映画『漁港の肉子ちゃん』アヌシーにつづき、世界三大アニメーション映画祭 《オタワ国際アニメーション映画祭》 長編コンペティション部門での上映が決定!

 明石家さんま(企画・プロデュース)×西加奈子(原作)×STUDIO4℃(アニメーション制作)が夢のタッグ!

『漁港の肉子ちゃんアヌシーにつづき、世界三大アニメーション映画祭

《オタワ国際アニメーション映画祭》長編コンペティション部門での上映が決定!



この度本作が、アヌシー、ザグレブと並び世界三大アニメーション映画祭であるカナダ《オタワ国際アニメーション映画祭》の「長編コンペティション部門」で上映されることが決定!日本からの長編作品は「漁港の肉子ちゃん」のみの選出となりました。

今年45回目を迎える同映画祭の歴史は1976年にはじまり、北米最大かつ最古のアニメーション映画祭としてアヌシー、ザグレブと並び世界三大アニメーション映画祭の1つとして知られています。9月22日〜10月3日(現地日程)でオンラインにて開催され、今年2021年の応募本数は世界104カ国から2528本もの作品が集まり、そのうち107本が長短編のコンペティション部門に選出されています。昨年もオンラインで開催され、46カ国から4万6千人の参加がありました。

オタワ国際アニメーション映画祭選考委員のテッシュ・チャンバーズ(Tish Chambers)は、「力いっぱいの笑いと涙で胸が一杯になる物語「漁港の肉子ちゃん」は家族の在り方には様々な形と大きさがあることを教えてくれます。そしてオタワ国際アニメーション映画祭のコンペ部門に“厚み(=奥深さ)”をもたらします。」とコメントを寄せ、本作が映画祭で上映されることを歓迎しました。

2019年には、岩井澤健治監督の『音楽』(19)が同部門で、グランプリを獲得。2017年に湯浅政明監督が、『夜は短し歩けよ乙女』(17)で日本人初の同部門グランプリに輝いています。

フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭でも大好評を博し、カナダ・ファンタジア国際映画祭のオフィシャル・コンペティションでも正式招待されている本作。本映画祭の受賞結果は、10月1日(日本10月2日)に予定されています。

日本国内でもアニメ作品として口コミが広がり、全国でロングランを続けている。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密が巻き起こす感動のハートフルコメディ『漁港の肉子ちゃん』は、絶賛公開中!!

 


<あらすじ>

食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の船に住む訳あり母娘の秘密が明らかになるとき、二人に、最高の奇跡が訪れる――!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です