違法アプリ?漫画ワールドの解説とおすすめ無料サイト

2018年に全国で知れ渡ったのが、漫画村をはじめとする漫画違法サイトの存在です。

この記事で紹介する「漫画ワールド」もまた、日本の漫画を悪用して運営されていたもののひとつです。

この記事では、漫画ワールドの基礎知識とともに利用した際の危険性を解説していきます。

また、安心・安全に読める漫画サイトやアプリに関しても紹介していきます。

目次

漫画ワールドとはどんなサイト?

漫画ワールドは、漫画村の後継サイトのひとつとして登場しました。

しかし、この漫画ワールドはサイトではなくアプリとなっています。

違法漫画サイトには大きく分けると3つのパターンがあります。

・違法にアップロードした漫画を閲覧できるようにしているか。
・ダウンロードできるようにしているか。
・違法にアップロードしているサイトに飛ばされるか。

漫画ワールドというアプリは、この3つ目のパターンに該当するものでした。

要するに、漫画ワールドというアプリは無料で漫画を読めるものではなかったのです。

【危険!】漫画ワールドのURLは?

漫画ワールドは、サイトではなくアプリなので、インターネットで検索しても出てくることはありません。

実は、漫画ワールドは一時期「App Store」で配信されていました。

そもそも漫画ワールドは漫画のクチコミを見られるアプリという名目で作られていました。

数多くのクチコミが寄せられていて、それをもとに漫画を購入することができました。

なぜ違法だったかというと、漫画ワールドは外部の海外サイトに飛ばされることで作品をダウンロードできるようにもなっていたのです。

今はもう漫画ワールドのダウンロードはできないとされています。

漫画ワールドだけに関わらず、非公式ストアでのアプリのダウンロードは控えましょう。

漫画ワールドは閉鎖した?見れない原因は?

2022年5月現在、漫画ワールドをダウンロードすることはできません。

2022年3月ごろから更新が止まっていたとされています。

その頃から、世界的な大事件が起こっていることは記憶に新しいですよね。

ウクライナへのロシア軍の侵攻です。

かつて存在した「漫画村」をはじめとした違法漫画サイトの多くは、ウクライナにサーバーがあることが判明しています。

戦争によりサーバー施設が破壊されたことで、ウクライナにサーバーが置かれている漫画ワールドもまた更新がストップしたのではないかと噂されているのです。

それでは、サーバーを移行すれば漫画ワールドは復活するのでしょうか。

調べてみたところ、元々のサーバーがウクライナにある状態では、データの移行は難しいとのことです。

戦争の被害は甚大ですが、結果的に違法漫画サイトの減少に繋がったことを考えると、なんともいえない気持ちになりますね。

【実体験】漫画ワールドの安全性やウイルス感染は?

漫画ワールドはサイトではありませんが、アプリということで、考えようによっては違法漫画サイトよりも危険な存在でした。

アプリをダウンロードすることは、その時点でウイルスが仕込まれる可能性がある上に、飛ばされた外部の違法サイトでもウイルスに感染する恐れもあるからです。

以前は「App store」でダウンロードすることができたようですが、今はもうできなくなっています。

一度、スマホやタブレットがウイルスに感染してしまうと、端末内に入っている電話番号やクレジットカード番号などが流出してしまう恐れがあります。

また、端末そのものが故障してしまう可能性もあるのです。

数百円の漫画代を惜しんで、その10倍以上の値段がするスマホやタブレットが壊れてしまっては馬鹿らしいにも程がありますよね。

漫画ワールドでは、成人向けの漫画は会員登録しなければ読めませんでした。

会員登録するということは、個人情報の入力が必要なのであきらかに危険ですよね。

インターネットのリスクは、ウイルスだけではありません。

知らないアプリやソフトをダウンロードしなければウイルス感染は防げると思っている方もいると思いますが、実はサイトを表示しただけで勝手にウイルスがダウンロードされてしまうこともあるのです。

よくニュースで話題となっている高額の架空請求被害も、海外の違法サイトの閲覧が原因となっているケースが多く見受けられます。

パソコンやスマホの画面に請求画面が表示されたままになってしまい、「料金を支払わないと画面が消えない」といった脅し文句を突き付けられるといった話を聞いたことがありますよね。

