【キングダム】龐煖(ほうけん)は死亡した?死亡シーンは漫画何巻何話?アニメは?

『キングダム』に登場する秦国の敵国である趙国の三大天・龐煖(ほうけん)は作品のラスボスともいえるほど強敵です。

そんな龐煖(ほうけん)が死亡したのか気になる方も多いのではないでしょうか?

「龐煖(ほうけん)は死亡した?」

「龐煖(ほうけん)の死亡シーンは何巻何話?アニメは?」

「龐煖(ほうけん)は史実に実在?死亡理由は?」

今回はキングダムのラスボスともいえる龐煖(ほうけん)の死亡についてまとめました。

それでは詳しく見ていきましょう。

\ 今すぐ3ヶ月無料体験! /

【3ヶ月無料】DMM TVで「キングダム」を見る

目次

【キングダム】龐煖(ほうけん)は死亡した?いつ?

引用元:アニメ【キングダム】公式サイト

王騎将軍や麃公将軍を討った趙国の三大天・龐煖(ほうけん)は死亡したのでしょうか。

結論から申し上げますと、龐煖(ほうけん)は信との死闘の末、死亡しました。

いつ死亡したのかなど死亡シーンについて詳しく見ていきましょう。

龐煖は朱海平原の戦いで趙軍の本陣を追う飛信隊に出現

鄴攻めである朱海平原の戦いの15日目に龐煖(ほうけん)は飛信隊の前に現れます。

この戦争の総大将である李牧(りぼく)を討ち取るために本陣を目指していた飛信隊は李牧(りぼく)を目前にして現れた龐煖(ほうけん)に、先頭にいた去亥(きょがい)が龐煖(ほうけん)の一刀で両断されてしまいました。

また、元麃公(ひょうこう)兵たちも大将(麃公)を合唱軍で討たれた恨みもあり、龐煖(ほうけん)に攻撃を仕掛けますが返り討ちをされてしまいます。

そこで、羌瘣(きょうかい)が攻撃を始めたのです。

龐煖は羌瘣と戦う

朱海平原の戦いで龐煖(ほうけん)はまず初めに羌瘣(きょうかい)と戦います。

龐煖(ほうけん)が現れたことを気配で感じ取った羌瘣(きょうかい)は真っ先に向かい攻撃を仕掛けますが、簡単には倒せません。

信と戦わせることなく、羌瘣(きょうかい)が龐煖(ほうけん)を討ち取る勢いで攻めますが一歩およばずとなりボロボロになってしまいます。

羌瘣(きょうかい)が龐煖(ほうけん)に投げ飛ばされたところを、信が受け止めます。

龐煖(ほうけん)が何者なのかを理解できない信は、怒りのまま攻撃を始めました。

龐煖は信との一騎打ちで両断され死亡

龐煖(ほうけん)は信との長い戦いの末、両断されて死亡します。

龐煖(ほうけん)と信の力の差は互角か、龐煖(ほうけん)の方が強いように思えます。

王騎(おうき)や麃公(ひょうこう)も討たれるほどの力を持つ龐煖(ほうけん)は簡単に倒せることはできません。

何度も攻撃を受けて倒れ込む信ですが、龐煖(ほうけん)に倒されてた王騎(おうき)や麃公(ひょうこう)、また幼い頃から天下の大将軍に一緒になろうと約束した漂(ひょう)や倒してきた敵将軍の思いを胸に龐煖(ほうけん)に立ち向かいます。

何度倒されても立ち上がる信の行動に理解できない龐煖(ほうけん)は戸惑いを隠せないまま何度も攻撃をします。

それでも、立ち上がってくる信に自分が武神でありその道を極めたものであり一番強いものであることが間違いだったことに気づくのです。

間違いであることに気づきながらも、肯定することはできずに何度も立ち上がり攻撃をしてくる李信(りしん)に最後は両断されてしまい最後は死亡しました。

\ 今すぐ3ヶ月無料体験! /

【3ヶ月無料】DMM TVで「キングダム」を見る

【キングダム】龐煖(ほうけん)の死亡シーンは何巻何話?アニメは?

引用元:【キングダム】コミックス58巻

龐煖(ほうけん)の死亡シーンはコミックス58巻627話「道の行方」、アニメではまだ描かれていません。

龐煖(ほうけん)は、何度も攻撃をされ立ち上がってくる信の行動を理解できませんでした。

武の道を極めた龐煖(ほうけん)は自分が最強と自負しているため、死にかけている体に何度も攻撃してくる力があることに戸惑います。

は武の道などがあるとは思ってなく、今まで一緒に戦い死んでいった仲間や敵将の思いを胸にその力を盾にして戦っているのです。

自分のためにいんで行った仲間が大勢いる分強くなり、強敵な敵将を倒せることができると信じています。

そこを理解できない龐煖(ほうけん)には、1人で戦う力のため攻撃力は弱いと思われていて王騎(おうき)や麃公(ひょうこう)に、あなたには理解できない領域と言われて来たのです。

\龐煖の死亡シーンはこちらから↓/

コミックシーモアで「キングダム」58巻を見る

【キングダム】龐煖(ほうけん)と信の一騎打ちは何巻何話?アニメは?

