画では、
・等価交換
・制約と誓約(せいやくとせいやく)
みたいなものでしょうか。

真希の場合は、呪力をほとんど持たずに生まれてきたかわりに、人なみはずれた身体能力「フィジカルギフテッド」を得ることができました。

【呪術廻戦】禪院真希はなぜ覚醒した?双子が呪術師にとって凶兆な理由が判明

引用元:TVアニメ『呪術廻戦』公式Twitter

ここからは、本記事の重要部分である真希が覚醒した理由、双子の妹にあたる真依との関係性について深掘りしていきたいと思います。

まず、事の発端は禪院家当主だった禪院直毘人(ぜんいんなおびと)が渋谷事変の戦いによって死亡したことからはじまります。

その後、伏黒恵(ふしぐろめぐみ)が次期当主となり、納得のいかない禪院家。

(伏黒恵とは、本作の主人公である虎杖悠仁と同じ都立呪術高専に通う同級生で甚爾の息子にあたります。)

そのため、伏黒恵を殺害する理由として「五条悟解放を企てた謀反者」とし、
・伏黒恵
・禪院真希
・禪院真依
以上3名を誅殺することに決めました。

真希・真依も同時に殺害する理由として、禪院直哉(ぜんいんなおや)が『実の娘も殺した方が信憑生が増すもんなあ』と発言してます。

しかも、その計画の発案者が実の父、扇であることが判明しました。

死滅回遊(しめつかいゆう)参加に向け、呪具を手に入れるべく禪院家の忌庫(きこ)に向かった真希を待ち構えていたのは瀕死状態の真依と実の父である扇でした。

そして、扇との戦いに敗れ瀕死の状態になった真希に真依が口づけをし2人だけの精神世界へと入ります。

一卵性双生児は呪術では同一人物としてみなされる

呪術界において一卵性双生児は同一人物とみなされます。
そのため、真希はいつまでたっても半端者。

原因は、

・真希が血ヘドを吐いて努力して強くなりたいと願ったとしても、真依が強くなることを望まない。
・真希が術式を所持していなくとも真依が所持していたら意味がない。

だから、呪術師にとって利害が一致しない双子は凶兆とされています。

禪院真依の死亡により天与呪縛のフィジカルギフテッドが覚醒

精神世界で真依は『あの人(扇)に切られた傷もあるし、これ作ったら私死ぬから』と発言。

最後に、呪力もなにもかも持っていくから『全部壊して』と約束を交わし、剣を真希にたくして真依は息絶えました。

そして、真依が死んだことにより覚醒した真希。

フィジカルギフテッドが完全なものとなり、先の扇との戦いでは手も足も出なかったが、その扇を瞬殺するほどの力を得ることができました。

【呪術廻戦】覚醒した禪院真希の強さは?伏黒甚爾に匹敵する?

引用元:TVアニメ『呪術廻戦』公式Twitter

さて、とうとう真依の死によって覚醒した真希ですが、実際その力はどれほどのものなのでしょうか?

実際に甚爾と姿がかぶっている描写も本作では描かれていましたが、覚醒した真希の実力は同じく天与呪縛でフィジカルギフテッドを所持し、「天与の暴君」とも称された甚爾に匹敵するのでしょうか?

たった一人で禅院家を壊滅

真依の死により覚醒し、フィジカルギフテッドが完全なるものとなった真希。
禪院扇を瞬殺し、真依との約束「全部を壊す」ために動きだします。

扇を瞬殺したあと、術式を持たない禪院家男児によって構成される躯倶留隊(くくるたい)(真希も都立呪術高専の入学前まで在籍していた)も一瞬で倒してしまいます。

さらに、「炳」とよばれる高専資格条件で準1級以上の実力を認められた者たちで構成される禪院家最強の術師集団に在籍している
・禪院長寿郎(ぜんいんちょうじゅろう)
・禪院蘭太(ぜんいんらんた)
・禪院甚一(ぜんいんじんいち)
もいとも簡単に倒し殺害してしまいました。

そして「炳」筆頭である禪院直哉も、多少苦戦はしたものの投射呪法(とうしゃじゅほう)のカラクリを見抜きワンパンで倒してしまいました。

真依との約束、禪院家の「全部を壊す」を果たしたのです。

フィジカルギフテッド覚醒で伏黒甚爾に重なる強さ

真希は覚醒し完全なフィジカルギフテッドを手に入れましたが、その強さは「天与の暴君」と称された甚爾にも匹敵する実力ではないかと推測されます。

性格も、禪院直也が『人の心とかないんか?』と発言しているとおり、甚爾と重なる冷酷なものとなってしまったように感じます。

真希も直哉の問いに『あいつが持ってっちまったからな』と返しています。

禪院家壊滅後の現場には残穢(ざんえ)は確認できず、遺体の傷口から凶器の呪具のものとみられる呪力だけがかすかに検出されました。

このことから、真希は甚爾と同じように呪力を一切持っていないことが分かります。

なので、天与呪縛の縛りの条件に関しては甚爾と同じ条件で、手に入れたフィジカルギフテッドの能力に関しても同じポテンシャルがあるのではないかと推測されます。

1つ差があるとすれば、それは経験の差ではないかと考えられます。

甚爾は昔、あの五条悟を瀕死にまで追い込んだ戦略と勝負の駆け引きができますが、真希には実の父である扇との覚醒前の戦いでもわかるように、少し読みが甘いところがあるからです。

覚醒した禪院真希の強さは1級のトップレベル

覚醒した真希には1級呪術師以上の実力があることは今までの解説を見ていただけたらお分かりになると思います。

実際に禪院家を壊滅した時に特別1級呪術師である
・禪院扇
・禪院甚一
・禪院直哉
を難なく倒していることが証拠です。

しかも、覚醒前に禪院扇に顔と脇腹を切られており負傷していたので、万全の状態ならさらに高い実力を発揮できるのではないでしょうか。

【呪術廻戦】禪院真希の覚醒まとめ

引用元:TVアニメ『呪術廻戦』公式Twitter

ここまで真希の覚醒について解説していきました。
覚醒した真希の力は、「天与の暴君」と称された伏黒甚爾にも届きうる実力があることが判明しました。

まさか、ここまで強くなってしまうとは読者の方も予想していなかったのではないでしょうか。

この先、経験をつければさらに実力を伸ばし甚爾をもこえる力で活躍して行くはずです。

覚醒と引き換えに、大事な双子の妹、真依を失ってしまったのは悲しい出来事でしたね。

それと同時に、禪院家の人たちの人でなしっぷりには怒りを抱いた読者の方もいたのではないでしょうか。

しかし、真依の死によって完全なフィジカルギフテッドの覚醒を果たした真希が今後の物語を大きく変えて行くようなそんな存在になるはずです。

この先の、真希の活躍に期待していきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる