MANGA11は閉鎖したの?後継サイトやおすすめサイトを徹底解説!

「MANGA11が使えなくなって困ってる!」「お得に漫画を読めるサイトを知りたい!」

上記のように考えている方は、多いのではないでしょうか。

今回そのような方のために、MANGA11の運営状況やMANGA11の代わりになるサイトを説明していきます。

また、違法漫画サイト利用の危険性も詳しく解説していきます。

この記事を読めば、以下の点がわかります。

・MANGA11の閉鎖理由
・MANGA11とはどのようなサイトだったのか?
・MANGA11の後継サイトとは?
・違法漫画サイトの危険性
・MANGA11の代わりになる正規おすすめサイト

それぞれ見ていきましょう。

目次

MANGA11(漫画11)は閉鎖した?理由を徹底調査!

MANGA11自体は閉鎖されています。

しかし、違法漫画サイトの取り締まりを逃れるために似たようなサイト(クローンサイト)を作成した後に閉鎖をしています。

MANGA11のクローンサイトはいくつも確認されていますが、閉鎖しているサイトが大半です。

現在も運営されているサイトは、Mikarawというサイトのみとなっています。

他のクローンサイトが全て閉鎖されている状況からみると、Mikarawも近く閉鎖となる可能性が高いでしょう。

MANGA11(漫画11)とはどんなサイト?

MANGA11は、非常に悪質な違法漫画サイトです。

しかし、人気が高い少年漫画や青年漫画など幅広い作品数を揃えていたため、多数の利用者がいたようです。

MANGA11は、どのようなサイトか詳しくみていきましょう。

 

MANGA11は違法漫画サイト!

繰り返しになりますが、MANGA11は違法漫画サイトです。

違法漫画サイトを利用すると、法に触れてしまったり、個人情報が漏洩してしまったりと非常に危険です。

実例として、違法漫画サイトを利用して携帯のカレンダーが乗っ取られたといった被害も見受けられます。

また、違法漫画サイトと知らずに利用していた場合でも処罰の対象となります。利用するだけで人生が左右されるトラブルに巻き込まれる可能性があります。

漫画が無料で読めるのは魅力ですが、MANGA11に限らず違法漫画サイトを絶対に利用してはいけません。

 

MANGA11の後継サイトはMikaraw?

MANGA11の後継サイトは以下の5つと言われています。

・Mikaraw
・Hakaraw
・Mangahami(漫画ハミ)
・Hamiraw
・Komiraw

上記のクローンサイトの中で、現在も運営されている違法漫画サイトは、Mikarawだけです。

他の違法漫画サイトは、全て閉鎖されており検索するとMikarawにアクセスされます。

しかしMikarawもエラーページが表示されたり、接続が悪くなったりとサーバーが不安定な状況です。

そのため今後、Mikarawも新しいクローンサイトに移行する可能性があるでしょう。

もちろん、現在閲覧可能なMikarawもMANGA11と同様違法漫画サイトです。

先程説明の通り、リスクが伴うので利用は控えましょう。

MANGA11のURLは?

現状漫画11と検索するとMikarawのサイトにヒットします。

そのため漫画11独自のサイトURLは存在しません。

違法漫画サイトのクローンサイトが作られることは、珍しい話ではありません。

有名違法漫画サイトの漫画rawも閉鎖に追い込まれた後、Mangaproとして復活している事例があります。

違法漫画サイトは閉鎖してはクローンサイトを作り復活するといった、いたちごっこを繰り返している特徴があります。

MANGA11(漫画11)の口コミや評判を調査!

