映画『漁港の肉子ちゃん』追加ボイスキャスト発表!吉岡里帆、マツコ・デラックスも参加! 一般オーディションから選出された14歳の新人も!



明石家さんまが、直木賞作家・西加奈子の小説を元に企画・プロデュースする劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』は、漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密が紡ぐ感動のハートフルコメディ。

アニメーション制作を圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃が手がける。肉子ちゃん役を大竹しのぶ、娘・キクコ役をCocomiが務め、人気声優の花江夏樹や下野紘の出演でも話題の本作の追加キャストが決定!

 

若かりし肉子ちゃんの親友”みう”役のボイスキャストに女優の吉岡里帆、霊媒師ダリシア役に、マツコ・デラックスの参加が決定!!


吉岡里帆が声を務めるのは、若かりし肉子ちゃんの親友”みう”。肉子とキクコの親子関係の秘密を握る重要な役どころ。

また、肉子ちゃんが働く漁港に1軒ある焼肉屋「うおがし」の店内のテレビで放送される番組内の人気コーナー「驚異の霊媒師ダリシア、霊視スペシャル!」の霊媒師ダリシアの声を、マツコ・デラックスが務めることも明らかに!

また、肉子ちゃんが働く焼き肉屋の大将で、肉子ちゃんとキクコを家族のように見守るサッサン役には映画『アウトレイジ 最終章』の中村育二。

この他、ドラマ「相棒」シリーズやドラマ「半沢直樹」の山西惇。「半沢直樹」や大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の八十田勇一などベテラン俳優陣が参加している!

 

一般公募された肉子の娘キクコの友達・マリアのボイスキャストにオーディションを勝ち抜いた14歳の新人・石井いづみが務めることが決定!!


「コロナ禍で日本を元気にしてくれた男」の第1位(日刊SPA!2021年1月16日 調べ)に選ばれた明石家さんまから贈るスペシャル企画として開催された本オーディション。

応募者は2週間の応募期間で1673通に上り、年齢は7歳〜64歳からプロ・アマ幅広い層から応募された。その中で最終オーディションに残ったのは14歳〜27歳の10名。

最終審査は、明石家さんまと渡辺歩監督立ち会いのもと行われ、今回、最年少14歳の石井いづみが見事マリア役のボイスキャストに選出。

声優になりたいという夢を抱いて本オーディションに応募したという石井は、本作で念願の声優デビューを飾る!

さらに、マリア役の選からは外れたがオーディション参加者の中からさらに、本村玲奈(アクロスエンタテインメント)、植野瑚子(東俳)、原口紗綾(新人)の3名が、役で本作に参加することも決まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です