【体験者レポ】「Renta!」実際の評判は?メリットとデメリットをご紹介!

電子書籍レンタルサービスとして有名なRenta!

特に紙本から電子書籍へ移行を考えている人や、新しい電子書籍ストアを探している人は必ず目にするサービスの1つです。

 そんなRenta!ですが、評判を見てみると「100円からレンタルできるので良い」「使いやすくて手放せない」という評判がある一方で「コスパが悪い」「レンタルできる作品が少ない」といった、良くない評判を目にすることもあります。

 本当のところはどうなのかTwitterでの評判や、実際に利用している筆者が感じる、メリットデメリットをまとめて紹介します!

 利用する上で感じたリアルな感想ばかりですので、ぜひ参考にしてください! 

目次

そもそもrentaってどんなサービス?

引用:Renta!
運営会社 株式会社パピレス
会員数 700万人突破
取り扱い作品数 48万冊以上
レンタル時間 48時間
購入 無期限レンタル=実質的な買い切り
支払い方法
  • クレジットカード
  • PayPay
  • キャリア決済
  • Yahoo!ウォレット
  • WebMoney
  • ビットキャッシュ
  • モバイルSuica
  • Mobile Edy
  • PayPal
  • LINE Pay
  • Amazon Pay
  • コンビニ支払い
  • Apple ID決済
  • Google Pay決済

2007年からサービスを開始したrentaは、運営歴15年以上を誇る実績のあるサービスです。

日本で初めて電子書籍のレンタルを開始したストアということでも知られており、知名度も高く、運営会社のパピレスは上場企業、実績も申し分ないという点で「サービスが終了するリスクは低い」安心して使えるサービスといえます。

48時間レンタルという形態がもっとも特徴的で、レンタルした本が気に入った場合には、無期限レンタル(実質的な購入)として、差額分を払えば購入可能できるのは嬉しいポイントです。

CMやネットの広告でよく見かけるのは、マンガ作品のレンタルばかりですけど、実は雑誌や小説・ライトノベルや実用本などもレンタル可能となっていますので、マンガ以外の書籍に興味がある人にも見逃せません。

評判が悪いって本当?SNSでのリアルな評判・口コミを調査

サービスを選ぶ時に評判を重要視する人はとても多いです。

実際に利用していた人が感じる「良いポイント・悪いポイント」は、サービスを利用した時に自分も感じる可能性が高いことばかりなので、とても参考になりますよね!

Rentaの評判は、どちらかというと賛否両論のある内容が多い印象です。

こういった場合は、大多数の人に受け入れられるのではなく、合う人にはとても良いサービスの反面、合わない人にはまったく必要のないサービスというケースが考えられます。

もし加入する電子書籍ストアを探しているならば、rentaは自分に合ったサービスなのか、利用者の評判を紹介していきますので、しっかりと見極めて判断しましょう。

いい口コミ・評判

今回はTwitter上にあるrentaの評判を紹介していきます。

twitterを調査していると、他のSNSやリアルで使っている人などからよく聞く意見と同じものが、Twitterでもつぶやかれているという印象を受けました。

良い評判は以下の5つです。

  1. BLの修正が少ない
  2. 更新が早い(0時)
  3. アプリが使いやすい
  4. 本を自分で分類できる
  5. 縦スクロールが良い

それぞれ詳しく紹介します。 

BLの修正が少ない

Rentaの良い評判で、以前からよく見かける代表的な良い部分でははないでしょうか。

BL好きには堪らない配慮ですよね!コアなBLファンにおすすめする電子書籍ストアでは、rentaが真っ先に名前が思い浮かびます。

BLの作品数は電子書籍業界の中でもトップクラス、ということからも力の入れ具合が伝わってきます。

更新が早い(0時)

11秒でも早く読みたい!という作品を持っているマンガファンにもrentaはおすすめです。

他の電子書籍に比べて新刊の配信が比較的早いため、rentaを利用しているという人も、少なくありません。

アプリが使いやすい

アプリの使いやすさもストアを選ぶ時に重要な項目ですよね。

Rentaでは、アプリが使いやすいという意見が多くみられます。使いづらいという意見もありますが少数派ですので、多くの人はストレスなくマンガを楽しめているようです。

今使っている電子書籍ストアのアプリに不満がある人は、1度rentaのアプリを使ってみてはいかがでしょうか?

