漫画バンクが閉鎖したって本当?閉鎖した理由・復活するのか徹底調査

漫画バンクはタダで漫画を読むことができるため、ついつい利用していたという方々も多いのではないでしょうか。

しかし、漫画バンクは違法サイトです。

違法サイトは、いつか閉鎖する運命にあります。

いままで漫画バンクを利用していたという方々も、違法サイトは絶対に使わないという方々も漫画バンクの行方が気になることでしょう。

そのような方々に全解説します。是非一読ください。

目次

漫画バンクが閉鎖したって本当?理由を調査

漫画村が閉鎖してしまって、漫画バンクへ注目が一気に集まりました。

しかし、漫画バンクも2021年11月4日、見ることができなくなりました。

無料で漫画を読ませてくれる親切なサイトが閉鎖してしまうなんて……と思っている人もいるかもしれません。

漫画バンクが閉鎖してしまったのは、以下の理由にあります。

閉鎖した理由は集英社などの訴訟が原因?

漫画バンクが閉鎖した大きな理由は「ワンピース」や「鬼滅の刃」で知られている集英社が、漫画バンクの運営者の開示申請を行ったからだと言われています。

運営者は逮捕されるかもしれないという事態に遭遇し、やむなく閉鎖に踏み切ったようです。

閉鎖したことでTwitterでの反応は?

漫画バンクが閉鎖して悲しんでいる人たちが多いと思いましたが、Twitterでは意外な反応が見られました。

・漫画バンクが閉鎖?それはすごく嬉しいニュースだ!

・違法サイトなのだから潰れて当然。もっと他のサイトもどんどん潰れろ!

・また、どうせ漫画バンクが閉鎖したところで、どこからか似たようなサイトが誕生するんでしょ。

上記の意見をツイートしている方々が目に留まりました。

そもそも漫画バンクってどんなサービス?

漫画バンクとは、タダで漫画を読むことができてしまうサイトです。

人気漫画が配信されていたため、多くの人たちが利用していました。

しかし漫画バンクは、無料漫画を違法でアップロードしている海賊版サイトのため、危険が多くリスクを伴う特徴があります。

漫画バンクが復活した?転生先は今でも見れるのか?

漫画バンクは、実際には閉鎖したあとも、次々転生しています。

Combay(漫画bay・漫画ベイ)からFbay、その後は漫画PLAY→2CC→13DLという流れを辿ってきました。

漫画バンクは閉鎖していなかったのかと思った人たちもいるかもしれません。

現在はCombay(漫画bay・漫画ベイ)・Fbay・漫画PLAY・2CCが見られない状態となっています。

しかし、復活する可能性もない訳ではないので、もう少し慎重に様子を見ていく必要があります。

現在漫画PLAYや2CCからは13DLのサイトに飛ぶようです。

13DLは以前から存在していたサイトですが、ただ閲覧できるサイトとは違って、ダウンロードして読むタイプのサイトです。

犯罪性はこちらの方が高いので、飛んでしまったからといって13DLを利用しダウンロードするのは絶対にやめてください。

ダウンロードしてしまうことで、ウイルス感染してしまうリスクがとても大きく、最悪パソコンが壊れてしまうかもしれません。

違法サイトを使わず、安心して漫画を読む方法は後述するので参考にしてください。

漫画バンクなどの違法サイトを使う危険性

何よりも漫画をタダで読むことができてしまうので、利用したいという気持ちは誰にでも起こることかもしれません。

特にお金をかけずに漫画を読みたい方は、このようなサイトを見つけて得した気持ちになるでしょう。

しかし、漫画バンクなどの違法サイトを使用すると以下のようなリスクがあります。

1.個人情報が漏洩する

漫画バンクのような違法サイトを安易に使用すると、ウイルス感染してしまうリスクがあります。

ウイルスにもいろいろなタイプがありますが、中には感染して、電話番号、クレジットカード番号、ネットバンキングのパスワードなどの個人情報が盗み取られてしまうモノがあります。

2.仮想通貨のマイニングに参加させられる

最近では漫画バンクのような違法サイトを利用していると、暗号資産(仮想通貨)のマイニングに参加させられるリスクがあります。

暗号資産(仮想通貨)の取引では、ブロックに仮想通貨の個々の取引データが書き込みされ、その取引情報を第三者がチェックして承認する「ブロックチェーン」というテクノロジーが導入されています。

