MangaToroが閉鎖って本当?代わりのサイトを紹介!

「MangaToroの閉鎖状況について知りたい」

「MangaToro以外で漫画が読めるサイトが知りたい」

このような疑問を抱えてる方は多いのではないでしょうか?

今回はそのような方のために、MangaToroの特徴・危険性を徹底的に解説していきます。

またMangaToroの代わりになるおすすめ正規サイトを紹介するので、お得に漫画を読みたい方はぜひ参考にしてください。

この記事を見てわかることは以下の4点です。

  • MangaToroの詳細
  • 違法漫画サイトを利用する危険性
  • MangaToroの代わりになる違法漫画サイト
  • MangaToroの代わりになる正規漫画サイト
「MangaToro」は2022年11月現在閉鎖している!
サイトURLにアクセスしても閲覧することはできません。
\ 漫画がタダ読みできる /
U-NEXTがおすすめ!
理由❶:人気作品が勢揃い!
理由❷600円分のポイントが貰える!
理由❸:今だけ31日間無料で試せる!
目次

MangaToroは見れない?閉鎖したって本当?

MangaToroは2022年11月現在閉鎖されており、閲覧不可能な状態になっています。

MangaToroは違法漫画サイトに該当し「著作権法」に違反しているため、閉鎖となった可能性が高いでしょう。

また、MangaToroは海外で運営されているサイトです。そのため日本からのアクセスを規制している可能性もあるのではないでしょうか。

復活の可能性は否定できませんが、現時点で閲覧する方法はありません。

MangaToroとはどのようなサイト?

MangaToroとは、違法漫画サイト「漫画BANK」の後継サイトとして注目を集めたサイトです。

漫画BANKと同様に、人気少年漫画が多数扱われていたことで話題になりました。

ただ、前述のとおり現在閉鎖されているサイトで閲覧できません。

MangaToroは日本語表示できる?

MangaToroは、海外のサイトであったためサイト内の表記を日本語に変換できません。

読みたい漫画を検索する際には、ローマ字表記で打ち込みしなければならなく不便さが際立っていたようです。

また、日本語で表示されないが故に、ウイルスを機器に取り込んでしまうリスクがありました。

英語がわからない方々が気づかないうちに外部サイトへ飛ばされ、ウイルスが入っているアプリをダウンロードしてしまうのです。

このような背景から、MangaToroは違法漫画サイトの中でも、かなり危険で悪質な部類に入るサイトと言われていました。

MangaToroの評判は?SNSを調査

MangaToroのSNSでの口コミを調査したところ様々な意見が見られましたが、「違法漫画サイトのデザインが読みづらく使いにくい」という意見が、大半を占めていました。

中には違法漫画サイト特有のアダルト関連広告が表示され、周囲に見られてしまい恥をかいたという方もいました。

違法漫画サイトは、利用者をトラブルに巻き込む要素ばかりなので、絶対に使用しないようにしましょう。

MangaToroが復活する可能性はあるのか

MangaToroは、クローンサイトや類似サイトとして名称を変えて復活する可能性があります。

違法漫画サイトは、閉鎖に追い込まれると別のサイトを立ち上げるのは珍しくありません。

実際MangaToroも、元々MangaSumという名前の違法漫画サイトとして運営されていたのです。

また、MangaToroは「漫画BANK」の後継サイトとして注目されました。

そのため、運営者が変わったとしても、同じような違法漫画サイトが出現する可能性は大いに考えられるでしょう。

ただしどのような名前になっても違法漫画サイトは、絶対利用してはいけません。

下記で違法漫画サイトについての危険性を解説していきます。

違法漫画サイトを利用する危険性

違法漫画サイトを利用する危険性は、以下の3つです。

  • 個人情報の漏洩リスク
  • 仮想通貨のマイニングリスク
  • 法律違反のリスク

いずれも大きなリスクを伴います。それぞれ見ていきましょう。

個人情報の漏洩リスク

MangaToroのような違法漫画サイトには、違法漫画サイトを利用している端末にウイルスを感染させて、個人情報を流出させるプログラムが導入されている場合があります。

例えば、違法漫画サイトを利用している時に「あなたの端末がウイルスに感染しています」などのポップアップを表示させます。

実際、ポップアップが表示されている段階では、ウイルスに感染していません。

しかし、その表示を見た人は「怖いからクリックしよう」と考える方も多いでしょう。

不安を感じてクリックしてしまうと「このアプリを入れるとウイルスを除去できます」と表示されているアプリが出現します。

このウイルス除去が謳われているアプリが、ウイルスに感染するアプリなのです。分からずダウンロードした場合、ウイルスに感染してしまい個人情報の漏洩に繋がってしまいます。