自分で本を分類できる

自分で分かりやすいように本の整理ができるという自由度の部分で、rentaを利用している人もいます。

私は購入した本はスグに読む方ですので、それほど感じませんでしたが、見ていると結構あとで読もうと思って購入してそのままという人も多いみたいです。

そんな人には自分で分類できた方が便利ですよね!

縦スクロールが良い

現在はどちらかというと、横のページめくりで読むタイプが主流ですけど、その他に縦にスクロールさせて読むタイプや、コマごとに表示されるタイプなどがあります。

Rentaでは、縦スクロールと横スクロールの両方から選べるようになっていますので、自身の好みやその日の気分によって変えながら活用可能です。最近では主要な電子書籍ストアでは、選べるタイプへアップデートされているアプリが増えてきている印象です。

悪い口コミ・評判

それでは次にrentaの良くない口コミを紹介します。

Rentaの悪い口コミは以下の3点でした。

  1. 値段が高い
  2. 人気マンガは無期限レンタルが多い
  3. SDカードにダウンロードできない

それぞれ詳しく解説していきます。

値段が高い

Rentaの良くない評判で一番多く見かけるのが「高い」「コスパが悪い」という価格面の評判です。

もちろんリーズナブルな作品もあるため、安く利用することは可能なのですが、レンタルというイメージが強いので、特性上どうしても高く感じてしまうのは仕方ないのかも知れません。

人気マンガは無期限レンタルが多い

人気作品やメジャー作品は、48時間レンタルを行っていない作品も多いため、不満の声が挙がっています。

ユーザーからすれば、人気作品ほどレンタルで読みたいと感じる人も多いですので、不満に感じて当然といったところでしょうか。

SDカードにダウンロードできない

SDカードに入れられないと多く本をダウンロードしたい人は、スマホの容量がパンパンになっちゃいますよね!

以前は少なかったですが最近はSDカード保存できるストアが増えてきました。

SDカード保存ができる電子書籍ストア

  • ブックライブ
  • dブック
  • コミックシーモア
  • ebookjapan
  • DMMブックス
  • KindoleUnlimited
  • honto
  • 楽天koboなど

実際に使って分かった!rentaのメリット・デメリット

次は私が実際に使っている時に感じた、rentaのメリットデメリットの紹介です。

私のrennta歴はメインサービスとして使った時期はありませんが、5年ほど前から継続的に利用しています。

利用していくうちに、他のストアと比較して良い点や悪い点も、もちろん感じてきました。

そんな中から、特に知っておいてもらいたいポイントを紹介しますので、ぜひご覧ください!

rentaのメリット

私が感じたrenntaのメリットは次の3点です。

  1. BLTLが充実している
  2. 読み方が選べる
  3. レビューが濃い

それぞれ詳しく解説していきます。

BLTLが充実している

まず一番は多くの人が感じている意見と同様に、BL/TLジャンルに力を入れているところです。

Renta! コミックシーモア ebookjapan
BL作品数 24,000冊以上 23,000冊以上 10,000冊以上
TL作品数 18,000冊以上 15,000作品以上 約13,000冊

配信している作品数が多い方ではないrenatですが、BL作品TL作品に関しては業界でもトップクラスといえるでしょう。

 

読み方が選べる

口コミでもあったように、縦読み横読みが選べることもそうなのですが、アプリに関していうと、機能が充実しているため不満がありません。

  • 縦読み横読み選択
  • 本棚機能
  • 画面拡大機能画質設定
  • 横向き設定
  • 見開き表示
  • しおりなど

めちゃめちゃ良いという訳ではありませんが、本の整理も高い自由度で行えますし、アプリを開いてから本を読むまで、ストレスなく行えますので、十分な機能が備わっていると感じました。