龐煖(ほうけん)と信の一騎打ちは全部で3回あります。

1回目の一騎打ちはコミックス13巻139話「天災」、アニメではシーズン1の30話「天災」です。

ここで初めて龐煖(ほうけん)と信は出会い一騎打ちをします。

龐煖(ほうけん)は、同じ武の神を宿した羌瘣(きょうかい)の気配を感じて夜襲を仕掛けて来ました。

信と羌瘣(きょうかい)は二人掛かりで龐煖(ほうけん)を挟みこみ攻撃をかけますが、信は一撃で飛ばされ意識を失います。

羌瘣(きょうかい)は龐煖(ほうけん)と撃ち合いますが、数箇所の傷を負わせられるぐらいで致命傷を負わすことができず呼吸が切れてしまいます。

勝ち目がないと思った羌瘣(きょうかい)はと信は一旦退くことにしますが、攻めて来ていた超軍の騎馬隊に追われるのです。

2回目の一騎打ちは合従軍の戦いで、コミックス32巻349話「軽い」、アニメではシーズン3の23話「破格の加勢」です。

蕞(さい)に攻めてこられた6日目には城の近くまで来ていましたが、実際に信と撃ち合ったのは7日目の日。

蕞(さい)城が落ちかけた時に、山の民である楊端和(ようたんわ)軍が援軍につき襲撃をかけた時に龐煖(ほうけん)も反撃してきます。

信も龐煖(ほうけん)が来ていることを知ると、城から出ていき一騎打ちに臨みます。

1回目の時とは違い、龐煖(ほうけん)の一刀を受けますがその力は軽いと言います。

信の戦いかたは初めての時とは変わり、龐煖(ほうけん)に深手を負わすことができたのです。

龐煖(ほうけん)の首と顔に傷を負わせ、龐煖(ほうけん)が戸惑いを隠せない状態まで追い込んだ信でした。

龐煖(ほうけん)は今回だけは見逃すと言い放ち、退いていきました。

3回目の一騎打ちはコミックス57巻622話「龐煖とは」、アニメではまだ放送はされていません。

初めての一騎打ちの時から8年の月日が経っています。

8年前に目の前で憧れだった天下の大将軍の王騎(おうき)が討たれた敵討でもあります。

龐煖(ほうけん)に殺されていった仲間のため、天下の大将軍になるためには倒さないといけない敵でもあります。

その思いを胸に、信自身が完全に力尽きていることも解らず戦い攻撃を続け最後は龐煖(ほうけん)を両断し敵討を果たしたのです。

\ 今すぐ3ヶ月無料体験! /

【3ヶ月無料】DMM TVで「キングダム」を見る

【キングダム】龐煖(ほうけん)は史実に実在する?史実上の死亡理由は?

龐煖(ほうけん)は史実に実在しています。

中国の春秋戦国時代に存在した趙国の将軍として、趙の悼襄王(とうじょうおう)に仕えていた武将で、当時合従軍を指揮するなどの軍師の才覚のあった人物でした。

白起(はくき)、王翦(おうせん)、李牧と並ぶ戦国の四代名将。

ただ若い頃は楚国の山奥で鶡冠子(かつかんし)のもとで学問を学び、そのころから軍事などにも強く興味をもっていたようです。

また、孫子から「戦わずして勝つ」兵法の質問に対して、兵家と道家の知識を使って解説をしたりなどかなり頭の良い武将だったといえます。

龐煖(ほうけん)が活躍した史実は記録がありますが、最後の死亡については記録が残されていません。

戦死等をしていれば、記録されている可能性もありますが将軍を退いた後に最後は寿命や病気で死亡していたのであれば記録がない場合もあります。

記録が無いため想像になりますが、戦死や亡命などの記録もないので将軍を退いたあと余生を寿命で終わらせたのではないでしょうか?

【キングダム】龐煖(ほうけん)の死亡まとめ

引用元:【MEN’S NON-NO WEB】公式サイト

龐煖(ほうけん)は死亡しました。

龐煖(ほうけん)の死亡まとめ

  • 龐煖(ほうけん)は信との長い戦いの末、最後は死亡した
  • 龐煖(ほうけん)の死亡シーンはコミックス58巻627話、アニメではまだ描かれていない

龐煖(ほうけん)は史実に存在していたことも調査の結果明らかになりました。

キングダムのシナリオの中で、ここで龐煖(ほうけん)が出てくるのかと嫌になるほどの出現で大切な仲間を失うことになった飛信隊でしたがここで終わりではありません。

まだまだ強敵な敵将はいっぱいいますし、特に李牧もかなりの強敵だと言えます。

まだ1つの国も統一されていませんが中華統一の夢に向かってこれからの展開が楽しみですね。

\ 今すぐ3ヶ月無料体験! /

【3ヶ月無料】DMM TVで「キングダム」を見る

作品で探す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次