そういった被害を防ぐためにも、違法サイトの閲覧だけでも危険だといえるのです。

さらに、近年話題となっているのが、マイニングスクリプトの被害です。

マイニングスクリプトとは、仮想通貨取引の承認作業やデータの書き換えができないようにする機能のことで、ウイルスのような実害はありませんが、スマホなどの端末に大きな負荷がかかります。

アプリを使っていないのに、CPUが最大まで稼働していたり、バッテリーの消耗が早かったりした場合は、マイニングスクリプトの被害を疑ってください。

マイニング被害は、端末の寿命が短くなるだけでなく、通信費が上がってしまう恐れもあるのです。

漫画ワールドの代わり・後継になるサイトはある?

漫画ワールドの代わり・後継になるサイトとして知られているもので、今でも運営されているものは幾つも存在します。

13DL.NET

漫画、小説、同人誌、写真集などを違法にアップロードしているサイトであり、タイトルや画像をクリックすると外部のアップロードサイトへのリンク先が表示されています。

当然のように海外のアップロードサイトであり、「Rapidgator」や「WupFile」といった大手のものも存在しますが、だからといって安全性が確認できているわけではありません。

そもそも違法サイトと知りながらダウンロードする行為が違法なので、利用しないようにしてください。

Sen Manga

全てが英語で表記されているサイトですが、違法にアップロードしている作品は、日本や韓国の漫画や小説を主に扱っています。

タイトルや画像をクリックすることで作品内のページに飛び、閲覧することができる形式のサイトとなっています。

もちろん、こちらも違法なので利用しないようにしてください。

MANGA ZIP

漫画、週刊誌、小説を主に取り扱っているサイトであり、作品名をクリックすると外部のアップロードサイトへ飛ばされます。

名前の通りZip形式でのダウンロードとなりますが、違法なので利用しないようにしてください。

 

これら上記3つのサイトは以前から問題視されており、更新頻度も高いためにいつかは規制されるのではと噂されています。

繰り返すようですが、違法漫画サイトと知りながら利用することは犯罪ですので、くれぐれもご利用はお控えください。

漫画ワールドのSNSの反応は?

実は、数多くある違法漫画を取り扱ったサイトやアプリの中でも、漫画ワールドの評判はあまりよくありませんでした。

Twitterで「漫画ワールド」をキーワードにして調査したところ、使い勝手の悪さが多く取り上げられています。

また、話題作や人気作が少なく、その大半が成人向け漫画であり、需要が限定的となっております。

果たして、漫画ワールドはどこをターゲットにしていたのでしょうか。

鬼滅の刃・ワンピースを安全かつお得に読むならAmebaマンガ!

合法的に、鬼滅の刃やワンピースをお得に読む方法はないのでしょうか。

今回ご紹介するのが、サイバーエージェントが運営する電子書籍サービス「Amebaマンガ」です。

話題の作品から過去の名作まで取り揃えられており、250社以上のコンテンツ提供元より、40万冊の電子書籍を扱っている業界トップクラスの漫画サイトです。

Amebaマンガの特徴は、なんといっても無料会員登録でもれなくもらえる「100冊まで40%OFF」クーポンとなっております。

Amebaマンガの他にも初回登録クーポンのある漫画サイトやアプリはありますが、100冊まで対象というのはAmebaマンガのみとなっております。

まとめ

漫画ワールドは違法漫画サイトではなく、アプリであることがわかりました。

確かに、違法漫画サイトは無料で漫画を読むことができるので、お金をかけずに楽しめます。

漫画はひとりで楽しめますが、知人や友人と話題の共有をすることもあると思います。

最近では、雑誌掲載時と単行本販売時で内容が修正されていることがありますので、細かな違いの指摘を受けるかもしれません。

違法漫画サイトは有名ですが、当然のように利用していない人の方が大半です。

最近でも名の知られている動画配信者が、違法ダウンロードをしていることがバレてしまち謝罪する事件がありました。

現代社会において、仕事やプライベートでSNSを活用する場面は増えてきました。

万が一、違法漫画サイトの利用者であることを知られてしまった場合、インターネット上で叩かれてしまったり、炎上したり、最悪、職を失ってしまう危険性もあるのです。

くれぐれも、違法漫画サイトの利用は止めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次