仮想通貨のマイニングリスク

MangaToroのような違法漫画サイトには、仮想通貨のマイニングプログラムが組み込まれているリスクがあります。

マイニングとは、仮想通貨の取引に必要な複雑な計算を処理し、その報酬としてビットコインなどの仮想通貨を入手する方法です。

マイニングには、複雑な計算と膨大なデータ量を処理する必要があるため、優秀な機械を複数揃えなければなりません。

そのため、個人でマイニングする場合、多額の機械代・電気代が必要になります。そのため不正プログラムを使ってマイニングするといった行為が横行しています。

マイニングプログラムの被害に遭うと以下のようなデメリットが利用端末に発生します。

  • 利用している端末の動作が重くなる
  • 電池消費量が激しくなってしまう

マイニングプログラムは、有名違法漫画サイト「漫画村」にも導入されており、メディアでも話題になりました。

そのため「漫画村」以外の違法漫画サイトにも、このようなプログラムが組み込まれている可能性が高いため、絶対に使用しないようにしましょう。

法律違法のリスク

2021年に著作権法が改正され、違法漫画を継続的・反復的にダウンロードした場合、懲役2年以下・200万円以下の罰金の対象となりました。

これまでは音楽・映像のダウンロードのみ処罰の対象でした。

しかし法律改正により、違法漫画のダウンロードも処罰の対象になってしまいます。

MangaToroのような違法漫画サイトの運営者は、海外で運営しているため捕まえることは難しいでしょう。

しかし日本でダウンロードした利用者は、簡単に捕まってしまうリスクがあります。漫画のために人生を棒に振ってしまうのは悔いが残るでしょう。

絶対に違法漫画サイトは使わないようにしましょう。

MangaToroの代わりになる違法漫画サイトはある?

MangaToroの代わりになる違法漫画サイトを調査したところ、違法サイトの利用によるリスクが多く存在する為、代わりとして紹介できる違法サイトはありませんでした。