MANGA11の口コミをSNSや知恵袋で調査したところ、多くの意見が見られました。

利用者を批判している声が多く「利用している人を見るとはらわたが煮え繰り返る思い」と、怒りを露わにしている方もいます。

また、MANGA11を実際に利用してウイルス警告のポップアップから、怪しいアプリをインストールしてしまっている方も確認できました。

怪しいアプリをインストールしてしまった質問の解答には、AppleIDの抜き取りアプリと回答されているため、非常に危険性が高いことが確認できます。

一方で、違法漫画サイトの存在そのものを知らずに無料だからMANGA11を利用している方も目に留まりました。

違法漫画サイトの利用は、自分に迫る危険や世間体を考慮すると、デメリットしかない非常にリスクが高い行為です。絶対に利用してはいけません。

MANGA11(漫画11)など違法漫画サイトの危険性

「MANGA11(漫画11)を利用するとどのような危険性があるの?」と疑問に感じる方も多いと思います。

そのような方のために、違法漫画サイトの危険性を3つ挙げて詳しく解説していきます。

・個人情報の漏洩
・法律の抵触
・仮想通貨のマイニング

それぞれ見ていきましょう。

個人情報漏洩

MANGA11には、サイトを利用している端末に保存されている、個人情報を漏洩させるプログラムが組み込まれている可能性があります。

例えば、サイトを利用中に「ウイルスを検知しました全て削除しますか?」というポップが表示されることがあります。

しかしポップ自体が個人情報を抜き出すためのもので、その先に進んでしまうと無料アプリのインストールページに飛ばされる手口です。

そしてアプリをダウンロードしてしまうと、機器がウイルス感染し個人情報が漏洩してしまいます。

違法漫画サイト閲覧時に別のサイトに飛ばされ、英語で表示されるポップを押したら携帯のカレンダーが乗っ取られてしまう事例も発生しています。

違法漫画サイトには、上記のようにウイルス感染させ個人情報を抜き出す手口が横行しているので注意が必要です。

個人情報が漏洩してしまうと、犯罪に利用されてしまう危険性があります。自分が知らない間に個人情報が抜き出されてしまう恐れがある、違法漫画サイトの利用は控えましょう。

 

法律の抵触

MANGA11などの違法漫画サイトの利用で、法律違反となってしまう可能性があります。

これまでは音楽や映像作品のみ処罰対象だった著作権法が2021年に改正されました。

著作権法の改正により対象ジャンルが広がり、漫画をダウンロードした場合、懲役2年以下・200万円以下の処罰対象となりました。

違法と知らずにダウンロードした場合においても、原則処罰の対象となるでしょう。自分に悪意がなくても、法律違反で逮捕される危険性があるため、違法漫画サイトの利用は絶対にしないようにしましょう。

仮想通貨のマイニング

MANGA11には、悪質な手口で仮想通貨のマイニングに参加させるプログラムが、組み込まれている可能性があります。

仮想通貨のマイニングとは、仮想通貨の取引に必要な複雑な計算をコンピューターで処理し、その報酬としてビットコインなどの仮想通貨を入手する方法です。

正規にマイニング作業を行うと、膨大な情報量を処理する必要があります。また莫大な機器代や電気代も発生するのです。

そこで他人の機器を無断かつ不正に使用するマイニングが横行しています。

違法漫画サイトの代表格である「漫画村」では、マイニングプログラム「コインマイナー」が仕掛けられていました。

マイニングに参加させられてしまうと、利用端末の著しいバッテリー消費量や端末の動作が重くなるなどの被害を被ります。

メディアでも取り上げられるくらい、危険性が高いプログラムなので、違法漫画サイトの利用は絶対に辞めましょう。

MANGA11(漫画11)の代わりの違法漫画サイトはある?

