漫画「実は私が本物だった」をピッコマでお得に読む方法を徹底調査!

漫画「実は私が本物だった」を無料で読みたい!とお探しではありませんか?

気になるあらすじや見どころ、実際に読んでみた方の感想などをご紹介!

今回は、そんな方のために「実は私が本物だった」を無料で読める方法はないのか電子書籍サイトやアプリまで徹底調査してみました!

それでは、見ていきましょう!

目次

漫画「実は私が本物だった」を読めるサイトと価格を調査した結果!

各電子書籍サイトを独自調査してみたところ、「実は私が本物だった」はほとんど全話無料で読めることが分かりました!

まずは各漫画サイトの配信状況についての調査結果です。

各電子書籍サイトの配信状況

電子書籍サイト 配信状況 特徴

ピッコマ
独占配信中
68話まで配信中

\ 待てば無料で読める /

コミックシーモア
・新規会員登録で70%OFF
公式サイトへ

Booklive!
・新規会員登録で300円OFF
公式サイトへ

DLsite
・新規会員登録で300円OFF
公式サイトへ

Amebaマンガ
・会員登録で100冊40%OFF
公式サイトへ

まんが王国
・会員登録で100冊40%OFF
公式サイトへ

U-NEXT
・無料トライアルで600Pt還元
公式サイトへ

ebookjapan
・PayPay支払いで最大22%還元
公式サイトへ

Com!cFesta
・メルマガ登録で毎週ポイント獲得!
公式サイトへ

配信状況を調査した結果、「実は私が本物だった」はピッコマで独占配信されている作品であることが分かりました。

ピッコマでは6/16時点で68話まで配信されており、毎週土曜日に更新されています。

土曜日更新ですが、5週更新後に1週休載という形になっています。

では、「実は私が本物だった」を無料で読むにはどうしたらよいのでしょうか?

続いてピッコマで「実は私が本物だった」を無料で読む方法を見ていきましょう!

おすすめの広告漫画 3選
【仕事ができない榊くんは夜だけ有能】


・社内恋愛/オフィスラブ
・イケメンからの溺愛
【203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。】


・甘顔のドS狂愛者
・優しい隣人の調教
【むっつり赤ずきんくんからは逃げられない】


・ファンタジー/異世界
・イケメンからの執着責め

漫画「実は私が本物だった」を読むならピッコマ!

調査してみた結果、「実は私が本物だった」をほとんど無料で読めるのはピッコマのみということが分かりました!

これは、23時間待つと次の話が読める「待てば ¥0」というサービスや、お得に貰えるポイントを利用することで、「実は私が本物だった」を手ごろな価格で読むことができます。

では、こんなにお得に読めるピッコマとはどんなサイトなのでしょうか?

簡単に見ていきましょう!

漫画「実は私が本物だった」のお得な読み方

それでは、実際に「実は私が本物だった」を読む場合、一番お得に読める方法をご紹介します。

まずは分かりやすく表にまとめてみました。

1~3話 いつでも無料
4~65話 「待てば ¥0」で読む
66~68話 1話につき67ポイントで読む
これから配信の最新話 同上

基本的にピッコマでは1~3話までいつでも無料で配信されています。

「実は私が本物だった」も同様に1~3話は無料で読むことができ、さらに会員登録をしなくても読むことができるので、作品の雰囲気や絵柄の感じを見ることができます。

続いて4~65話までは先ほど簡単にご紹介した「待てば ¥0」のサービスを使うことで、「実は私が本物だった」を無料で読むことができます。

4話から先を読むためには会員登録が必要になるので、無料の会員登録をすることをおすすめします。

それでは、こんなにお得に読むことができるピッコマとはどんなサイトなのでしょうか?

詳しくサイトについて見ていきましょう!

漫画がお得に読めるピッコマってどんなサイト?