マイニングとは、複雑な計算をすることで取引を承認する作業のことです。

マイニングが成功することで、新しいブロックが生成され、成功した人に対しては仮想通貨が与えられます。

しかし、マイニングに成功しようと思えば、かなり大量のCPUリソースなどによる処理能力が必要となります。

そのため一台で作業と向き合っても可能性はゼロに等しいので、多くのハイスペックマシンを用意しなければなりません。

そうすると膨大なコストがかかってしまいます。

マイニングウイルスにより、正規の方法ではなく他人のパソコンに勝手に侵入しCPUを借用され不正マイニングされる危険があるのです。

漫画バンクと暗号資産(仮想通貨)は無縁という認識を持っている方が多いと思いますが、上記の危険性があると覚えておく必要があるでしょう。

また、サイトに訪問しただけで、ブラウザを介してパソコン、スマートフォンのCPUリソースをマイニングに活用するクリプトジャッキングというものも登場したようです。

3.法律を犯す危険性がある

漫画バンクのような違法サイトを利用することは、法律に抵触する可能性があります。

特に注意をしなければならないのは、ダウンロードする行為です。

以前から音楽や映像を違法サイトと知りダウンロードすると厳しい罰則の対象でした。

しかし、2021年1月に法律が改正され、漫画に対しても規制範囲が広がりました。

安易に漫画をダウンロードしてしまうと刑罰の対象となり、逮捕されてしまうリスクがあるので利用を控えましょう。

合法でかつ超お得に漫画を読む方法

漫画バンクが閉鎖してしまって、どうしていいか困惑している方々のためにグッドアイデアを提供します。

それは、合法の漫画サイトの無料トライアル期間を利用することです。

合法の漫画サイトでも充分無料で漫画を楽しめます。

ウイルス感染してしまうかも……そんなリスクにおびえて漫画を読まなくても済みます。

①コミックシーモア

漫画バンクが閉鎖してしまって大困りしている方々におすすめは、コミックシーモアです。

コミックシーモアは、83万冊以上の電子書籍が配信されている巨大サイトです。

コミックシーモアに新しく会員登録をするだけで70%オフのクーポンをゲットできます。

また、新規登録者限定になりますが、月額メニューに登録すると最大20,000ポイント還元されるキャンペーンがあります。

さらに、コミックシーモアでは7日間の無料お試し期間が用意されています。

一週間なので、かなり充実したお得体験ができるのではないでしょうか。

②Ameba漫画

既にAmeba漫画を利用しているという方々も大勢いらっしゃるでしょう。

それは、もちろんAmeba漫画が安心して利用することができる漫画サイトだからです。

Ameba漫画では、40万冊の電子コミックを楽しむことができます。
漫画バンクの代わりに何かいいサイトはないかしら……と探している方々におすすめです。

Ameba漫画では、現在無料登録を済ませば、 100冊までは、40%OFFで買うことができるクーポンが提供されています。

無料ではありませんが、ほとんどの漫画を40%OFFで読むことができるのでかなりお得です。

ただし、100冊までは、40%OFFで買うことができるクーポンは期間限定のキャンペーンなので、いつ終了してしまうかわかりません。

それでもAmeba漫画ではまた魅力的なキャンペーンが提供される期待が持てます。

③U-NEXT

そして、おすすめはU-NEXTです。

U-NEXTは超人気漫画サイトなので、利用しているという方々もとても多いのではないでしょうか。

U-NEXTでは、2,189円(税込)という月額料金で、映画・ドラマ・アニメ・漫画・雑誌などを楽しむことができるお得なサイトです。

こちらの会員になれば、読みたいと思っている漫画をほとんど見つけられるでしょう。

U-NEXTでは、31日間の無料トライアルのサービスが提供されています。

つまり、31日間の無料トライアルの期間に思いきり利用して、期間中に解約してしまえばお金は一切支払う必要がありません。

また、入会の特典として600円分のポイントをゲットすることができるので、新刊を2冊程度読むことができます。

漫画バンクが閉鎖した?まとめ

今回、無料で漫画を読むことができる漫画バンクが閉鎖してしまった事件の真相を究明しました。

現在、漫画バンクが閉鎖してしまったというのは事実です。

しかし漫画バンクは違法サイトなので、閉鎖して当然とも言えるでしょう。

漫画バンクが閉鎖してしまって悲しんでいる方もいるかもしれませんが、違法サイトを利用し刑罰で逮捕される可能性もあります。

違法サイトに対して世間の目がより厳しくなっているのも事実です。

違法サイトを利用しなくても、お得な体験ができる合法サイトもあるので、当記事で紹介した3つのサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次