MANGA11の後継として存在していたクローンサイトは、Mikaraw以外全て閉鎖に追い込まれています。

その他の違法漫画サイトは、運営されているサイトが数多くあります。しかしサイト内全て英語表記など利用しずらいサイトが大半でしょう。

違法漫画サイトは、海外で運営されているケースが多く運営者を捕まえることが難しいのが現状です。

そのため、今後Mikaraw以外にも違法漫画サイトが増える可能性は高いのではないでしょうか。

しかし、上記でも説明した通り違法漫画サイトを利用するのは、トラブルに巻き込まれる可能性が考えられます。

漫画を読むために自分の人生を犠牲にしないためにも、違法漫画サイトを利用するのは絶対に辞めましょう。

MANGA11(漫画11)の代わりになる正規おすすめサイト

MANGA11(漫画11)の代わりになる正規おすすめサイトは以下の3つです。

・U-NEXT
・コミックシーモア
・Ameba漫画

どれも正規サイトなので、違法漫画サイトと違ってリスクはありません。

また各サイトともお得なクーポンが用意されているので、お得に漫画を楽しめます。

それぞれ詳しく説明していくので、自分に合ったサイトを見つけてください。

U-NEXT

U-NEXTは、月額2,189円で楽しめるサイトです。

取り扱うジャンルは漫画はもちろんのこと、映画・ドラマ・アニメなどの映像コンテンツも楽しむことができます。

月額制で2,000円以上となると高く感じる方も多いでしょう。しかしU-NEXTでは、月額会員に毎月1,200ポイントを配布しています。

1,200ポイントは「雑誌・ドラマ・映画・アニメ・漫画」の購入に使うことができるので、実質月額989円でコンテンツを楽しめるのです。

取り扱うジャンルも非常に豊富で、人気作品からマイナー作品、過去の名作まで読むことが可能です。

また、U-NEXTでは31日間の無料トライアルを設けています。

無料トライアルでは映像作品が見放題で、600ポイントが付与されます。600ポイントを漫画購入にあてることもできるので非常におすすめです。

期間内であれば、無料で解約できるのでお気軽に申し込んでみることをおすすめします。

コミックシーモア

コミックシーモアは掲載されている作品数が88万冊以上、無料公開されている作品は16,000冊以上あるサイトです。

もちろん正規サイトなので、MANGA11のように広告の多さで悩まされることもなければ、個人情報漏洩の心配もいりません。

また、定額で読み放題のコースが料金別で以下の2種類が設けられています。

・読み放題ライト
・読み放題フル

読み放題ライトは、月額780円で人気の少年漫画を含む40,305冊が用意されています。

そのため、お得に人気漫画を読みたい方には、ピッタリなプランでしょう。

読み放題フルは、月額1,480円で人気作品だけでなく、多彩なジャンルの作品101,760冊が用意されています。

幅広いジャンルの作品を読みたい方には、ピッタリなプランでしょう。

どちらのコースも、掲載作品を契約前に確認することができるので、自分が読みたい作品があるのか調べてから加入しましょう。

さらに、新規登録した際に70%OFFクーポンが配布、7日間のお試し読み放題コースを無料で試すこともできます。

全期間無料とはなりませんが「週末暇だから漫画を読みまくりたい!」「お得に漫画を買いたい!」という方は、試しに登録してみることをおすすめします。

またコミックシーモア独占配信の作品も多くあるため、新しい漫画に出会いたい方にもおすすめです。

Ameba漫画

Ameba漫画は「大人買いして一気に漫画を読み漁りたい!」という方に、特におすすめできるサイトです。

なぜなら、無料登録することで100冊40%OFFクーポンが配布されるため、どの電子書籍サイトよりも圧倒的にお得に大人買いできます。

正規サイトなので、違法漫画サイトのようなリスクは一切ありません。

また、「お金を使わずに気軽に漫画を読みたい!」という方は、約4,000冊無料公開されているので満足できるでしょう。

無料で読みたい方も、大人買いしたい方も、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

MANGA11(漫画11)について!まとめ

MANGA11と同じような違法漫画サイトは、これからも増え続けていく可能性が高いでしょう。

上記でも説明した通り、違法漫画サイトは海外で運営されていることもあり日本の法律で取り締まることは非常に厳しい現状があります。

しかし法律改正も進み、利用者にも罰則が科せられるようになりました。今後さらに重い罰則が科せられる可能性も否定できません。

そもそも違法漫画サイトには危険がたくさん潜んでいるので、トラブルに巻き込まれるリスクが伴います。

今回紹介した3つのサイトはクーポンや無料公開漫画もあるため、お得に漫画を楽しめるのでおすすめです。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、お得に安全に漫画を楽しめることを祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次