『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』中村悠一と神尾晋一郎演じる“最強の敵”ダリアとダブズへメリオダスとゼルドリス、〈七つの大罪〉らが挑む最後の戦いの幕開け【本編映像】解禁‼

『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

本日7月2日(金)より公開!

中村悠一神尾晋一郎演じる“最強の敵”ダリアダブズ

メリオダス&ゼルドリス、〈七つの大罪〉らが挑む、最後の戦いの幕開け【本編映像】解禁‼



本編映像(ダリア&ダブズ編)
■YouTube:https://youtu.be/nQwYNUOgTcc


先日、最終章となるTVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」の放送が最終回を迎え、ついに“その先”を描く原作者・鈴木央が描き下ろしの『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』本日7月2日(金)より公開中です。



このほど解禁となる映像は、最後の戦いの幕開けとなる二代目妖精王ダリアと巨人の名工ダブズの登場シーン。
彼らによって壊滅状態の魔界へ戻ってきたメリオダスとゼルドリスたちは変わり果てた魔界の景色に愕然とする。

「ようこそ、我らが新天地へ。破壊者メリオダス。」、「そして招かれざる客人ども。」と強烈な一言と共に現れたのは、鮮やかで大きい羽根を広げた筋骨たくましいダリアと、怪鳥に乗った妖しいダブズ。魔界だけでなく、地上も壊滅状態となっていると明かされ、その圧倒的な破壊力を目の当たりにする…。

メリオダスとゼルドリス、そして〈七つの大罪〉らが“最強の敵”へ挑む最後の戦いの火蓋が切られる瞬間を収めた、大迫力のバトル展開に期待高まる本編映像です。





本作の新たな強敵であるダリアとダブズについて、「まったく聞き慣れない新キャラクターを急に出すよりは、原作で描けなかった、かつ絶対に強いであろうというダリア、ダブズを出しました。」と登場した経緯を明かす原作者・鈴木央

シリーズの集大成である本作ならではの原作者だからこそ描ける“オリジナルストーリー”だと改めて感じることができる。また、TVアニメのシリーズ構成も務める脚本の池田臨太郎は、「ダリアは妖精族なのにムキムキでなおかつ筋骨隆々、ダブズは巨人族のなかでは小柄で細身、寡黙な名工というキャラクター。先生は、あえて容姿やキャラにひねりを加えているんだろうなと感じたので、2人の対比がより引き立つように、セリフなどで少しキャラを強くしました。」と語り、鈴木先生のキャラクターイメージを崩さずにそれぞれの個性を際立たせている。

そして、今回新たに加わったキャストの中村悠一神尾晋一郎の声により、より一層その強烈さを与え、見事にインパクトのある“強敵”として完成した。



メリオダスとゼルドリス、そして再び集結する〈七つの大罪〉らは、壊滅状態となった魔界と地上を救うことができるのか…ぜひ大きなスクリーンで大迫力の“最後の戦い”を見届けてほしい!

 

また、劇場版公開を記念して、週刊少年マガジン編集部公式アプリ「マガポケ」にて、7月2日~7月31日の期間限定で24巻分が無料で読めるキャンペーンを実施中!(※チケット対象話を含む)ぜひ劇場版とあわせて楽しんでほしい。

◆詳細はこちら⇒ https://magapocke.jp/special/2107_muryo_nanatunotaizai/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です