ここからは漫画ごはんのような漫画違法サイトの閉鎖状況を見ていきます。

「違法サイト」と知りながら漫画をダウンロードすることは、犯罪になる場合もありますので絶対に利用しないようにしてくださいね。

漫画バンク

漫画バンクは現在閉鎖されており、閲覧することはできません。

漫画バンクは、個人情報の流出・ウイルス感染などの危険性があるため非常に危険なサイトです。

また、フィッシング詐欺の広告が横行しているサイトとしても有名です。

過去に漫画バンクを利用している人の中には、携帯のカレンダーが乗っ取られた被害も確認されています。

漫画バンクのような違法漫画サイトは危険ですので、絶対に利用は避けましょう。

漫画村

漫画村は現在閉鎖されており、閲覧することができません。

漫画村は違法漫画サイトの代表格で、社会問題にもなりメディアに取り上げられていたサイトです。

運営者の「星野ロミ」は逮捕されたため、今後復活する可能性は非常に低いと思われます。

フィッシング詐欺・仮想通貨マイニング・ウイルス感染などのリスクが高く、非常に危険なサイトでした。

特に、仮想通貨マイニングはメディアでも取り上げられるほどの危険性で注目を集めていました。

漫画塔

漫画塔は現在閉鎖されており、閲覧することはできません。

漫画村の後継サイトとして登場しましたが、出版社・メディアなどから強烈な批判が寄せられ、すぐに閉鎖に追い込まれました。

デザインや取り扱う漫画の種類が漫画村と酷似しており、公序良俗に反する広告やウイルス感染などのリスクも漫画村とよく似ていたサイトです。

漫画タウン

漫画タウンは現在閉鎖されており、閲覧することができません。

「漫画塔」と同じように、漫画村の後継サイトとして話題になりました。

しかし登場からわずか3ヶ月ほどで閉鎖に追い込まれています。

漫画タウンは閉鎖と同じタイミングで「漫画ランド」を代わりのサイトとして開設するとSNSで明言していました。

しかし現在まで開設された様子はありません。

他の違法漫画サイトと同じように、フィッシング詐欺・個人情報流出・仮想通貨マイニング参加などのリスクが潜んでおり、非常に危険なサイトでした。

漫画raw

漫画rawは現在も運営されている、違法漫画サイトです。

「漫画1001」の名称が変更されたサイトなので、デザインや漫画の種類も似ている特徴があります。

フィッシング詐欺・公序良俗に反する広告が多数掲載されている非常に悪質なサイトです。

サイトを利用中に突然別のページに飛ばされ、カレンダーをそのまま乗っ取られるなどの事例も確認されています。

そのためトラブルに巻き込まれないためにも、漫画rawの利用は避けましょう。

漫画1001

漫画1001は名称を「漫画raw」に変更して運営されている、違法漫画サイトです。

こちらのサイトも「漫画raw」と同様にフィッシング詐欺・公序良俗に反する広告が多数掲載されている、非常に危険なサイトです。

「利用中にアダルト広告が表示され、恥ずかしい目にあった」などの事例が確認されており、漫画1001の時から別のサイトに飛ばす手口が横行してました。

そのため、このような違法漫画サイトは危険性が高く自分の端末が使えなくなる危険性があるため、絶対に使用しないようにしましょう。

MangaToroの代わりになる呪術廻戦・キングダム・鬼滅の刃が読めるおすすめ正規漫画サイト

「違法漫画サイトの危険性は理解できたけど、どうしても漫画が読みたい」そのような方のために、優良な正規漫画サイトを紹介していきます。

MangaToroの代わりになる呪術廻戦・キングダム・鬼滅の刃が読めるおすすめ正規漫画サイトは以下の3つです。

  • U-NEXT
  • コミックシーモア
  • Ameba漫画

それぞれ見ていきましょう。

U-NEXT

U-NEXTは、月額2,189円で漫画だけでなく、映画・ドラマ・アニメなどの映像コンテンツを楽しむ事ができます。

「月額2,189円は高すぎる」と感じる方もいると思いますが、U-NEXTの月額会員になると、漫画・ドラマ・映画・雑誌の購入に使用することができるポイントが毎月1,200ポイント配布されます。

そのため、実質999円で22万作品以上ある映像コンテンツを見ることが可能です。

U-NEXTのラインナップには、鬼滅の刃・呪術廻戦・キングダムの映画も収録されているため、途中までアニメで観て続きからポイントで漫画を購入なども可能です。

U-NEXTは、31日間無料でトライアルする事ができるため「31日間で満足」という方は、無料で解約することができます。

さらに、無料トライアルに申し込むと600ポイント貰えるため、映像作品だけでなく漫画も読むことができるでしょう。

「どんな雰囲気か知りたい」という方は、無料トライアルに申し込むことをおすすめします。

コミックシーモア

コミックシーモアは、違法漫画サイトと違いコンテンツ使用者から、著作権許可を頂いています。

作品数も88万冊以上あり、無料で読める作品数も16,000冊以上あるため、自分が読みたい漫画が見つかるはずです。

読み放題コースには以下の2種類あります。

  • 読み放題ライト
  • 読み放題フル

読み放題ライトは、月額780円で人気のある作品を40,305冊読み放題です。

読み放題フルは、月額1,480円で人気作品だけでなく、コアな作品も含めた101,760冊読み放題です。

自分が読みたい漫画が、ライト・フルどちらのコースに収録されているのか確認して、コースを選ぶといいでしょう。

新規無料登録で、70%OFFクーポンが配られ、7日間の読み放題無料お試しコースも利用できます。

まずは新規登録してみることをおすすめします。

Ameba漫画

Ameba漫画は、「一気に自分が読みたい漫画を買いたい」という方におすすめです。

なぜなら、Ameba漫画は新規登録するだけで、100冊40%OFFクーポンが配布されるからです。

違法漫画サイトと違い、広告表示・著作権違反などの問題もないため、安心して漫画を読むことができるでしょう。

無料公開されている漫画も、1,500冊以上と豊富で「大人買いはしたくないけど漫画が読みたい」という方も、まずは無料登録してみることをおすすめします。
著作権者から許可を得て、常に1,500冊以上の漫画が無料公開されているため「自分の読みたい漫画があるか確認したい」という方も無料登録してみることをおすすめします。

MangaToro閉鎖!まとめ

MangaToroは閉鎖していますが、このような違法漫画サイトは、まだまだ運営されているのが現状です。

違法漫画サイトによる被害は拡大しており、軽い気持ちで利用した人が被害に遭うケースも増えています。

そのため、このような違法漫画サイトを利用することなく、優良な漫画サイトを使ってお得に漫画を読みましょう。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、なんの問題もなく漫画を楽しめることを祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次