引用:ピッコマ

ピッコマはカカオジャパンが運営しているマンガ配信アプリで、人気マンガやSMARTOON、ライトノベル、オリジナルマンガと幅広いラインナップを誇っています。

ピッコマの大きな特徴は以下の3つになります。

  1. 「待てば ¥0」作品が豊富
  2. お得なキャンペーンを毎日実施
  3. SMARTOON作品

これから簡単にそれぞれの特徴をご紹介します。

「待てば ¥0」作品が豊富

ピッコマの最大の特徴といえば「待てば ¥0」のサービスです。

「待てば ¥0」は、23時間待つと次の話が読めるサービスで、ピッコマが無料で漫画を楽しめる理由はこのサービスがあるからだといえます。

そしてこのサービスを使うことで、「実は私が本物だった」もほとんど無料で楽しめるんです。

お得なキャンペーンが盛りだくさん!

ただでさえお得なピッコマですが、無料でポイントをもらえるイベントや割引キャンペーンもたくさん開催されています。

これらのキャンペーンを上手に利用すれば、どんどんお得にマンガを読むことができますよ!

ピッコマと言えば「SMARTOON」

特にピッコマで人気なのがSMARTOON作品です。

SMARTOONとはSMART(スマートデバイス)とCARTOON(マンガ・アニメ)の合成語で、スマートフォンに最適化された新しいマンガコンテンツになります。

SMARTOONはフルカラー・縦スクロールが特徴のマンガで、ピッコマで独占配信されている作品が多数ある印象を受けました。

「実は私が本物だった」以外にも人気の作品が沢山ありますので、是非チェックしてみてくださいね!

漫画「実は私が本物だった」の作品概要

作品名 実は私が本物だった
作者 yuun
March
出版社 Kakao Entertainment Corp.
SMARTOON
ジャンル 恋愛
配信話 68
読み方 縦読み
フルカラー あり
いいね数 18,809,804
引用:ピッコマ

簡単なあらすじ

実の父に認められたくて必死に頑張ってきたキイラ。幼いころから必死に父の関心を引くため、あらゆる面で頑張ってきたが父は一向に振り向いてくれなかった。それから18年後、キイラの前に現れたのは前大公妃の娘、コゼット。

父によく似た金の髪と赤い瞳。彼女は父の実の娘だと名乗り、使用人たちとも仲良くなっていく。そして、ついにコゼットが父の娘であることを表す事態が発生してしまい――。

引用:ピッコマ

「実は私が本物だった」見どころ

「実は私が本物だった」は、恋愛漫画です。1話から処刑シーンが入ってきて、かなり重たい雰囲気ですが、徐々に過去を遡りつつ、キイラが新たな第2の人生を歩む物語です。

コゼットの愛らしさに最初は騙されそうになりますね。確かに昔からいるキイラと後から来たコゼットでは使用人たちの態度も違うのもわかりますね。キイラがぶっきらぼうな反面、コゼットの優しさに誰もが信頼を寄せていく気持ちは納得しちゃいますね。

コゼットの裏の顔はキイラしか知らないっていうのがまた……キイラには幸せになってほしいですね!

第2の人生を歩く物語でもありますので、次の人生でコゼットが羨むいい人生を送ってほしいですね。お父さんとの確執も次の人生ではなくなってほしいですね。

「実は私が本物だった」同じ作者の作品、または同掲載の漫画

同じ作家さんの別作品はないようです。

同じ掲載雑誌からいくつかご紹介します。

「かりそめの侯爵夫人」「悪女は今日も楽しい」「家族ごっこはもう辞めます」などがあります。

どの作品もタテヨミ、フルカラーで描かれていますので読み応えは抜群ですよ!

他にも色々と面白い作品がありますので、ぜひご自身の好みの作品をチェックしてみてください。

是非チェックしてみてください!

SNSでの評判は?

ここでは、「実は私が本物だった」のSNSでの評判をご紹介します。

それでは見ていきましょう!

「実は私が本物だった」をお得に読むことが出来る方法まとめ

いかがだったでしょうか?

調査してみた結果、「実は私が本物だった」は、ピッコマの「待てば¥0」を使うと無料でほとんど全話読めることが分かりました!

ピッコマには「待てば¥0」で読める話題作が「実は私が本物だった」以外にもたくさんあるので、会員登録して損はないですよ。

毎週土曜日更新で、5週更新後に1週休載ということは覚えておいてくださいね。

キイラの人生はどうなってしまうのか、第2の人生はどのように彩られていくのか必見ですよ。

まだまだ先が気になる「実は私が本物だった」をお得に楽しんじゃいましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次