 

レビューが濃い

私は本を選ぶ時にレビューを参考にすることも多いのですが、rentaのレビューは詳しく書かれている作品もあり、レビュー自体も多めでとても参考になります。

ユーザーに良い人が多いということですが、特にBLTLジャンルでは参考になるレビューが多いです。

レビューを読んで買わないで良かったという経験や、レビューが良かったので購入してみて、良い作品に巡り合えたなんてこともあります。

rentaのデメリット

次はrentaのデメリットについて解説していきます。

私が感じたrentaのデメリットは以下の3点です。

  1. ジャンルに偏りがある
  2. コスパが悪い
  3. 無期限レンタルしかない作品が多い

それぞれ詳しく解説していきます。

ジャンルに偏りがある

BLTLジャンルに強いrentaですが、総作品数が多くはないため必然的にその他のジャンルは、他のサービスより品揃えは少ないということになります。

特に少年・青年系は少ないように思えますので、男性マンガを中心に求める人で、メジャー作品以外も取り揃えて欲しい、という人はrentaに向いていないかも知れません。

コスパが悪い

特にレンタは買い切り(無期限レンタル)する場合のコスパがよくありません。

ポイント還元やクーポンなど、お得に利用できるキャンペーンをやっていないわけではないのですが、他の電子書籍ストアに比べるとどうしても劣っているように思えます。

同じ本でも他の電子書籍ストアだと、キャンペーンを上手に利用すると20~30%OFFで購入できるイメージです。

さらに

  • ページ数の割に料金が高い作品が多い
  • 無料で得られるポイントで続きが読める作品がない

ということもあり、安く済ませたい人や無料で楽しみたい人には向いていません。

無期限レンタルしかない作品が多い

コスパが悪いと同じような意味合いになってしまいますが、レンタルのイメージが強いサービスだけに、残念に思えて仕方ない部分です。

メジャー作品や新作こそレンタルで読みたいと思うのですが、検索してみると対象外となっていることがほとんどですので、だったら他のストアで購入しようとなる時もあります。

もっとレンタルでお得感がでるような、サービスになって欲しいと個人的に感じました。

 

調査して分かった!rentaはこんな人におすすめ

おおまかに分けるとrentaというサービスは「価格面での評判」が良くない傾向にあり「機能面や安全性」には満足しているユーザーが多い傾向にあります。

ということを踏まえて、今回の調査でrentaが向いているおすすめしたい人は

  • BLTLを中心に電子書籍を楽しんでいる方
  • 作品を選ぶ時にレビューを参考にされる方
  • 充実した検索機能やアプリなど操作性を重視する方
  • 漫画を読み返さないというレンタル派の方
  • マイナー作品をレンタルで読んでから購入するか決めたい方

    レンタルという最大の特徴もさることながら、BL/TLジャンルに力を入れていて、機能面も申し分のないサービスです。

    また運営元もしっかりしている上場企業ですので、安心して利用できることもおすすめできる大きな理由の1つとなっています。

    まとめ

    今回はrentaの評判について詳しく解説してきました。

    賛否両論があり、好き嫌いがわかれる電子書籍サービスという印象が、色濃く表れる結果となりました。

    Rentaの良い評判は

    1. BLの修正が少ない
    2. 更新が早い(0時)
    3. アプリが使いやすい
    4. 本を自分で分類できる
    5. 縦スクロールが良い

    特に更新の早さとBLの修正については評判が高くrenta最大の魅力といって良いかもしれません。

    Rentaの悪い評判は

    1. 値段が高い
    2. 人気マンガは無期限レンタルが多い
    3. SDカードにダウンロードできない

    という点です。

    特にコスパの悪さをよく目にしますが、利用している人はコスパが良くないことを理解した上で、使っている人が多く見受けられます。

    逆に言うと、高いお金を払ってでも受けたいサービス言えます。

    そんなRentaが気になった人はぜひ1度覗いてみてください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次